So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

ツケモノ、カワハギ釣りに参加する [釣り]

9月に一つテンヤ真鯛の船に乗ろうとしていたのだけど
台風が来て、大事をとってキャンセルしました。

そうしたら釣りサークルでカワハギ釣りの案内が来ました。
カワハギかワラサ、釣れている方にします。ということだけど
イナダ・ワラサっていうのはこの辺でいうブリの幼魚の名前で
地方によってはヤズとかハマチとかメジロとか
(養殖をハマチという地方もあるらしい)いって
まぁブリの脂がないやつです。

イナワラなんて行ったら楽しいかもしれないけど
迷惑なサバ野郎みたいなもんでオマツリ必至だし、
乗り合いでは迷惑かけすぎて仕立てでないと経験できないかも…
(←したいと思わないというのが正しい)
なんて思ったのだけど、もしイナワラだったら
ちょっと見て見たいぐらいであまり乗り気ではない。

だって捌くの大変ていうか
費用対効果が薄いっていうか
そんな美味しいー!!っていう感じでもないような…
大きさによるんでしょうけどねぇー。

釣り味=食味 というわけでもないわけですよ。

しかしどうしたものかなーなんて悩んでいたら
結局「松輪からカワハギになりました」ホッ

オットは「松輪は遠いしなぁ~~~仕立てで
ナメられてんのかしらないけど、あの船宿…」とブツブツ。

まぁそう言わずに…とか言いつつ
なんだかんだと楽しみに準備をして参加します。

前日までイナワラがフィーバーしている松輪は
駐車場もかなり混んでいて殺気立っている。

そうそう、初めて松輪に出かけた時
本当にこういうのを想像していて
我々のようなヘナチョコが松輪なんかに行ったら
ワラサ竿で成敗されてキャリーカートにひき殺されるかも
しれない、と言っていたのだけど、その時は穏やかだったので
ちょっと忘れていた。

the・松輪。
2018-10-14 06.08.12_R.jpg
「盛り上がってるなぁ…」
2018-10-14 05.44.05_R.jpg
お客さんも船宿の人たちもビリビリしている

我々の船宿はイサキのときと同じだったのだけど
今回の船長は初めてカワハギで乗った船長で
わりかし良い人だったから一安心。
(それじゃイサキの船長が悪い人だった
みたいな言い方だけど、その通りなんだから仕方ない)

しゅっぱーつ
2018-10-14 06.31.57_R.jpg

しかしこの天気です
2018-10-14 07.40.10_R.jpg
雨が降っているのとそこそこ強風。

私もゴアテックス着てるのに
船が移動するときの風もあって身体が冷える。
もう一枚着てても良かったというか
冬用でも良かったかもなぁーなんて言いながら釣り。

何度かびっくりするほど強いアタリが来るのだけど
挙げている途中でフックオフしてしまって
正体が大きいカワハギなのか大きいベラなのか
なんだかわからない。

そんな中でもさっさと1匹釣り上げて
どやっ
2018-10-14 10.59.10_R.jpg
幹事の若先生に見せると「さすがです」

オットも「ボクもきたっ」
ちゃんと前に見せてー
2018-10-14 09.37.16_R.jpg
遠近法使わないで近づけてー
2018-10-14 09.37.18_R.jpg
「なんでだよぅー」

ここでちょっと大きく移動
城ケ島沖まで出ます
2018-10-14 08.43.23_R.jpg

なんだかんだでアタリ自体はあるし
船長がちゃんとアナウンスしてくれるので
イサキの時みたいに澱んだ空気にはならない。
やっぱり船長の仕事ってのは大きい。

幹事の若先生も釣った
2018-10-14 09.50.30_tR.jpg
この若先生は今回初船釣りの研修医の先生に
アサリの付け方云々から教えていて、大変だなー

研修医の先生はその後吐き気が強くてダウン。
船長が「港に一度帰ることもできるし港の近くで釣ることもできる」
というと「一度帰って降ります」という若先生。

仕立てならではの融通で、一旦帰港して
幹事の先生が一緒に下船。我々は再出港で再開しました。

降りてしまえば大丈夫だけど
降りるまで続くんだよねぇ船酔いは。
私も吐きながら釣ってた時あるから分かるわ~~。
そうしたら対側の舷からセンター長が移動してきた。

このセンター長は謎な人で、オットに
「釣りのセオリーを全て無視してくるのに結局それなり釣る。
ボクはあの先生を見ていると釣りそのものに悩みが出る」と
言わしめた人物。

