So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

信玄餅の好み [雑記]

先日、飛騨高山~常滑に行った時に信玄餅を買いました

餅というのはなんだかわからないけど
なぜか好みなんですよねぇ

私のモチ好きを知っている人なんかは
よくお土産に信玄餅を買って来てくれるので嬉しい

そして大人になってから、信玄餅には2つ種類があって
しかも信玄餅というのは後から知った金精軒の商標らしくて
今まで信玄餅って言ってたのは桔梗信玄餅というものだと
いうことを知りました

知名度的には桔梗信玄餅の方がかなり高そうだけど…

信玄餅論争をいろいろ聞くところによると
先に出したのは桔梗屋らしいし
やっぱ桔梗屋だよね~~なんて思っていたら
長篠SA(上りか下りか忘れた)には金精軒しか置いていなかった!!

オットは「この後信玄餅が出てくるかどうかは
ちょっと分からないなぁ」と言うし…

まぁいいか、金精軒でも…違いの分からない女だし。

そうしたら復路で結局桔梗屋のも買えた次第で
せっかくだから食べ比べて見ることにしよう、そうしよう

---

赤い方が金精軒、青紫が桔梗屋です
2019-05-06 18.59.47_R.jpg
中の風呂敷包みも良く似た形状

開けてみましょう
2019-05-06 19.01.41_R.jpg
蜜の大きさは、若干桔梗屋が大きい
2019-05-06 19.02.53_R.jpg
上から見てもやはり桔梗屋が大きい
2019-05-06 19.03.12_R.jpg
黒文字っていうか、楊枝の形は同じ
2019-05-06 19.06.49_R.jpg
どっちがどっちかわからなくなったというか
差が無かった

桔梗屋の餅  1個12g
2019-05-08 20.31.00-1_R.jpg
3個で36g
2019-05-08 20.31.11-1_R.jpg
きな粉は5.8g
2019-05-08 20.34.31-1_R.jpg
金精軒は3個で32g(1個のみの計測を失念)
2019-05-08 20.32.54-1_R.jpg
きな粉は5.3g
2019-05-08 20.35.08-1_R.jpg

餅ときな粉と蜜、いずれにしても
桔梗屋が若干多いんですね

黒蜜 左側の薄い方が桔梗屋、右が金精軒
2019-05-08 20.36.02-1_R.jpg
黒蜜の濃さは金精軒の方が濃い

風呂敷にあけて
2019-05-06 19.06.16_R.jpg
いただきまーす
2019-05-06 19.05.34_R.jpg
よく揉んでからモグモグ

…桔梗屋の方がやや甘いんですね、餅もきな粉も
そして餅が柔らかい 重さは水分量なのかもしれない

私は金精軒の方が好みでした
きな粉と餅がサッパリしていて、蜜にコクがあります

どっちもあまり変わらないような気がしていたけど
食べ比べてみたらわかりました

それにしてもよくここまで販売の形状を酷似させたもんだ
味の好みとしては金精軒の方が好きだなーと思ったけど
商売の方法としてはフェアさが無いような気がして

切磋琢磨して美味しい信玄餅を作ってる、ってことで
良いのか…???


…これから信玄餅買うの悩むなぁー



nice!(17)  コメント(12) 

連休を楽しむ [観光]

ゴールデンウィークは10連休ではなかったけども
4連休が2つありました

前半は家のことをゴソゴソやっている間に終わり
後半は飛騨高山~富山~常滑に2泊3日で出かけてきました

なぜこのように何度も常滑に行くのか
もはや我々も謎になりつつあるのだけど
1つは「オットがまた急須を割ったから」

!!

もうね、やめておくれ
下の方からガチャガチャと出すのは。

「あー、…欠けちゃった」

欠けちゃった、じゃないんだよ…
って本当に思うけど
これは私も実家に居る頃に
同じことをやり続けていたから
あんまり人のこと言えない

最近はオットが「常滑にまた買いに行くまで買っておこう」と
Amazonで4,000円ぐらいの安いものを買って使っていたのだけど
ついにまた常滑に行くことができるとなって
良かった良かった。


それで、朝3時半に出発

北アルプスが綺麗
2019-05-03 05.00.12_R.jpg

なんと安曇野辺りでは桜が咲いています
2019-05-03 06.36.00_R.jpg

まずはガッタンゴー (街中コース←2回目)
2019-05-03 08.39.25_R.jpg
出掛けることを決めた時に
「また乗る?」と聞かれて「乗る!」と即答したのでした
2019-05-03 08.46.16_R.jpg
ブリーフィングルームでオリエンテーション
2019-05-03 08.55.04_R.jpg

さー出かけましょう

今回はローブレーキじゃないよっ、
ノーブレーキだよ!と言いながら
我々は一番先頭車両で出発!

初夏のガッタンゴーも緑が深くて良いね~って
ガーガー漕いで後続車両との車間距離はブッチギリ

折り返しの駅に到着!
2019-05-03 09.13.54_R.jpg
係の片が車両の向きを整えて復路に備えます

2番目の車両は全然来ない
「だいぶ早かったんだねー」

2回目ともなるとロケーションの感動が
初回ほどではないのかもしれない

子供がさるぼぼデザインのサイドカーに乗っている
2019-05-03 09.29.12_R.jpg
ペットケージにはワンコが乗っていた!
ワンコ、困惑顔だったけど
振動なんかは大丈夫なのだろうか

さー帰りましょう
復路はちょっときついので2速の設定です、と
係のおじさんが説明してくれます

トンネルの中は往路にはなかったイルミネーション
2019-05-03 09.37.42_R.jpg

復路、きっつー!
2両目の後続車両が30mぐらい後ろに迫ってきている
それにしてもこんなに進まないもんかしら

ガンバレーガンバレー

「足がワナワナするー」と言うオットを
叱咤激励しながら、復路もガーガー漕ぎます
復路は若干上りできついけど
2速だと全然スピード出ないから3速に上げたわ!
と言うと「すごいねー、僕なんか1速に落としてる」
ちょっとー!

ゴールが見えた
2019-05-03 09.46.11_R.jpg
やっと着いた ゼーゼー

でも楽しかった!
オットも「2回目だからもういいかと思ったけど
乗ったらまた楽しかった」

(1速に落とすなよ)


駐車場のそばには朴の木があったはず
5月だとお寿司を包んだりするのに使う青葉を
収穫する時期かなー

近寄ってみたら
2019-05-03 09.54.50_R.jpg
花の周りにあるこの小さい葉っぱが朴葉でいいのか?
朴の木で合ってる?

下を見ると
2019-05-03 09.54.29_R.jpg
朴の木で間違いない 
落ち葉の朴葉がたくさんあるもの

マルシェ的なところで青葉が買えるかと思ったけど
ちょっと早かったか

さて奥飛騨から古川に移動です

鯉が居たらエサをやりたい
前回は冬の前の引っ越しに備えて
絶食期間中だったからさー、って言ってたら
鯉、いました
2019-05-03 10.41.31_R.jpg
しかし!
2019-05-03 11.31.05_R.jpg
今回も絶食期間中だった orz

ガッカリ

目当てのお蕎麦屋さん なかや さん
開店10分前に到着するとすでに1組待機していました
2019-05-03 11.00.07_R.jpg
11時開店と同時に入店です

辛味大根蕎麦 大盛
2019-05-03 11.14.20_R.jpg
今回は透明感のある蕎麦で
これまでの蕎麦とは違ったけど
やっぱり美味しかった

あー余計なものを一切食べずに
お蕎麦に備えておいて良かったね!
って満足してお店を出ます

「なんかいる」 …?