「これは良いカワハギだろー!」
って言いながら上げてきたら、あからさまに形が違う
2018-10-14 10.31.40t_R.jpg
先生、それエソです

「なにそれ」高級蒲鉾の材料です
「あげる」要りません

リリース

「これ来たんじゃない?!」
2018-10-14 10.42.04_tR.jpg
これはイラですかね

「なにそれうまいの」出汁が美味しいという微妙な評価です
「あげる」要りません

リリース  

↑この後これはテンスではないか?となったのだけど
テンスの特徴である角みたいのと点があるところを
絶妙に手で押さえていて判らない(笑。

オットは船酔いしていた研修医に一時上着を貸して
「カワハギ釣りに来て追剥ぎに遭う」とか言ってたのだけど
ジャージ1枚でスース―風通しよく居たもんで
「さ、寒い」 体温が下がってしまった。
「エー、ぎっくり腰になるんだから気を付けてよぉ」と
スパルタコメントのツケモノ。
「なんか釣れたら体温も上がるんだから頑張れー」

とか言ってたら「なんか、なんか来た!」
カワハギじゃないかも、でも大きいー!と
頑張って上げてきた
2018-10-14 11.48.25_R.jpg
ホウボウだっ
2018-10-14 11.48.48_R.jpg
ビーン 

この青い胸ビレがこんなに綺麗なホウボウ
(だいたい傷ついて割けたりしている)
しかも30cmは余裕で超えている大きさ!

すっごいじゃん、ホウボウ!
しかしよくこのカワハギ仕掛けの細い糸で
上げてきたよねー! と盛り上げる

「良かったー」
ちょっと興奮して体温取り戻すオット

「これ、こんな針が開いてた。危なかった。」
2018-10-14 11.49.47_R.jpg

キターでかいやつキター
2018-10-14 11.28.01_R.jpg

「おっ、こんどこそ釣れた」
2018-10-14 11.58.17_tR.jpg
センター長嬉しそう

「ボクも来た」
2018-10-14 12.57.42_R.jpg
体温取り戻した めでたし

一瞬止んだ雨も結局けっこう降り続けて
カメラのレンズに水滴が付いていたのも気づかず
なんかそれいけノンタックでやってた
デコデコデコリーンの回想シーンみたいになってる写真

12時すぎにようやく雨が止んで晴れ間がでてきて
温かくなってきました

13時頃まで頑張って、帰港します
2018-10-14 13.41.19_R.jpg
雲がすっかり秋の雲
2018-10-14 13.45.16_R.jpg
ただいまー
2018-10-14 13.46.50_R.jpg
この山の木たちがずいぶんと左に撫でつけられていて
この辺りは風が強いんですねぇ


本日のクーラー
2018-10-14 13.49.39_R.jpg
カワハギは私が9匹、オットが5匹
立派なホウボウはオット
その後計測したら35cmありました

船宿で「ワラサはもう終わりで
今日は竿頭が2匹だけだった」って
色々、カワハギで良かった…

さー帰りましょう
2018-10-14 14.41.26_R.jpg
三浦って場所は海が近くて土地が広くて
ここも良い場所ですねー

帰って捌いて、本日はまず半分食べます

アラと昆布で出汁を取ってカワハギ鍋
2018-10-14 20.47.30_R.jpg
と、肝あえにしてヨシの刺身と
自家製味噌と肝のナメロウ
2018-10-14 20.47.27_R.jpg
カワハギの頭は茹でて解してネコたちにあげて
ネコも満足。


カワハギ、やっぱりもうちょっと勉強したいなぁー。



nice!(20)  コメント(10) 

馬でなくても肥ゆる秋 [季節行事]

今年は夏が暑すぎて栗の実りが少なかったそうです。

災害レベルの暑さが過ぎたら台風の被害で
ただでさえ自給率の低い日本の食材は
いよいよ危機状態なのではないかと危惧しつつ

今年も利平を中心に栗を購入しました
2018-09-18 13.41.19_R.jpg

「カーチャン、これなんだ」
2018-09-24 11.33.27_R.jpg
栗だよ

「フーン」
2018-09-24 11.33.28_R.jpg
ネットを引き寄せる大福
本当にお利口さん

「カリン、見てなよ、兄ちゃんがこうして…」
2018-09-24 11.36.09_R.jpg
はいはい、今年もごんぎつねごっこねー

栗はザルに並べて天日に干してから
チルドに入れておきます
2018-09-19 13.09.01_R.jpg
すぐ食べる分はさっさと皮むき
2018-09-18 15.25.43_R.jpg
くりくり坊主で快調に剥いていたのだけど
途中で手に豆ができて、包丁に交代

渋皮煮を作ります
茹でこぼしてアク抜きしたら
グラニュー糖をバサッと掛けておいて
2018-09-18 20.49.15_R.jpg2018-09-18 21.02.43_R.jpg

3日ぐらい常温においてネットリさせるらしいのだけど
美味しいのでどんどん減っていくのです。
そしてちょっとずつ太っていくという…
わかっちゃいるけどやめられない美味しさ。

栗の甘味について
低温貯蔵するとデンプンが糖化して甘味が増す
というのは知っていたものの
処理方法についてどこか詳しく解説が載っていないものかと
調べているのだけど、まだ謎が…

鬼皮ごと加熱する場合は良いとして
問題は皮を剥いて調理する場合の処理方法です。

チルドに入れて糖化を促したところで
皮を剥きながら変色を防ぐのに水に浸けていたら
水が白濁するではないですか。

これはジャガイモと一緒で
デンプンなんでないの? 
ヨウ素がないから染色できないけど
多少ザラッとして芋とよく似てる…

ハッ

(扁桃炎のオットのイソジンうがい薬があった
これでやってみれば良かったかもしれない)
って今書きながら思い出した始末

しかしもう栗が無い(T_T)

というか、デンプンて糖化したら流出しないの…?
関係なく流出するのであれば白濁=デンプン=甘味も抜ける...??

どうなんですかねーこの辺、
どなたかご存知ありませんか。

そもそも渋皮も剥いて調理する場合というのは
だいたい他に砂糖も入れたり(きんとんやその他煮物など)
モチ米と炊いたりして、糖分が補われているもんで
栗自体が甘いかどうかはあまり関係ないというか
…まぁ関係ないのかなぁー。

皮を剥いて調理する場合は
わざわざ低温貯蔵しなくても良いんじゃないか…
と思ったり。

そんなことを考えながら
全部の栗を剥いて、冷凍焼け予防の砂糖をまぶして
真空パックにしておいた次第
2018-10-08 20.12.39_R.jpg
これで栗ご飯も甘露煮も、いつでもできる

そして昨日農協で見つけたごま
2018-10-07 16.02.38_R.jpg
フライパンで乾煎りしたら
ジップロックに入れて冷蔵庫に保管。

ごまってほとんどが輸入に頼っているのですけど
ほとんどもほとんど、99%以上が輸入物なんですよねぇ
2018-10-08 21.48.22.png
ごまの主要国別生産量(かどやHPより借用)


国産のごまというのも探さないとなかなかないのに
農協ったら地場のゴマがあるという素敵さ加減。

2018-10-08 21.44.30.png
これはゴマちゃん(懐



nice!(18)  コメント(8) 

初秋の大アジ狙い 強風に苦しむ  [釣り]

7月、金沢八景から蒲谷丸でLTアジに乗ったのだけど
この時はあまりパッとしないというか渋めな釣果でした。
なにしろ船で釣りをするからには、しかも群れでくる
回遊魚を釣るっていういのに、渋いって、けっこうきつい。
前に9月に米元丸乗った時
コレコレコレ!という素晴らしい釣果だったので
リベンジマッチとしてまたしても米元丸に乗ってきました。
今回はまったりマンボウのLoveBeerさんもご一緒です

今回は長靴を新調
2018-09-06 21.36.16_R.jpg
左がこれまでの 右が新しいもの

(私は「これはイイ」と思ったものは
何個も何個も「同じもの」を買うもんで
オットに「パタリロか!」と言われているのだけど、
着るものを考えたり悩んだりするのは大変面倒なので
良いと判っているものを着続ける習性があります。
作るものの色合わせやデザインを考えるのは好きなのに。)

5時に出発、ということで八景だとゆっくり目。
3時45分に目覚ましをかけてお弁当を作って

5時ちょっとすぎ出っぱーつ
2018-09-08 05.18.49_R.jpg
朝焼けが綺麗

あー眠い
乗船してから出船まで30分ぐらい待機。
この間にオットは氷を2つもらって
重くなったクーラーを置こうとして
「やってしまった」

ぎっくり腰です。orz

エー 大丈夫ぅ?とか言いつつ
これには我々の世界での「体調管理しっかりしなよ」の
オーラがむんむんに込められています。

ま、大丈夫そうならいいか。
アドレナリン出てるから今は痛くないだろう。今は。

出港
2018-09-09 01.42.25_R.jpg

1個目のポイントに到着
が、この水面見てわかりますかね
海で遊ぶ人なら分かって頂けるこの強風、ってことですよ
2018-09-09 01.43.18_R.jpg
白波がザバザバと立ち、竿が揺れる