飛騨牛だった
2019-05-03 11.28.35_R.jpg
かわいい

お蕎麦で満腹なので街を散策

2019-05-03 11.37.26_R.jpg
うーん 良い絵だ

写真を撮っていたら、おばあちゃんに話しかけられて
「孫が描いてくれたの、こっちの棚見てって」
2019-05-03 11.41.40_R.jpg
山の幸がたくさん並んでいる

山菜類は「朝採ってきたばっかり」だそうで
豊かな山の恵み

ワサビの葉っぱがあって、オットは興味津々
だけど我々は今日から2泊するので…
「今日採ったばかりだから大丈夫だよー」

私は青大豆を買おう
「ワサビはさー、兄ちゃんがやったらいいよ
熱湯かけて密封するのよ」ってレクチャーされていて
オットはやる気を出して買っていた(笑

その後、和ろうそくのお店に行ったら
今回はご主人の実演中

オットが「僕、小学校5年生ぐらいの時だったか
先代にずいぶん親切に説明していただいて…」と
話しかけると、またご主人が丁寧に説明してくれて
「触ってみてください」
2019-05-03 11.48.19_R.jpg
色々お話が聞けて満足

戸沢漆器に寄ってみます
なんと新しく、小判型の中というお弁当箱が
出来ていました

小判型には長辺18.5cmあるような600mlぐらいの
大きさがメジャーなのだけど、戸沢漆器では
女性用にちょっと小さい小というのがあります

これは私のコレクションから大きさの比較
2019-05-05 23.27.01_R.jpg
奥のは昔からある形なので割と有名
右のはほぼ同じ容量で紅春慶
2019-05-05 23.26.46_R.jpg
深さは小は浅い
2019-05-05 23.28.10_R.jpg

2019-05-05 23.29.45_R.jpg

2019-05-05 23.30.13_R.jpg
そうしたら、戸沢漆器に
小の大きさで深さのあるものが中として出ていました
おおー、これはイイ! 
色は通常の黄色と紅春慶の展開なのだけど
「紅は今在庫がなくてお待ちいただければ...」
ということで、発送していただくことにしました

わーい (*´▽`*)

この後、商店街の方に回ります
青いほうじ茶のまつの茶舗でほうじ茶を買います
前回買って、より一層ほうじ茶が好きになったお茶

ラーメン屋さんはどこもすっごい行列
2019-05-03 13.04.50_R.jpg

今日はもう特に予定はないと言うので
前回行けなかった こくわ っていう
漆器店も行ってみたい、と言うと
ナビをセットして行ってくれたのだけど

え?こんな離れたところだったかな
車の中で不安になりつつ到着

静か
2019-05-03 15.16.39_R.jpg
ここじゃないんじゃ...
「え?でも製造元って書いてあるよ」
販売は別なんじゃ...だって、前になんかの建物の
一部に展示販売されていたパンフレットだか見たことある...

グーグルで調べたら
宮川朝市の辺りの建物で売っていることが判明

えー!!って言いながら戻ってみる(戻るんかい)
そうしたら「さっきここ通ったよね」ってところに
その右衛門横丁という建物があって、
その中にこくわの漆器もあった
2019-05-03 15.48.10_R.jpg
素敵だし値段も色々あって惹かれたけど
さっき戸沢漆器でお弁当箱を予約してしまったしなぁ

素敵ねー、って眺めながら結局買わなかった
でも自由に色々見せてくれるし
出ているものも良いお店だった

さーここから富山に移動します

途中長い長いトンネルをいくつも抜けて
結構な渋滞があったけど無事に到着
2019-05-03 18.39.30_R.jpg
ちょうど日没でした

前回泊まった時にホテルの1階にあるレストランの
お刺身定食がだいぶ良かったので
今回もそのつもりでいたのに「貸し切り」

!!

なんだかジャージを着た男子高校生みたいので
占拠されていた ガッカリ

この日はなにやら地元の祭りがあって
みんな紺色の幕みたいのが玄関先にかかっているので
お店もやっていないところが多かった

それでまたグーグル先生に聞いてみたら
喜久というお店がかなり高評価
そこに行ってみましょう

喜久
2019-05-03 19.39.58_R.jpg
ブリの刺身
2019-05-03 23.05.30_R.jpg
白エビの刺身
2019-05-03 19.54.54_R.jpg
ブリも白エビも甘味があって美味しい

厨房の水槽には稚アユがたくさん泳いでいて
「塩焼きでも唐揚げでも刺身でも」とのことで
塩焼きをいただきます
2019-05-03 20.05.47_R.jpg
あとボタン海老の塩焼き
2019-05-03 23.05.35_R.jpg
なまこの酢の物
2019-05-03 20.10.07-1_R.jpg
アジのタタキ
2019-05-03 20.25.06_R.jpg
白エビのかき揚げ
2019-05-03 21.04.21_R.jpg

やっぱり富山に来てよかった
どれもこれも本当に美味しいし
今回は特に、このお店に出てきて良かった!
(コストはホテルのレストランの10倍だったけど)

私は車の中でけっこう寝ていたけど
夜は夜でスコーンと寝落ち

朝は7時起床、
ホテルの朝食は前回とほぼ同じでした

正しい朝食
2019-05-04 07.30.09_R.jpg
この日は何をするかというと、
砺波チューリップフェアに行くのです

チューリップは砺波の特産品で
球根のシェアNo.1なんですよ

グレーチングもチューリップの絵
2019-05-04 08.33.13-1_R.jpg
道路は何キロも手前から会場の案内が出ていて
交通規制も敷かれている
2019-05-04 08.34.06_R.jpg
前日にセブンイレブンで買った入場券は
大人1,000円で、侮れない

「朝イチで行かないと、チューリップタワーが
すごい行列になるらしい」って8時半ぐらいに行ったのだけど
駐車場から歩いている時に「あ、チケット忘れた」って
取りに戻ってたらもうゾロゾロゾロゾロ人が通るもんで
「チューリップタワーは諦めよう」

チューリップタワーって何か?と思ってたら
展望台になっていて、その年のテーマの
チューリップの地上絵が見られるというものだった

この右手のチューリップがチューリップタワー
2019-05-04 08.55.59_R.jpg
割と整理されていて人は流れていたけど
わざわざ並んで階段上がらなくてもいいか、ってなった

雪の壁をイメージしたチューリップ
...どんななんだろ
2019-05-04 08.59.07_R.jpg
ほー ...ミニチュア版かな...
2019-05-04 09.00.00_R.jpg
通路は3mぐらいの幅でチューリップのプランターが
ビッシリ

芝桜の丘
2019-05-04 09.11.05_R.jpg
この水車は本当に水車で
水が豊富な川なだけあるのだった
2019-05-04 09.13.12_R.jpg
富山は海の恵みも田んぼの作物も素晴らしい

チューリップ四季彩館ていうのも入ってみる

これはなんぞ
2019-05-04 09.26.44_R.jpg
フォトジェニックな写真を撮るための
水滴様の何かかなぁ~~ とか言ってたら
万華鏡みたいに見えるレンズだった
2019-05-04 09.27.12_R.jpg
チューリップソフトクリームというのを
売っていたけど、悩む

しかし外の売店でやっぱり買う
2019-05-04 09.39.25_R.jpg
それなりサッパリしていて食べやすかったけど
やっぱり花の香りのするソフトクリームって
そんなに好きじゃないな
結局人工的な香料が強いんだもの
食べ物が混ぜ混んである香りとは違うよねー

チューリップタワーの横の展望台に上ってみます
2019-05-04 09.52.50-1_R.jpg

フェアは翌日までの開催だったらしいのだけど
我々が行った日は開花率100%の日で
天気も良く、なんというか観光に冴えた日でした

色んな花弁の形のがあるけど
やっぱりスタンダードなのが好き
2019-05-04 09.17.25_R.jpg
こういうフェスティバルって来たことが無かったから
それはそれで楽しかった

それにしてもチューリップを見るために
富山の一部にこんなに人が集まるのかという驚き

さー移動しよう、って反対側は
これから入っていく人たちの車で渋滞していた
2019-05-04 10.05.17_R.jpg
早めに来て良かった

the砺波平野の風景
2019-05-04 10.18.48_R.jpg

途中立ち寄った関SAは栄えていました
2019-05-04 12.05.40_R.jpg
ちょっとー! 関牛乳ソフトクリームだってー
「食べないの」
さっきチューリップソフト食べちゃったよぅ
「いいんじゃないの、食べれば」
じゃあ関コーヒー牛乳とのミックスにする...
「ミックス2つ」オットも食べる
2019-05-04 12.11.04-1_R.jpg
本当に美味しかった
ここは是非食べた方が良い
地のソフト自体が美味しい

食べて良かった

そしてトイレに燕が入っていくので
どうしたのかと思ったら
巣があって、子育てしていたのでした!
2019-05-04 12.08.11_R.jpg
親鳥が何度も往復して一生懸命食べさせている
なんともかわいらしい


それで常滑までまた移動

今回もセラモールは行くのかと聞かれて
前回買った散歩道のお店に行けば良いんだもんねぇ
行かないで良いよねぇ(本当は行きたいけど
あんまり自分の好きなところばかり行くのも気が引けて
一応遠慮してみる)

それで陶磁器会館にまず寄ってから
2019-05-04 14.52.25_R.jpg
散歩道に移動

とこにゃん久しぶりー
2019-05-04 15.02.54_R.jpg
さすがゴールデンウィークなだけあって
観光客がかつてない数(といってもそんな混雑でもないけど)

土管坂とかでんでん坂とか
静かな写真は撮れなさそうだし
どんどん歩いて目的のお店
spaceとこなべ にたどり着きました
2019-05-04 15.12.52_R.jpg

がっ
ここには目的の、前回購入した急須が
売り切れていて無い!!