そして釣れない…

カモメが「早くしろー」と催促してくる
2018-09-09 01.42.53_R.jpg
時々、カタクチイワシが釣れるのでキープ。
LoveBeerさんにも頂きます。
「何するんですか?」
煮干しを作ろうと思って。
塩水で茹でてざるに上げて干します。
新鮮な煮干しは美味しいんですよー。

カモメはカタクチイワシが貰えなくて残念、
今日は私が頂きます。

優雅だわねー
2018-09-09 01.42.48_R.jpg

そのうち、左隣のLoveBeerさんに良い型があがります

そして右隣のオットも
2018-09-09 01.42.55_R.jpg
えー、両隣で釣れてるのに私だけ来ないー

オットは「赤タンで釣れている」と言うし
LoveBeerさんは「青イソメで釣れています」と言うし
もはやエサ関係ないんじゃーん
棚が合ってないのかなぁーーー

って言ってたらそのうちパタパタと釣れました
2018-09-09 01.43.10_R.jpg
どーん
2018-09-09 01.43.13_R.jpg
入れては掛かりで、ちょっと入れ食い

「さっきまで全然釣れていなかったのに
なんなんだ、いきなり一人だけ釣れてる」って言われるぐらい
ポンポンと上がります

しかしそれも10分ぐらいで終了…

いや~なにしろ風が強くて仕掛けも絡まる
釣りにならないー。

「反応はだいぶ良いです」というアナウンスなのだけど
掛からない。しかも大きさは20~27cmで、
昨年のギガアジとはちょっと違うんだな~~~

でも金ぴかの金アジで、これは美味しいぞ!という色をしている。

全然来ないなー… 置き竿でボンヤリしていたら
「来てる来てる!!」と言われてハッと起きる

寝てたわー 

コマセカゴ全然入ってなくて
スッカラカンなのにアジが掛かっていて
両サイドから「寝てても釣るってどういうことだ」
と物言いが付いた(笑。

しかし14時前まで、最後まで頑張ったけど
結局伸びなかった 

帰港します
2018-09-09 01.43.25_R.jpg
もはやバッシャンバッシャン飛沫が掛かって
濡れるというか痛いので、遅まきながらキャビンに避難

パスポート見せてください 「ワカラナイヨー」
2018-09-09 01.43.51_R.jpg
一人で正しく座っていてだいぶ笑ったけど
本人は腰が痛くてそれどころではなかったらしい

船宿が並ぶ道を通って
2018-09-09 01.43.54_R.jpg
ずいぶんと穏やか

なんだかんだで私は17匹。
竿頭が20匹だったから、まぁまぁ良い方。
オットは12匹。

ぎっくり腰で座りながらよく頑張ったじゃーん、と
斜め上から慰めつつ船を下りたら

!!
2018-09-09 01.43.56_R.jpg
すっかり老け込んでしまっているオット

あーた、こんな老人みたいになってしまって
「腰が痛いんだ…」 気の毒に…

LoveBeerさんとはここで解散。
ありがとうございましたー!


さーこの日はアジフェスでした。
2人合わせて29匹だから、いつもより少ないけど
そこそこ良い型だし、この日に全部食べ切る分としては
ちょうど良い。
2018-09-09 01.43.33_R.jpg
カタクチイワシは15匹。
2018-09-09 00.07.17_R.jpg
塩茹でしてベランダに出しました。

夜は友人たちがやってきて、塩焼き・フライ・なめろうで
お腹いっぱい、アジフェス堪能。

それにしてもギガアジには程遠かったなー
また来月あたりに行かねば。




nice!(25)  コメント(16) 

またしてもラミネート加工に出す [縫い物]

前回の加工をして以降
買おうかどうしようか悩んでいる間に
売り切れてしまった生地があったのだけど

ココで見つけた!

有輪の生地だから警戒していたら
意外と商用利用OKだったので大人買いしていた次第。

(生地にはバザー含めて、商用利用してOKな生地と
個人で製作して個人で楽しむ以外はダメですよ、
とか、個人の製作物であることを明記していれば商用OK
というように、条件が決められているものもあります。

有名どころだとサンリオとかディズニーなど。
ご親切に生地の耳に「製作したものを販売することを禁止」
と書いてあるけど、子供向けでないものは
いちいち書いていないので、販売店に確認が必要です。)

フリマアプリなんかでは
商用利用不可の生地で自分が作ったものを
売っちゃっている人もたくさんいるのだけど
私はそういう、著作権の侵害する行為は大嫌い。
他人の褌で相撲を取るヤツが大嫌いだーッ。