今は容量の小さいものしか在庫がないとのことで、残念

ってことはー

はい、セラモールなのね
2019-05-04 15.47.36_R.jpg
結局来ることができて良かった

豊和製陶で、目的の鯉江さんのもので
容量300mlぐらいのを見つけました
最近自宅で使っている湯呑のシリーズの急須

予算は10,000円だったから
ちょっとオーバーしたけど、まぁいいか!

その他、茶香炉なども買ってブラブラブラブラ見て回ります
セラモールも各お店に先客が何組かいるぐらい
これまで来た中で一番多いお客さんの数だった

この日の宿泊先はりんくう常滑駅の隣のホテル
夕飯は付いていないので、近隣のまるは食堂に出かけます

とこにゃんがエビフリャーを持っているがねー
2019-05-04 17.57.34_R.jpg
お刺身
2019-05-04 18.41.32_R.jpg
本日の焼魚は真鯛です、と聞いていたら
尾かしら付きで出てきた
2019-05-04 18.48.04-1_R.jpg
オットは魚を食べられるようにはなったけど
真鯛みたいにしっかりした魚はなかなか難しいので
切り身じゃないとかブツブツ言っていたけど
なんだかんだ綺麗に食べて、上手になったもんだ

ここでもお腹いっぱい食べたので腹ごなしに
近くのイオンモールをあてもなく歩きます

巨大招き猫
2019-05-04 19.43.54_R.jpg

こんなに歩き続けることもなかなかない、ってほど
2日間よく歩きました

翌朝は6時半に朝食を食べて、さっさとホテルを出ます
今日は大渋滞かもしれないもの

途中でやはりの渋滞があったけれど
そんなにガチガチに動かないというわけでもなく
無事に帰宅しました

2日間で走った距離、1110.5km!
これまでの車の走行距離で最長かもしれない

今回買った急須
2019-05-05 14.19.29_R.jpg
湯呑とお揃い
2019-05-05 15.29.50_R.jpg
セラメッシュになっている
2019-05-05 14.19.41_R.jpg
さっそくほうじ茶を入れて、美味しい


連休で色々リフレッシュできて良かった
贅沢な休日でした



nice!(24)  コメント(14) 

今年もタケノコを掘り出す

いろいろ忙しくて更新していなかったら
よくわからない広告が出るようになってしまった!

なんだかブログにアップする暇がないというか
気力がないというか…
とりあえず細々とやっております。

それで、今年もタケノコ堀りに行ってきました。

オットの実家は神奈川県なのだけど
けっこう緑深いところで
山がいっぱいあります。

去年もオットの伯父さんが持っている山に
タケノコを掘りに行った(というか、行ったら
急遽掘り出しに行くことになって楽しかった)
のだけど、今年も伺いました。

ところが義母が「今年は猪がすごく食べに来てて
全然ないんだわー、獲れても2・3本かもしれない」


ま、いいよね。2・3本でも。
スーパーのタケノコは買う気がなかなかしないけど
掘りたてってやっぱり美味しいもの。

高田橋の鯉のぼり、初めて見かけました
2019-04-28 14.46.30_R.jpg

さてオットの実家に到着、着替えと準備
2019-04-28 15.12.49_R.jpg
ガムテでヒル除け

車で山のふもとまで出かけて
あとは登っていきます

所有する場所 いよいよ入山!
2019-04-28 15.20.55_R.jpg

本当に、イノシシがよく通るように
なってしまっていて、木が倒されたり
土が崩されてだいぶ危ない感じになっている

「早く通っちゃいな」
2019-04-28 15.21.45_R.jpg
オットが木を踏んづけている間にまたいで
通らせてもらう

「これ見て、タケノコの中身だけ食べるんだわ」
2019-04-28 15.26.41_R.jpg
なんとー

イノシシ、かしこく食べてしまっている

「あったあった」
2019-04-28 15.25.26_R.jpg
こっちもあるよー って義母がどんどん見つける

私なんか目が悪くなってて
全然見つけられないっていうか
水の中で目を開けているんじゃないかってほど
うっすらとボンヤリした視界で、なんか滲んでいる

義母が見つけた場所に行っても
しばらく見つけられないぐらいぐらいで
しばらく徘徊した後に…あった…とようやく見つけてホリホリ

50cmぐらい伸びているのも
「あれだって柔らかいよ」ってことなので収穫
オットも何本か収穫して上から下りてくる

「けっこう集まった」
2019-04-29 01.28.01_R.jpg
コバエがたくさん集まってきちゃうので
早く袋に入れるんだ
2019-04-28 16.03.23_R.jpg
よしよし
2019-04-28 16.03.28_R.jpg
あとは、山椒の木から葉っぱも収穫

さて下山
2019-04-28 16.04.05_R.jpg
山にはスミレみたいな花とか
アヤメの小さいのみたいなのとか
ちょくちょくあって、かわいらしい

根三つ葉は今年は少な目だったけど
あるのを抜いてきた
去年もプランターに移植して
だいぶ活躍したので、今年も移植しよう

のどかなゴールデンウィークだよね~
って言いながら、無事に帰宅
2019-04-28 21.07.08-1_R.jpg
…けっこう量あるね…

寸胴鍋の登場
2019-04-28 21.31.16_R.jpg
普段私の部屋を占拠しているのだけど
タケノコ堀りに行った時は大活躍
手前にあるフィスラーの鍋は5リットルぐらいなのだけど
こんなのじゃ全然歯が立たない量だもの

全然のどかじゃなかったわー!!

糠をザザザーッと入れて
2019-04-28 21.31.34_R.jpg
鷹の爪も入れて1時間~2時間ぐらい茹でました
2019-04-29 00.26.05_R.jpg
茹でる時の下処理でまず一度
外の皮を捨てに行かねば!ってほど
ゴミ袋がいっぱい 大変だこれは…

「ねぇねぇ、これ、トリみたいに見える」
2019-04-28 21.54.37_R.jpg
本当だ(笑

タケノコってのは地面から出ていなくて
光合成が始まっていないものが良い。
とされているのだけど、掘るタケノコは
みんな穂先が地面から出ていて
穂先も開き気味。

でも美味しいもの。
っていうか、山の中は落ち葉が腐葉土になっていて
そんな踏んづけてわかるような地面になっていないので
ちょこっと穂先が出てくれていないと収穫できません

収穫のために畑として管理していれば
靴底で分かるかもしれないけどね~~

なんにしても掘りたてのタケノコってのは美味しくて
本当に贅沢なご馳走です

茹でて翌日全部を真空パックにしました

(午後に来客があったので
オットが土佐煮にしてくれたのだけど
全然、写真撮ってる場合じゃなかった)

これからしばらく、タケノコ三昧。


あなうれし  フフフ



nice!(16)  コメント(8) 

小田原梅まつりに行く 2019 [観光]

早いものでもう2月…とか言っていたら
もはやもう3月になろうかという勢いで
慌てます


今年の梅はどんなかな~
先週日曜に小田原の曽我梅林に出かけました。
いつもお世話になっている昇珠園で
ご主人にご挨拶して
山を見せていただきます。

おっ、なかなか開花している
2019-02-17 10.50.29_R.jpg
元気そうでよかった
2019-02-17 10.50.40_R.jpg

2019-02-17 10.55.14_R.jpg

この藁で作った竪穴式住居みたいのは
どういうものなのだろうか
2019-02-17 11.11.56_R.jpg

鳥が食べた跡のみかん
2019-02-17 11.15.45_R.jpg

看板だけで今年は造花の飾りはなかった
2019-02-17 11.19.07_R.jpg

いつも梅にまつわるような音楽が
チャンチャカチャンチャカとかかっていて
もうなんて言うか、音楽無い方が…と思っていたけど
今年は音楽がなくて静かでいいね~~

と、会場の方に移動したら、音楽スタート

スタートしちゃったよ(笑

そして今年は初めて、こんな人出を見ました
今までもそこそこは人がいたけど
今回はすごく多くて、盛り上がっていた

戻ってきてお嬢さんと奥さんとお話して
農園ポシェットについて

①大きさは前に作ったものの方が良い
②フルオープンは畑での作業には良い
③パッカーン防止ベルトはもう少し下の方が良い

というフィードバックと
みかんやたくあんを頂いて帰りました。

枝に付いている花の数自体が
やや少ないような気もしたけど
お嬢さんが言うには今年は順番に咲いているようで
特に花の数が少ないという訳ではないと思う…
とのことでした