えぇと、それで本題に戻りますと

この大人買いした生地を含めて
生地をじゃんじゃんつなげて加工に。
今後はしばらく出さない予定。
クローゼットにもう入らない。

それでお盆を挟んだので1か月ぐらい経って
加工されたものが到着しました。

今回も87m。
2018-08-21 19.30.52_R.jpg

包装を解くのも一苦労
2018-08-21 19.35.01_R.jpg
それで、縫い繋いだところで裁断して1枚ずつバラします
もはや自分の目当ての生地がどこにあるのかわからない…

同じ生地でも3mと2mと1mで継いであるものもあるもんで
(バラバラのお店で買ったりもう少し買おう、と後日追加したり)
そういうのも正確に在庫を把握しておくために継ぎ目でバラシて
同じ筒に丸めるので、ズレないで綺麗に巻きとるのはホネです。

これ明日筋肉痛だなー、と思いながら
腕をワナワナさせながら巻き取って裁断して
繰り返していたら、出てきました

2018-08-21 19.54.20_R.jpg
わ~綺麗。やって良かった。


「カーチャン、オレ、手伝おうか?」
2018-08-22 20.08.40_R.jpg
はい大福ありがとうねー。応援だけしててねー。

「手、貸そうか?」
2018-08-22 20.08.45_R.jpg
コラ、ネコの手を出すんじゃない。

「ごめんなさい」
2018-08-22 20.08.55_R.jpg
大福だけはいつもこの生地をバラす作業に
付き合ってくれる

今回のエースたち
2018-08-21 22.39.54_R.jpg

----

しかし最近忙しい。
満員電車に揺られて研修に参加したり
台風のシーズンだからか
右の内耳がまた浮腫んでいますね状態に
ぼわーーーーーんとしていて、大変疲れる。

背後の気配なんかも察知できなくて
変な神経を使うというか、感覚がおかしいのを
どうにかカバーしなくてはいけないので
疲労感が強い。

漢方を再開しているものの
これまた眩暈に発展しないようにしておかねば…
漢方飲むと利尿作用があるもんで
夜中にトイレに2回も起きたりしてまた疲れるわけです。

ついこの前もこのボワーンとした変な音でもない音と
耳の下を引っ張られる感じに疲れながら、
イライラしつつお皿を拭き上げて方向転換したら
後ろにいたオットのお腹に思いっきり肘鉄を食らわせてしまった。

そんな近くに人が居たことにまた驚いたのと
ボヨンとしたお腹にも腹が立ってギャー!!! と叫んだら
同時に「痛い!! なにするんだ!!
だいたいギャーじゃないだろう!!」と怒っている。

これにまたイラッとして「なんでそんなところに居るのよ!
私の後ろに立たないでよッ」と言ったら
「おまえはゴルゴ13かー!!」とさらに怒られた始末。

フッ


っていう、台風シーズン。

「笑ってる場合か、謝れー」 え? なに? 聞こえないー


nice!(33)  コメント(16) 

いろいろの夏休み③ 2018 干し編 [漬物]

夏休みに入ったら雨ばかりで
梅が干せない。

けど、明らかに晴れだろ!という日に
干して出かけることもあったりして
半分ぐらい干しあげました。

あと半分は絶賛漬かり中。

十郎は大変柔らかい
2018-08-19 22.54.02_R.jpg
ボウルに梅だけ選り分けて入れていたら
その梅の重さで破けた梅がいくつか…[もうやだ~(悲しい顔)]

並べる並べる 
2018-08-19 15.12.01_R.jpg
1日で塩が吹きあげてきている
2018-08-19 15.12.35_R.jpg
綺麗ですねー
2018-08-19 15.12.53_R.jpg
気温は29度、風も吹いていて大変よろしい

正味1日半でヨシとしました
2018-08-19 22.50.13_R.jpg
甕にしまいます
2018-08-19 22.50.08_R.jpg

それであとは
7月アタマにやってきたあんず2kgちょっと
IMG_6225.jpg
これでシロップ漬けを作ります

1000mlの水に500gのグラニュー糖を溶解して
シロップを作っておきます

半分に割って種を出したあんずを
ザルに入れて、沸騰させたお湯に90秒ぐらい浸します

お湯から上げて竹ざるに並べて水気を飛ばして
煮沸したビンに詰めます
(種も1個2個一緒に入れる)
シロップを注いで脱気して完成
IMG_6312.jpg

で、ビンが全然足りない!
ので、あとのあんずはジップロックバッグに入れて
ジップロックの中でシロップ漬けにしておきます

これでドライアプリコットを作るぞ
干し杏の作り方に準じてやってみます
幸いぴちっとシートなら我が家はたくさんある。

それで3日ぐらいピチットシートを交換して
110度のオーブンで乾燥させます
(うちのオーブンは110度が最低だった)
2018-08-11 18.51.16_R.jpg
こんな感じに完成
2018-08-11 20.04.08_R.jpg
おいしいんでないのー

干し杏はオットの好物なのだけど
買うほどでもないし国産の干し杏は高い。

真空パックしておけば良いであろう
2018-08-20 21.36.02_R.jpg
こういうのをたくさん作った


おいしいなー



nice!(27)  コメント(20) 

いろいろの夏休み② 2018 釣り編 [釣り]

それで、夏休みどこも行かないのもナンだということで
1日は下田に行くことにしました。
誇宇耶のお蕎麦も食べないと気が済まない。

ところが出かけるときになって雨の予報に変わり
そしてそれがいよいよちゃんとした雨になるという
「日頃の行いが」とか言われるならば
心当たりが... 衣装制作の毒づきかなぁ?

午前1時に出るぞー、ということで20時に就寝したものの
私は23時半に目が覚めてしまった。

うーむ、やることがない。
ミシンかけるわけにもいかないしー。

お弁当でも作ろうかな?
夜中のコンビニでおにぎりを買うのも
何を食べるか想像がつかない。
要は「食べたいなー」ってならない。

そう思ったら、お米炊こう。鮭を焼こう。
って思い立ち、養鶏場の卵を4個使って
だし巻き卵を焼いて、小さいおにぎりを9個で
お弁当にしました。早朝分と朝分。

で、1時すぎに出発。

途中本気の雨で、
セカセカ動くワイパーが全く意味をなさず
大丈夫かなぁ~なんて言いながら5時頃和歌の浦に到着。
180812-044907_R.jpg
でも遠かった雷がだんだん近寄ってきました。
落雷の危険があるからなぁー

でもオットは「竿つかんでいなければ大丈夫」
ぐらいのことを言っています。

落雷はグラウンドにいる運動部員が事故にあうぐらいだから
恐ろしいんだと言っても「置いておけばいい」とか言って
全然聞いていません。「せっかく来たんだから」という
論点がずれたことを言って始めてしまった。
2018-08-12 05.13.59_R.jpg
これで事故にあったら私どうすればいいのかなぁー。
死んだらどうすればいいんだろとか
死ななくても後遺症が恐ろしいなーとか

助けてくださいとか言って周りも迷惑でしかないなーとか。
「っていうかあなたナースですよね
なんで旦那さん留めなかったんですか」とか絶対なる。

結局自己責任とか言いつつ、いろいろ各方面に
迷惑をかけるのは責任が取れない本人なのだ。

でもオットはこういうことに関してすごく頑固で
ただの喧嘩では済まなくなるので、
もう落雷したら落雷したでしょうがないっていうか
しょうがなくないんだけど、ここは無事に帰れたら
時間をかけて説得しよう、とオットが納得する資料を
ネットで見ていたら眠くなってしまった。

そして落雷の恐ろしさについては
つり人オンラインでもちゃんと出ていた
こっちにも載ってた

私はちょびっとだけ車から降りたけれど
過ぎたと思った雷がまた鳴るし雨もシトシト降っているし
投げサビキの投げをしくじって間近に落として即根掛かりして
怒られるという始末で、今日はやらない方が良いな!と判断して
基本的に車の中。

グー...と眠っていたらゴンゴンゴンゴン!と窓をたたかれて
「ハイッ!?」と慌てて叫びながら起きたら
「釣れたー」
2018-08-12 05.37.42_R.jpg
あら良いサイズのカサゴでないの。

また寝ていると、ゴンゴンゴンゴン!!
ビクッ
「釣れたー」
2018-08-12 06.13.04_R.jpg
あ、あそう。よかったね[あせあせ(飛び散る汗)]
なにそれメバル? マハタ?
「マハタなんだけど弱っちゃってて
小さいけどリリースできなさそうだなー」

そうなのね。じゃあ煮つけかなー。

グー

ゴンゴンゴンゴン!!
ハッ 「釣れたー」
2018-08-12 07.28.59_R.jpg
ヒラメ? ちっせー

これこんな寝てて良いのかな
というかあの人、落雷もそうだけど
落水してても分からないな、ってことになるな...