あー、そうしたらまだ出荷も順番にできますね
一気に成って一気に落下すると、ただでさえ
大忙しなのにめっちゃくちゃ大忙しになってしまって
大変だ…けど、いつまでもずっと収穫が続くのも
大変だしねぇーという話をしながら

奥さんが新入りネコのちょぴちゃんを紹介してくれたのに
撫でたり抱っこするだけして写真を撮り忘れていた!
男子という話だけどずいぶんと小柄で柔らかかった
また収穫の時期に買いに行ったら忘れずに写真を撮ろう


梅の花って桜と違って枝に直接花が付くというか
(桜は枝から軸があってそこに手毬みたいに
花が集合している)やっぱり実のなる木

今週はだいぶ満開っぽくて
今日なんか晴れているし、富士山も綺麗に
見えるだろと思われます

今年も無事に収穫終了できますように。



nice!(25)  コメント(14) 

恵方巻とかバレンタインとか [季節行事]

節分かぁ~~~

大人になったらもう豆を撒くってことはなくなったけど
節分というのを丸っと無視するのも忍びない。
邪気は払いたいもの。

世の中的には恵方巻の大量処分とか
問題になっているけど、これは恵方巻だけでなくて
その他、いろいろがロスになっていて
もうね、踊らされすぎ。

世の中安易に回そうとしすぎ。手を抜きすぎ。

そんなことを思いつつ、我が家も恵方巻は
食べることにしました。

材料は一般的な太巻きなものたち
2019-02-03 19.48.30_R.jpg
だし巻き卵・キュウリ・かんぴょう・シイタケ
三つ葉・寿司でんぶ

だし巻き卵の出汁には、干しシイタケとかんぴょうを
煮た時の煮汁も混ぜて一体感が出るようにします

三つ葉は下茹でしたら水気をよく絞って
1cm幅に刻んでおきます
(そうしないと1本まるまるかじっている時に
噛みきれなくてズルズル出てきてしまう)

太巻きはご飯を敷くときに向こう2cmぐらいを
残して敷くことと
シイタケや三つ葉など、細かいものが
バラけないように、長いもので押さえておく
ことに注意します。

バラけるものを手前に置いてしまうと
巻くときにバラバラバラバラと崩壊するので
キュウリなんかで押さえておくと
綺麗にまとまります。

はい、4本出来ました
2019-02-03 20.01.29_R.jpg
いただきまーす
2019-02-03 20.04.16_R.jpg
よし、今年はあっちだな
2019-02-03 20.08.19_R.jpg
毎年、恵方がどっちだったかよー
ってことになってちょっとズレてたり
すごくズレていたりするもんで
アプリに頼ってみるという

モグモグ食べて節分の行事はおしまい

1本は翌日のお弁当にして
おいしくいただきました

そして今度はバレンタインデー

バレンタインとか本当はどうでもいいけど
過去に作ったお菓子の中で
オットが喜んで食べていたのがコチラ

過去にきょうの料理の後ろの方に載っていた
坂田阿希子さんのとろけるチョコレートケーキ

小麦粉を使っていないので
アレルギーぎみのオットも食べられます

普段あまりお菓子を作るということがなくて
こういう時でないと…というのもあって
作ります

15cmの型と20cmの型を準備
20cmの方はレシピの1.5倍量で作りましょう

できた
2019-02-09 00.06.18_R.jpg
卵を泡立ててからチョコレートを混ぜるのだけど
ここは一番難しいところです
綺麗に混ぜ混むってのがなかなか...

そしてこういう感じにサラッと載せられると
難しいです

泡を潰さないようにとか言われても
チョコレートってどうやって混ざっていくわけー
泡潰れたら困るわー
しかしビビッて混ぜ込みが足りないと歪みます

これはチョコレートとバターを湯煎で溶かしたら
そのままお湯の上で放っておいて、
卵と大体の温度を合わせると良いです

チョコレートが溶けたからもういいや、と
湯煎から下ろして温度が下がって
卵に混ぜた時に流動性がなくて混ざりにくくなります
ゴネゴネやっている間に泡が潰れてしまいますが
流動性を持たせておくことで混ざりやすくなります

生地が茶色くなったら、の頃には
結構重ために萎みかけているけど大丈夫
ギリギリを攻めていきましょう

オットがいない間に作ったから
途中の写真が一切ない(笑
2019-02-08 23.06.11_R.jpg
そしてこれは大部分を外に持って行ったので
4日後にもまた焼きました

今度は鬼胡桃もトッピング

20cm
2019-02-12 15.34.39_R.jpg
15cm
2019-02-12 16.04.53_R.jpg
この15cmの方を型から出したら
まだちょっと熱が冷めていないかな?
とは思ったのだけど、まぁ大丈夫だろうと
抜いたら、底板を外したとたんに崩壊して
中からチョコレートが溶岩のように出てきて
あったかーい!! っていうか熱めー!! (慌

職場の同僚なんかに「焼いたから明日持って行くねー」
とか言ってしまった後に崩壊したもんで
もう1台焼き直し

もう20cmの型も空いたので20cmで焼こう。
2019-02-12 22.20.46_R.jpg

粉砂糖on
2019-02-12 22.13.33_R.jpg

崩壊したケーキは型に戻して
ラップで包んで冷蔵庫に入れておいたら
「割とバレてない」感じに戻っていて
オットはまた食べられる~と喜んでいた(笑

今回使ったチョコレートはこちら
業務用 明治チョコレート クーベルダーク(ビターチョコ)(1kg)

業務用 明治チョコレート クーベルダーク(ビターチョコ)(1kg)

  • 出版社/メーカー: 株式会社明治
  • メディア: その他


だいぶ前に作った時は
明治 明治ブラックチョコレートBOX 120g×6箱

明治 明治ブラックチョコレートBOX 120g×6箱

  • 出版社/メーカー: 明治
  • メディア: 食品&飲料


で作ったのだった
これでも十分うまいこといったけど
やはりクーベルチョコレートは
サッパリとつつ濃い感じで美味しかったです


nice!(19)  コメント(10) 

大根を漬ける たくあんとべったら漬け [漬物]

大根が安いですねー

近所にはちょっとしたマルシェがあって
ここにはちょっと農協っぽい品揃えなので
よく行くのだけど
年末に干し大根が並んでいました

去年はどうしようかさんざん悩んでいるうちに
干し大根がしなびすぎて店頭ですでに傷んできていて
その後の処遇を気にしつつ買えなかったので
今年は買うぞー

干し大根は普通の大根を2週間ぐらい干して
要は乾燥させればいいのです

空気が綺麗な素敵な田舎ならいいけど
こちとら空気の綺麗なとは良い難い田舎なもんで
2週間も干すのはちょっとなぁ…
ということで、売っている干し大根を購入します

ということで、
とりあえず3本というか3.5本というか
売り場にあった残りのものを買ってきた次第

この全量で2㎏ちょっと
IMG_7880_R.jpg
なんちゃってたくあんを漬けましょう

漬物袋は味噌の時と同じシリーズだけど
樽に掛けられるように1サイズ大きめを準備

ざらめ350g 塩80g 酢80mlを測ります
IMG_7881_R.jpg
この辺は適当でいいのだけど、だいたい目分量を
ちょっと測ってみた

これを干し大根を入れたビニールにザーッと入れて
放置

これだけです
樽の中で重石をかけて
2日ぐらいから食べられます

2日でこのような浅漬け
IMG_7890_R.jpg
干し大根というのはそれだけですでに美味しいので
浅漬け状態でもかなり美味しい

切ってガラスでもプラでも保存容器に入れて
冷蔵庫に入れれば1か月ぐらい持ちます
IMG_7918_R.jpg
(…けど、3本程度なんて1か月も持たずに
すぐ食べてしまうので無くなる)


あとは生の大根からべったら漬けを作りましょう

生の大根はモノによっては大きいので
カットして塩漬けします

塩分的には適当だけど3%ぐらいで良い
IMG_8195_R.jpg
重石をして2日ぐらい放っておきます
IMG_8196_R.jpg
寒めなところなら冷蔵庫でなくてもOK

この間に塩麹を作ってしまいます
IMG_8208_R.jpg
米麹300g 水300ml 塩105g(麹の35%のg)

お湯を沸かしたら60度程度に冷まします
IMG_8209_R.jpg
ほぐした米麹を炊飯器のおかまに入れて
お湯を入れます

炊飯器で1~2時間ぐらい保温
(炊飯器の保温の温度が60度を越えなければ
蓋を開けたり菜箸を挟んだりはしなくてOK)