起きておかないとダメか

すごい雨だけども全然やめない
2018-08-12 08.28.53_R.jpg
写真撮るのに10秒窓開けると自分の腕が
ジャーッと濡れるぐらい雨が強い
2018-08-12 08.29.44_R.jpg
...なんていうか、どうしたもんだか...
こういう時、もう終わりにして片付けようとか言っても
まったく逆効果になるばかりだし
あなたのことが心配だと言っても
全然聞かないし、対応に苦慮するったらない。

日頃の下地作りしかないよなぁ~~~(タメイキ

そんなこんなで9時頃まで頑張って
河津の温泉に立ち寄ります。

はーなにもしていないのに疲れた。

そして誇宇耶に到着
2018-08-12 11.00.53_R.jpg
開店まで10分ぐらい待って入ります

辛味大根そば
2018-08-12 11.08.50_R.jpg
おかわりのせいろそば
2018-08-12 11.22.00_R.jpg
はー生き返る

ところどころ渋滞があって
気絶しながら家路につきます

御殿場あたりで新東名を作ってて組み上げたものを
作った柱に付属させていくんだなー、なんて思ってたら
ちょうど富士山が見えてなんだかラッキーな気持ちになる
2018-08-12 14.33.54_R.jpg

それで16時頃無事に帰宅

本日の釣果
2018-08-12 17.20.52_R.jpg

「ボクは少し寝る。夕飯は21時頃希望。」というので
ご飯タイマーをセットして時間までチクチク縫い物。
リクエストに応じてマハタはお刺身にして
シロギスは天ぷらとカサゴは煮つけにした次第。

なんとも贅沢ですなー、っていう材料で
おいしくいただいて満足。

夏休みのレジャーらしいことはこれだけ(笑。

私は車の中に居たので釣りもしてませんし
温泉に立ち寄っておいしいお蕎麦を食べて
新鮮な魚を調理して食べた。…だけ?

だけです(笑。
けど他に家ではドライアプリコットを作ったり
梅を干したりできたのでヨシ。
これらについてはまた次のエントリで。

あんたたちは平和だわねー
2018-08-13 18.43.43_R.jpg
我が家のエース大福と、小柄のカリンちゃん



nice!(13)  コメント(6) 

いろいろの夏休み① 2018  縫製編 [その他]

お盆に夏休みを取りました。
オットは丸々9日間休み、私は5日間の連休です。

その一週間前は夏休みと週休を使って
3日間外部の研修に出ていたのと
この研修が冷蔵庫の中でやってるのかというほど寒くて
皆さんパーカーとか着ちゃってるのに
会場運営している会社がちょっとアレなおかげで
体調を崩してしまいそうな疲れが出て酷かった。

あー疲れた疲れたと思いながら夏休みに入る前に
例のヤツがやってきた。
去年もなんだかんだ結局完成させてしまったブツ

…手を貸すっていうのを
どうやって捉えているのかという話ですよ。

私だって高校の時の家庭科なんか2ですよ。
ちなみに10段階で。
みんな「お母さんにやってもらっちゃったよ」とか言って
7とか8とかもらっている被服で「2」。
調理はヨシとして、被服。つまんないんだもの。
絶対着ないだろうっていうスカート作ったって
ゴミ作ってる感しかなくて、作りたい動機はまるでなかった。
家庭科で赤点てナイから、普通。

で、去年その「手を貸す」から結局なし崩しで
完成させてしまったもんで、今年もすっかりその流れで
製作することに…

不本意。

なんでまた不本意かというと、学校の姿勢。
去年も書いたけど
教育現場がどうなってしまっているのかという。

毎年盗難被害が起きているという注意書きがまたあるのだけど
「自分の体型に合わせて裁断してください」っていう
手作り衣装を盗むっていうのは状況としてだいぶ酷だ。

背格好が同じような人でもう縫製が済んでいる人で
縫製ミスのリカバリー跡みたいな特徴がない人で
私物の管理がちょっとできていなくて隙がある人で…と
計画的に「盗める対象者」を品定めして
チャンスを狙って盗んで、何食わぬ顔で自分が着る。
そして被害にあった学生は努力が報われないし
(自分で縫ったらの話だけど)結局どうなっちゃってるのか。

こんな悲しい事象を把握しておきながら
なぜ毎年の盗難騒ぎについて誰も何も発信しないのか。

衣装製作が出来ない子供が盗みを働かざるを得ない状況を
把握しながら放置している学校や親に対して、涙が出る。

縫製ができない人は家庭科部がやります、とか
いくらで代行業者に頼みます
費用は体育祭の予算から出します、とか
なんらか救済処置があってちゃんとみんなが
楽しんで安心して製作に臨んで、自分たちの手で祭を
完成させる、というレールをつくってやらないのはナゼなんだ。
ナゼ支援してやらないんだ。

成績が良ければそれでいいということではなくて
人を作っているんじゃないのか学校は。
そして学校が何もしないのに対して親も何もしない。

大人自体が、とりあえずその年1回の行事が終わればそれで良い
と思っているから、「自分でやらない」こととか
「盗み」ということ自体を放置している。
ってことですよ。誰も問題視していないし
なんだったら「盗まれる方が悪い」と思っているから
「管理をしっかりしてください」という注意書きになる。
「縫製が困難な人は相談してください」だろう。

ちーがーうーだーろーッ!! 