やわらかくなったところで塩を投入
IMG_8211_R.jpg

ここまでが塩麹
これは残ったものは清潔なガラス瓶などに入れて
1日1回混ぜて通常の塩麹と同じ扱いで良いです

塩漬けしておいた大根から水分が出ています
IMG_8210_R.jpg
この水を捨てて大根をキッチンペーパーで拭いて
水気を取ります

作っておいた塩麹と砂糖を2:1の割合で
大根の袋に入れます
IMG_8212_R.jpg
これで2・3日でべったら漬けの出来上がり
大根は食べる時状態に切って漬けておくと
1日でよく漬かって食べられます


塩麹は冷蔵庫で2か月ぐらい全然問題なく
保存ができるので
作りたいときにチャッチャッと作れます

市販のべったら漬けは甘くて
美味しいけどあまり食べると糖分取りすぎに
なってしまいますが、自家製だとその辺が調整できて
サッパリ目のべったら漬けができます。
甘くしたい人は塩麹と砂糖を1:1とか、お好みで増やせます

べったら漬けもたくあんも、
本当の昔ながらのやり方をするとなると
だいぶ時間もかかるけど
大気汚染やら家の気密性を考えると
そこまで時間をかけなくていいのかなー
なんて思います


ファスト目な発酵もまたヨシ。




nice!(24)  コメント(16) 

カワハギを釣りに久比里に行く [釣り]

カワハギ釣りの聖地、久比里に行ってきました。

久比里と言ったら
山下丸・やまてん丸・巳之助丸あたりの船宿は
なんらか耳にしたことがある名前で
今回オットが選択したのは山下丸さんでした

八景と違って横須賀まで出かけるので
早めの夕食で早めに寝ないと…
ということで、前日の夜はさっさと作れて
片づけも簡単なグラタンを食べて就寝。

ところが、オットは0時近くになって
起きてトイレに籠り、戻ってきたと思ったらまたトイレ。
なんなんですか一体。

「下痢だ…」
え~~? 大丈夫~~~?

なんだかつられて起きてしまって
困ったな~~~

と思っていたら、私もなんだか気分が悪い
気のせいかと思っていたけど気持ちが悪い…

これは吐いてしまった方がいいなと思ったけど
胃の中には何もない
あーどうしよう、こんなコンディションで釣り…

ウトウトしていたら目覚ましが鳴りました
オットはまだ寝ていたのでちょっと安心して
起きてオムスビを作ります

本当は胸肉で唐揚げを作ろうと思っていたのだけど
気持ちの悪さが続いていて油なんて出せません
アレロックを1錠内服してオムスビだけを作ります

4時にアレロックなんて飲んだら
眠くなってしまうけど、アレルギーっぽいので
とりあえずこの気持ち悪さを押さえることを優先です

オットは「まぁまぁ眠れた」とは言うけど
それは「下痢で起きた割には」ということで
これまた不調なことには変わりない

何がいけなかったのかなぁ~~~

6時過ぎに船宿到着
2019-01-26 06.17.21_R.jpg
7時30分出船です
2019-01-26 07.07.28_R.jpg
船着き場がなんだか懐かしい
2019-01-26 07.26.32_R.jpg
河から海に出るのだけど
「竿は寝かせておいて下さい」のアナウンス通りで
橋をくぐるのにスレスレ
2019-01-26 07.27.49_R.jpg
本当にスレスレ
2019-01-26 07.27.53_R.jpg
こわーい

橋をいくつか超えて海に出ました
2019-01-26 07.30.35_R.jpg
風が強いと聞いていたけど
そうでもなくて良かったねー

なんて言ってたら、すぐにゴウゴウと風が…
2019-01-26 07.35.32_R.jpg
海に出る人なら分かると思うのだけど
この網目状の水面…

オットは探検丸smartをセット
船と連動して、スマホが魚群探知機になるというものです
2019-01-26 07.58.51_R.jpg
面白いねー

はじめー
2019-01-26 08.01.10_R.jpg
仕掛けを下ろし切っていないのに
バンバンバンバンと穂先にアタリがくる
なんのアタリって風のアタリで
波とうねりと風が強すぎて
もはや30号のオモリなのになにがなんだか分からない

これ…底ついたのかな?
バンバンバンバン、もはや、振動。
アタリっていうか、振動で、笑ってしまうぐらい
これじゃ釣りにならないではないの!

でもその中でも割と早い時間で8時過ぎに
1枚上げました やったー
2019-01-26 08.18.27_R.jpg
カワハギの色が薄い…
これは「活性が低いですよ」ってことで
カワハギの色が濃い時は模様や色がクッキリしています

その後全然釣れない
私の左隣りに居た人は、みんなが釣れない中
ポツポツと釣っている

どうやってるのかなぁー
ちょっと真似してみよう…
底を探るように着底させながら左右に探っているのを
私も同じようにやってみたら、釣れました
2019-01-26 13.18.37_R.jpg
オットが「えー、もしかしてあなた
カワハギ釣り上手なの?」とか言ってるけど
正直ちょっと良く分からない
そしてなにしろ寒い

オットは3時間ぐらいで
「ボク、今日はもうやめておく…」と
片づけてしまった

オットの右隣はなかなか鬱陶しい若者で
移動の時からゴミ袋を飛ばしてそのままだったり
仕掛けも面倒みてなくてオマツリ炸裂したり
「乗る前に、実調だけでなくてマナーやルールを
理解しろよ」という迷惑さ加減だった

こういう人が隣っていうのは厳しい
(彼女と二人羽織り状態に釣り始めた時は
「私が彼女の立場だったらキレるな !
そもそも付き合わないけどな ! 」って思った)

オットは元々の体調不良に加えて
カワハギ釣りは付き合い程度で好みではないのと
この隣人のゴミ回収や仕掛けに付き合うという環境という、
「…もういいか、今日は」というだけの
条件が揃ってしまっていた

途中「し、死んでる!!」みたいに動かない時があって
低体温症になったかと確認しようとしたら
「クワァ―」と伸びたので一安心

寝ると体温下がるからもう寝なさんな

なんかわかった気がするのは
前アタリ(魚がエサを食べているだけで
針は掛かっていない)の時から
待っているだけでは釣れないのを
「どうやって掛けるか」てことが
なんか分かったような気がする...
風とうねりが邪魔だけど…

指先がかじかんで、アサリがうまく付けられない
だけど、針を変えたりしながら頑張る

これカワハギだろー!って上げてきたら
2019-01-26 12.03.20.jpg
石鯛の子供でサンバソウ

暴れまわって、小さくてもさすが石鯛
大きくなれよーってリリース

掛ける、ってことを意識して
タイミングを取るのはこういうことかなと
悩みながら釣っていたら
入れるたびに何かしらの魚が付いてくる

オットが「すごい、テレビを観ているようだ」
と言うぐらい、仕掛けを落として誘って食わせて
のパターンがヒットした

それにしたって何時なんだ
もう私だってトイレに行きたい
けど、この日は本当に厚着をしていて
いつもの冬の重装備に加えて中にモンベルの
ダウンまで着込んでいたぐらいの寒さ

脱げない

でも諦めて脱いでいくべきか…
諦めてトイレ行くかどうするか
悩んでいたら「あと4・5分ですからねー」
ホッとしてさらに1匹追加
2019-01-26 13.59.34_R.jpg

これは雪が降るんじゃないのかなー
2019-01-26 14.39.15_R.jpg

顔も指先も、ビリビリと痛い

うねりで海水がバッシャバッシャと襲い掛かるので
キャビンに移動、ウトウト寝てしまったぐらい
疲れ果てていました

この日の釣果
2019-01-26 17.03.32_R.jpg
25cmクラスを4匹
良い型でしたー


帰って布団乾燥機でベッドを温めて
お風呂に入ったのでよく眠れました
これは冷えたままの布団だったら
寒くて疲れは取れなかっただろうなー

オットと「今回『いつまで冬の釣りができるかな』
ってことを意識したよね」「真冬の1日船(6時間)
ていうのはもう無理かもしれないね…」
という会話をしたぐらい、厳しい寒さでした

前回年末にアジを釣りに行った時に
「トップ3に入る寒さだったよね!」と言っていたけど
今回はダントツ、凍死覚悟の極寒で
この寒さでなぜ釣りをしているのか
冷静に考えると疑問だ、という感じだったもの

モンベルのダウンを中に着ていったのは
本当に良かった 
着ぶくれすぎて動きにくいかと思ったけど
着ていなかったら寒くて動けなくなるところでした


風の音がすごい
そしてこの船の右上にいる船で
より揺れがお分かりいただけるかと

(ヒャーという声は前述の二人羽織りの女の人で
私ではございません)



今日はお刺身とカワハギの握り、肝のなめろうにお鍋でした
2019-01-27 19.34.14_R.jpg
ごちそうさまでしたー



nice!(24)  コメント(14) 

4回目の常滑 [観光]

もはや最近の恒例となっているような気もするけど
今回もまた常滑に出かけてきました

常滑に何があるのかと言われたら
んー…何があるんだろう

もう甕の類は揃ってしまったし…

オットは普段使いの湯呑みを落として
欠けさせてしまったから、なんかいいのがあったら、
とか言ってるし、なんだか町として好きだよねー
と言いつつ、またノコノコと

5時までに出発を、という予定だったのだけど
二人とも21時頃、早く寝すぎて2時頃一度目が覚めてしまった
「さすがに2時すぎじゃ早すぎるしねぇー」と
また寝たのだけど、今度は寝すぎて
5時前に起きるという…

私はオムスビ作るので4時起き
でもよく眠れました

無事に出発
そして常滑ではないところで
またなにやら城なのか…?
寝てていいよーというので安心して寝ていたら
山の上で目が覚めました

そして今度は竹藪の前でした
「ロックかけておきなー
今度は時間かかるから」

ダウンとひざ掛けをしてまた寝ていたら
オットがゼーゼー言いながら帰ってきて
「足がガクガクする、すごいアップダウンだった!」と
嬉しそうに帰ってきました
1時間ぐらい経過していたような…

それからいつもの常滑市陶磁器会館
2019-01-12 12.08.16_R.jpg
「あったら買おう…だけど、もう無いだろうなー」
って言ってた鉢があったのと値下げされていたのか
覚えていた金額よりだいぶ安くかったので
いそいそと購入してからさんぽ道に出かけます

とこにゃん久しぶり
2019-01-12 12.14.12_R.jpg
散歩道にはいつも香ばしい良い香りがする
団子屋さんがあるのだけど、串の始末に困るし
大体いつも何かを食べる前か後かなんかで
「今だんごを食べたらちょっとなぁ」というタイミングで
今回も見送りました

そうしたらこのように
2019-01-12 12.19.42_R.jpg
あれー今まで気づかなかったけど
串を回収する場所があったのでした
これなら食べながらでもいいよねー
(次回は食べてみよう)

だいぶ歩き慣れてきたので
この坂も上から撮ってももったいなくない
2019-01-12 12.21.29_R.jpg

重要文化財になっている登り窯
2019-01-12 12.30.11_R.jpg
煙突
2019-01-12 12.28.58_R.jpg
天気が良かったら青空でいいけど
この日はあいにくの曇り空

SPACEとこなべ というお店で湯呑みを買います
2019-01-12 12.41.25_R.jpg
このお店はここと、支店がもう一つ
散歩道にあるのだけど、
とても素敵な品揃えのお店なのです
前回も盛り鉢と小皿と急須を購入したのでした

湯呑みは、前回購入した鯉江廣さんの急須シリーズ
ちょっとシリーズ違いなのだけど、持ちやすさで選ぶ

常滑駅には何があるんだろう
むかーし、叔母に揚げ物用のバットを買ってもらったけど
その頃より売り場というかお店というか
変わりすぎていてわからない

とりあえずお腹もすいているし
お昼ご飯を食べよう

外国語でのメニューだけど大丈夫か
2019-01-12 13.26.13_R.jpg

土手煮きしめん
2019-01-12 13.15.52_R.jpg
甘い

土手煮ってこんなに甘かったか?
きしめんは美味しいけど量は少な目なので
普通のきしめんを追加で頼んでみたら
これは美味しかった よかった

駅に付属するように建っているスーパーも見てみよう
地の者がなにを食べているのかなー
って進んでいったら、なんだこれは
2019-01-12 13.37.41_R.jpg
インスタ映え間違いなし!とポップがあって
2019-01-12 13.37.28_R.jpg
このようなポスターが貼られていた

…美味しいんだろうか
ちょっと想像が難しい

スーパーは、良かった!  ここは(・∀・)イイ!!

魚もお肉もおいしそう
なんか、パッケージの仕方が、なんだろう…
我々の生活圏のスーパーみたいに
ビチーッと整列してドリップ吸わせて
っていうのじゃなくて、鶏手羽なんかも
割とランダムな並び具合なんだけど
料理した姿が目に浮かぶというか
とにかく、イメージがつくというか
美味しそうに並んでいて良いスーパーだった

マルスっていうスーパー、いいなー

それで今度はセラモールに移動
2019-01-12 13.47.15_R.jpg
…本日もガラーン
2019-01-12 14.14.55_R.jpg
でも途中からチラホラお客さんが来て一安心

衝撃的なことに、とあるお店では
甕は久松の2号なんだけど蓋が絶対これは
外国製ですよね、っていうのが乗っていた!

見た目の蓋の大きさが本体の壺より大きいし
釉薬というか表面の質が壺と全然違う
蓋なしなら蓋なしで売ればいいのに
知らずに買う人いるかなぁー
売れた時にちゃんと説明するのかなー

大きな甕が並んでいるけど、
どういう人が買っていくのかなぁ
2019-01-12 14.46.43_R.jpg
オットと「さすがに久松も少なくなったね」
って言いながら歩いていたら「あのパレット久松だ」

えっ
2019-01-12 14.47.11_R.jpg
本当だ
よく見てるなー

あっ、こっちもだ
2019-01-12 14.48.47_R.jpg
うーん、久松懐かしいなー

それでここでも練り鉢と1kgの重石を買って
(結局買うんだな)移動!

今回はホテルに行く前にめんたいパークに行ってみよう
めんたいパークっていうのは、かねふくがやっている
明太子の商業施設です

3年前ぐらいにタクシーの運転手さんが言っていたのは
「本当は岩手だったかあっちのほうに出来る予定だったのに
震災があったもんで常滑にきたんだわ
美味しい…けど、スーパーでも買えるもんね ははは」

そんな訳で割とスルーしていたのだけど
叔母から送られてきた明太子が美味しくて
「次は行ってみよう」と言っていたのでした

常滑のめんたいパークはコストコの隣にある
2019-01-12 15.10.25_R.jpg
写真撮影スポットがあってかわいい
2019-01-12 15.11.56_R.jpg
中に入ると結構な人の数

めんたいミュージアムがあります
券売機があって500円だかしていたらしいけど
この時は張り紙がしてあって無料だった
2019-01-12 15.13.31_R.jpg
めんたい博士みたいのが出迎えてくれる
2019-01-12 15.15.21_R.jpg
鱈の説明とかいろいろ映像が流れているんだけど
中で遊ぶ子供達の声が響いていて
アナウンスが何言ってるんだかは
全然聞こえなかった(笑

奥には工場があって、製造過程を見ることができる
2019-01-12 15.16.37_R.jpg
たくさん人がいるのね
2019-01-12 15.17.30_R.jpg
包装までキッチリ
2019-01-12 15.18.16_R.jpg
工場を出たところでそのまま試食の列になるのだけど
2019-01-12 15.19.30_R.jpg
オットは並ぶのが嫌いだからちょっと嫌そう

でも、ずいぶんと流れていくし
せっかくだから食べてみよう
2019-01-12 15.21.56_R.jpg
楊枝で1切れ食べる仕組みなのだけど
えーおいしい!
(この試食でお土産に買う量が増えてしまったという
うまうまと戦略に乗っかっている)

このぬいぐるみはどうだろう
2019-01-12 15.22.10_R.jpg
売れる...のかな? かわいいけどね

フードコートで食べられるものはこんな感じ
2019-01-12 15.35.55_R.jpg
明太子ソフトはコレ食べるでしょう!

…ピンぼけすぎる
2019-01-12 15.37.34_R.jpg
そして美味しかった
地のソフトクリームがそもそも美味しいもの
買ってよかった

オットは明太子おにぎりにしてみる
「だいぶ大きいなー」と言っていたものの
明太子の量もたくさん入っていて
「美味しいー」と喜んでいた

そんなこんなで宿泊先のホテルは
フォーポイントバイシェラトン
セントレア空港のすぐそばです
いつものコンフォートホテルの隣

夕食は付きませんので空港に食べに行きます
2019-01-12 20.40.18_R.jpg
しかし! 疲れて寝こけていたせいで
初動が遅れ、目当てのまるは食堂をはじめ
次々とお店が「本日の営業は終了しました」

ムムゥ じゃあココはー、と入った名古屋飯のお店で
私は味噌煮込みうどん
オットはきしめん大盛とミニ味噌カツ丼にして
味噌カツが甘すぎると後悔していた 気の毒…

そしてこのホテルでおいしそうな
いかにもアメリカ!なハンバーガーが
あったことに後で気づいて後悔
そういえばアメリカのホテルなのでした
しくじったなぁーーー

とか言いつつ、ベッドは程よいスプリングで大きいし
バスルームはお湯がちゃんと溜められるし
ゆっくり眠れました

翌朝は快晴です
2019-01-13 10.26.40_R.jpg
「帰り道に1つ城に寄るから」寄るんかい

諏訪原城というところでした
2019-01-13 11.48.17_R.jpg
城址入り口から入っていったのに茶畑がある
「大政奉還で家来が食べていけなくなって、
城の敷地内に茶畑を作った、て逸話があるんだよ
土地は幕府が持ってた管理地だったんじゃないのかなぁ
それをそのまま、子孫がこの茶畑を
やっているかどうか、てのは分からないけどねー」
へぇー 城の敷地内に茶畑って初めて見た...

「おぉー!これは聞きしに勝る…」とか言って
掘りの写真を撮っているのだけど
確かに、私の数少ないけどこれまでに見てきた堀とは
勾配が明らかに違う

でも写真に撮るとよくわからないなぁ
2019-01-13 11.50.22_R.jpg
オット、ちょっと降りてみなよー
反対側には降りられるようになっているスロープがある
2019-01-13 11.55.36_R.jpg
深いな…

右側にあるのが馬出し
2019-01-13 12.01.07_R.jpg
ぐるっと歩いて反対側から
2019-01-13 12.05.10_R.jpg
この城、元々は武田勝頼の城だったらしいです
徳川家康もかなり落とすのに苦労をしたということで
そらそうだろうなぁというだけの、
かなり実戦的な城だったと思われます

「柵によりかからないでください」って
プロレスのロープじゃないんだから
2019-01-13 12.21.58_R.jpg
そもそもこれ柵っていうのか
危ない危ない

オットと二人以外、だーれもいない
けっこう車止まっていたのになぁ
こんなところで転げ落ちたら誰も見つけてくれない

ゼーゼー言いながら下ったり登ったり
2019-01-13 12.27.52_R.jpg
これ本当に順路って書いてあったよね
入っちゃいけないところじゃないよね
ってぐらい、道なんだかただの崖なんだか
わからないけど、所々に「順路」って看板がある

乾燥した空気が気道に刺さって苦しい

最後の方なんか「時々こういう夢見るわ」っていう
目の前がひたすら土の壁みたいのをゼーゼー言いながら
登りきったら、駐車場の裏側に出た

終わった…
あー疲れた疲れた

ちょうどお昼だし、すぐそばのカフェでご飯にします
車がたくさん停まってる

が、「今日はうどんしかないけどいい?」
他のランチメニューは完売しました、ということで
おかめうどん
2019-01-13 12.58.12_R.jpg
しいたけの出汁が美味しい

デザート
2019-01-13 13.03.22_R.jpg
豆乳プリンかな? ←バカ舌すぎて(汗

さー帰ろう帰ろう

富士山が綺麗だー
2019-01-13 13.48.17_R.jpg
途中、大和トンネル付近で
集団的にババババッと急ブレーキがかかって
我々の車もピピピピー!という警報音と共に
ガーッとブレーキがかかって、ギャーと叫んだけど
誰もぶつかることはなく、また再び走り出すという
アワヤということがありました

あ~~ビックリした

それで、今回の戦利品の湯呑み
(急須は前回の購入品)
2019-01-13 18.05.12_R.jpg
鯉江廣さんのもの

その他、セラモールで買った久松製品
2019-01-13 16.10.19_R.jpg
って並べていたらおモチ君がイソイソと
入ってきてしまった

やーめーてーよー
って持ち上げても全然動かない
2019-01-13 16.15.03_R.jpg
「配置転換されても絶対に動きませんよボカァ」
やめてくれー

私、この茶色い方の練り鉢
前回初めて見つけたんですけど
結構レアだと思う

間違いなく久松
2019-01-13 16.11.31_R.jpg
陶磁器会館で最初に見つけて
オットが「買わないの?」と言った時は
えー、使うアテがないしー、とか言って
スルーしたのだけど、やはりどこでも見たことがないし
そうなってくるともうただのコレクションだよね
って自分に呆れながら買ってしまった

アイボリーの方はカタログにも普通に載っているし
ネットでの販売でも見かけたし
前回もセラモールで大きいのを購入した

そもそも陶磁器会館には久松の製品はもうほとんど無くて
前回まではぐるめ壺とか甕とかそこそこあったけど
今回はこの鉢とぐるめ壺2つぐらいだった

だがしかし私がこの鉢を抱えてレジに行ったあと
また補充されていた!

今年は味噌作るのにこの鉢使おうかなぁー


はーそれにしても常滑、何度行っても楽しいなー


それにしても、うっかり付き合って行った城
けっこうきつかったなー

駐車場が近いからって油断大敵
「そんなに山じゃないから大丈夫だよ」って
山じゃなかったけど谷がすごかったから
結局登るはめになったもんね

明日が休みで良かった…

nice!(24)  コメント(12) 

日本橋三越に買い物に出かける [おすすめ]

日本橋三越に出かけたい。
しかも12月26日~31日までの間で出かけたい。

オットは「なんでそんな年末に出かけたいのか」
とか言っていたけれど、私がどこかに出かけたいと
自分から申告するのは大変珍しいことなので
(いつもスーパーぐらいしか出かけることはないし
大抵の時間はたくさん寝て過ごすから)
「まぁいいか」と車を出してくれました。

何しろこの時は、日本の職人 匠の技展
というのをやっていて、ここには
辻和金網が来ることになっていたのです

トンカツを揚げた時の網を探していて
ここのお店にたどり着いたのが最初なのだけど
半月板網は大変オススメ

これは最初に大を2枚買ったのだけど
小サイズで大丈夫だな! ってことになって
しかもこれがあればお客さんが来た時にも
揚げ物出しても大丈夫だな! ということになり
小サイズ5枚買い足したというスグレモノ。

小サイズでも半月を2枚合わせて円形にして
このように大皿として登場したりする
2018-12-15 19.54.58_R.jpg

それで、今回は亀甲杓子を見に行きました

普段使っているのはAmazonで買ったこの網

工房アイザワ スクイアミ 平丸 1126

工房アイザワ スクイアミ 平丸 1126

  • 出版社/メーカー: 工房アイザワ(Kobo-aizawa)
  • メディア: ホーム&キッチン

しかしいかんせん面積が小さくて
ナスなんかの重量があるものは
持ち上げるのが難儀

前々から買うことは決めていたものの
どの大きさがいいのかな~~なんて
悩んでいたら、催事のお知らせで
年末に東京にいらっしゃるってことでないの

これは行くべし

そんなわけで、ノコノコと日本橋に出かけた次第です

本館7階の催事場に行くと
1店舗あたりかなり限られたスペースで
所せましといろんなお店が出てきていて
それぞれ職人さんが作業をしながら
販売をされていました

辻和金網も奥まったところに発見
大と中とどうしよう?と悩んだけれど
結局中サイズを購入
2018-12-29 12.23.07_R.jpg
半月の網を買ったんですー とか言いながら
写真撮影とネット掲載OKをいただいて
良い所を撮りたかったのだけど
どうしてもお客さんが入ってきてしまって
「行ったよ」って程度の写真しか撮れなかった

それで、他のお店も見て回ります

今回の目的のもう1つは「良い菜箸があったらいいな」
というものでした

むかーし、近隣にあった百貨店に
出張してきていたお店があって
「このコンニャク掴んでみて」と言われて
水を張ったビーカーに四角い蒟蒻が居れてあるのを
スッと掴める、という菜箸を買ったことがあります

同僚がビックリして「…仕込みのサクラかと思った」と言うほど
「あー! これはすごい!!」という私のリアクションに
他のお客さんまでお箸を買っていたというお店、
どこだったかなー もう10年以上前になるわ多分…

とか言ってたら!!
2018-12-29 12.39.13_R.jpg
ありました!

籠竹工芸所
2018-12-29 12.38.51_R.jpg
※写真撮影と掲載許可OK
お店の方が「これでも掴んでみて」
って子供用のお箸なんかも渡してくれるのだけど
どれも素敵につかめました
これはイイと思う

子供ってご飯を食べている時に飽きちゃって
「ちゃんと食べなさい」って言っても
グダグダゴネゴネしだ子は多いけれど
これは「お箸が合っていない」というのも大きいです

「お箸を使いなさい。」と言われる割りに
プラスチックのお箸や手の大きさに合わないお箸だと
うまくつかめなくてイヤになる
という理由が大きくあります
つまり、ちゃんと食べたくても食べられないのです

手の大きさに合って掴めるお箸を渡した途端
急にやる気を出して食べる、というのは
よくあることなので、世の親御さんたちは
是非試してみていただきたい
お箸の使い方も格段に綺麗になる可能性があります


それで、ここには素敵な籠ザルがあって
¥14,000-という値札に一瞬ひるんだけど
何しろ竹の上質さが素晴らしくて
ほぼ脊髄反射で購入を決めた

買ってきたものたち
2018-12-29 14.18.27_R.jpg
お節の材料含めて
キッチンのざるに並べていたものを入れてみる

お箸はコチラ
2018-12-29 14.28.36_R.jpg
33cm2膳と36cmを1膳
帰ってきてからタコ糸を通しました

辻和金網の杓子はこのように大きい
2019-01-04 20.10.32_R.jpg
ダイダイも乗っかるぐらい

素敵ねー
2019-01-04 20.09.48_R.jpg
これで鍋の中のものを一気に回収できる


東京のデパートだし! って
地下に降りてみたら、お節商戦で
みなさん黒豆やら金団やら、なんらか持って
ごった返していた 盛り上がってますなー

けど、日本橋の三越に来るような人は
皆さん穏やかで、後ろから背中を無意味に押してきたり
人の足をカートで轢いたりする傍若無人な人も居なくて
割と穏やか

でもいずれにしても混雑は混雑なので我々は退散。

本当は他にも、とっても素敵な靴べらとか
孫の手とか、秋田の漆器とか、
本当にいいものがたくさんあったのだけど
大掃除のこともチラついて今回は諦めました

大人になるってこういうことか…


そしてこのお箸と杓子のお陰で、お節づくりも
かなり調子よく進んだのでした

ちょっとしたことが面倒でなくなる
というのはスバラシイ!



nice!(24)  コメント(16) 

あけましておめでとうございます [季節行事]

今年もよろしくお願いいたします

年末は29日に日本橋に出かけ
30日に下田に出かけて
31日に至っては休日診療所に出かけ
エライコッチャだったのだけど
今年もお節は作りました。

そう!
休日診療所を受診するというのは
私は初めてで、しかもそれが大晦日という
どうしたどうしたという出来事でした。

膝をザックリと脂肪層まで到達する怪我を
したときでさえ病院に行かなかった私が
大晦日なのに自分から「病院に連れて行って欲しい」
と言ったもんでオットもビックリして
急いで車を出してくれました。

行ったのは歯科の休日診療所です。

現在歯科の通院を続けているのだけど
2週間ぐらい前に、左側の下顎の犬歯が痛い
と言ったら、知覚過敏ということでした。
塗り薬を縫ってこの歯は解決、右の奥歯の
治療を継続中なのです。

そうしたら、30日に「左下の犬歯が痛い」となり
温かいものや冷たいものが極端に染みる!と
なったのだけど、しばらくすると痛みは落ち着くし
年明けに予約を待たずに歯科医院に電話してみよう…
と思っていました

ところが31日、歯の痛みで寝ていられないし
起きていられないしで、もうツライ。
だまーっていたのだけど、朝ご飯のお味噌汁も
歯に当たると痛い。結局飲めずに、白米なんて
とんでもなくて、左顎中心に顔全体がとにかく痛い。
これはだめだ...
で「病院に連れて行って欲しい」となったのです。

馬車道にある休日診療所はめっちゃ混んでいたけど
歯科医師が5人態勢で診療をしているとのことで
1人10分ぐらいでどんどん捌けていって
自分の番になったのだけど
オットに「知覚過敏の薬をチョチョッと塗って
終わりだと思うんだよねー」とか言ってたのに
まさかの「抜髄」←神経抜きますよ

「知覚過敏だったら何もしないのに痛いって
ないから。レントゲン撮りましょう」てなって
「歯ぎしりからの歯の根の炎症がかなり強くて
圧の逃げ場がないので
これは神経抜いて根の治療をしましょう。」

ヒー

歯の神経を抜く、ってかなり最終的なやつを
アッサリ出されるぐらい、「これはね、痛いですよね」
虫歯ですか?と聞くと、虫歯ではなくて歯ぎしり
による炎症だそうですよ

歯ぎしりの対症療法でマウスピースを作ったのに
そのマウスピースを2か月で噛み割るという
かかりつけの歯医者さんもビックリな歯ぎしり。

先月顎全体のレントゲンを撮ったら
「歯ぎしりで顎の骨が発達していて
本来の顎のラインよりだいぶ骨ができている」
っていう立派な骨形成をしていた歯ぎしり。

一緒に寝ているオットは「えーボクは気づいたことない」
っていう爆睡だから平和だけど
なにしろアゴを発達させた挙句に
歯髄をダメにするぐらいの歯ぎしりってすごい。

歯医者さんは「歯根膜がいつから傷んでたかは
わからないけど、現状の炎症としては強いから
今の現状からの応急処置が必要てことだね」と
おっしゃる

2週間前は知覚過敏で済んでいたものが
ギリギリと歯ぎしりをすることで歯根膜炎に発展し
歯髄も充血して圧力高まって痛い、に発展したもので
説明がつきます

「麻酔打って根の治療しますので。」
ということで、外に出ているオットにLINEして
戻ってきてもらいます

(なにしろ最近の憑かれ具合とか疲れ具合が
酷かったので、麻酔で具合が悪くなったら大変です
窓口で聞かれなかったから緊急連絡先を書いていなかったけど
ヘタしたらオットが知らない間に死んでしまうかもしれない。
不謹慎だけど、そんなことも可能性として有るな! ってぐらい
調子が悪かった)

それで無事に治療を終えて
「硬いものとか食べないでくださいね。
今こっちの歯使うと歯自体が割れて
そうすると歯を抜くしかなくなるから」

ヒー

そんなこと言っても私の歯ぎしりで
硬いものどころかアナタ、ってことにならないか

もはやショッカーみたいにヒーばっかり言ってるけど
もう衝撃的すぎる。
でもとりえあえず痛みが無くなって良かった。

麻酔をたくさん使ったから口がしびれて
喋れない。と言うと「十分喋ってるけど…」

そんなこんなで治療を終えて会計を終えたら
「また目が赤いよ」へ?

左目の内側の白目がビックリする赤目で
本当に真っ赤でした。
2日前ぐらいにも同じようになってて
「きっとくしゃみで
血管が切れたんだろう。」と
2日ぐらいでだいぶ消えてきたのに
また上乗せして真っ赤!

ヒー キモチワルイ

早く帰ってお節の続きやらなくちゃ…
「やるんだ 」やりますとも。

今年のお節は
黒豆・栗きんとん・伊達巻・数の子・田作り
海老のうま煮・菊花かぶら・いくらの醤油漬け
なます・八幡巻き・ブリの粕漬け・煮しめ を作ります。

甘露煮にしておいた秋の栗とサツマイモ
クチナシの実は冷凍しておいた
2018-12-30 19.45.08_R.jpg
五島の車エビ(地場冷凍を解凍)
2018-12-30 22.24.22_R.jpg
その他材料
蒲鉾は下田で買って来ておいた杉兼の
2018-12-30 19.10.32_R.jpg
蒟蒻は27日に作って真空パックしておいた

ブリは切り身を酒粕とか味噌とかで
粕床を作って漬けておく
2018-12-30 19.30.50_R.jpg

最初の年よりだいぶ慣れて
いろいろ要領よくなったので、
間の大事な時間に休日診療まで行って
3時間ぐらいロストした割りに
結局1日半ぐらいで出来上がった
(いくらの醤油漬けなんか11月に作って
冷凍しておくという周到さ)

元日の朝はお雑煮(オット作)
2019-01-01 10.13.17_R.jpg
餅は前日にGOPANで作っておいた

これを食べてからノンビリとお重に詰めて
お節をお昼から食べました
2019-01-01 12.31.48_R.jpg
蒲鉾以外全部作ったぜ!
…ブリを忘れたことをこの記事を書きながら思い出した
これは別に焼いてお皿でいただきましょう


年末は騒動だったけども
今日は初詣に行ってきました
2019-01-01 14.14.41_R.jpg
今年は良い年になりますように!

どーん!
2019-01-01 14.19.19_R.jpg
って小吉かーい!! 



そんなこんなで皆様
今年もよろしくお願いいたします




nice!(22)  コメント(22) 
前の10件 | -