教育現場でこういうことが毎年繰り返されているということに
本当に絶望的な気持ちになります。

でも縫製が困難な人、って言ったら
みんな「私も」「私も」となるだろう。
今の時代、みんな忙しいんだから。

ってことはよ。「できない。」それだけないんじゃないの。と。
「最近の時代には合わない。」ってことで
辞めればいいだけなんでないですか。

これは大人の手抜きですよ。
そういうのは、ちゃんと選べる手段をいくつか提示してやって
本人たちが明らかな動機を持って臨めるように
選ばせてやればいい。

だって子供たちはまだ経験がないから
「毎年やってることだからやらないといけない」
と思ってしまっている。

①やる→自分たちでやる
   →出来ない人は業者に一括で頼む・予算の出どころについて検討する
②やらない

って選ばせてやれよと。
大人が大人としての責任を果たせー!!!!!
他人に迷惑をかけることを選択肢に入れるなーッ!!!

と思うんですけどどうなんですかそこんとこ。


で、いよいよ製作。
またサテン生地のくせにパーツが多い多い。

サテンつーのは線を引くのも大変なんですよ
すぐヨレヨレするし色が乗らないし
竹のものさしってまたチョビっと浮くでしょうー。
ギリギリしながらとりあえず線引き。

そうしたら2㎝ぐらい足りないパーツとか出てくる。

へ?

と説明書見たら
「足りない場合は均等に〇等分してあれば大丈夫です」

!!!!

大丈夫じゃないんだよ。
こんだけ苦労して線引かせておいて
足りない場合は、じゃないんだよ
イライライライライライライラ

コメカミがゴリゴリなりながら裁断してロックミシン
2018-08-11 16.21.40_R.jpg
あらっ なんかおかしい!
と思ったらロックミシンの糸が無くなってる!
糸掛けどうやるんだったっけ、説明書…
糸!! お前もか!!

収まらない怒りでまち針ブスブス刺しながら
家庭用ミシンをジャージャーかける。
2018-08-13 11.05.44_R.jpg

アラッ
前身ごろと後ろ身頃合わせると肩の幅が違う。
…そんな型紙あるかー!!!

とか、4つのパーツを合わせてパンツを作るのに
縫い合わせたらおかしい。脚出るところココか…?

「こんなごぼうみたいな脚の高校生がいたら
栄養失調で虐待を疑う」みたいな感じになって
母にラインで写真を送ってみたら
90度回転させなくてはいけないことが判って
全部リッパーで解いて縫い代も足さねばならぬ、
ってことになって
イライライライライライライラ

全然進まない。

でも早く縫ってしまわないと私の夏休みが
ただの格安労働で終わっちまう。
「ご飯どうするー?」 

内心、ハァ?! ご飯?!!
そんなもん食べて体温上げてボーっとなったら
集中力が切れるんだよ、っていうか
またココ片づけないといけないじゃないの!
って思いながら

(そもそも自分の作業場でやればいいだけなのだけど
絶対的にリビングの方が作業スペースがあるもんで
進出してくるという負い目がある)

「ペペロンチーノが良い」←要は何も買い物せずに
簡単に出来て簡単な片づけで一皿で済むもの、
そしてオットが作れるもの。
っていう(笑。

家庭も崩壊するっつーの。

1日2時間×2日間+1日10時間×3日間
合計34時間でブツは完成して納品しました。

34時間!! 衝撃的。

今年は自分としてもちょっと忙しい。
なのに赤の他人の作業に自分の時間を34時間も費やして
しかもやることに意義を全く感じていないどころか
学校教育に対する怒りが大きすぎて
全然楽しめなかった。というのが正直。

もーね、いろいろ毒づいてしまったけど
窃盗のことを考えるといたたまれない気持ち。

縫い物について出来ない生徒がどうか、なんらかの手段で
救済されますように。犯罪に手を染めなくていいような
計らいがありますように。

これしかない。



nice!(11)  コメント(0) 

本日も干しております [漬物]

曇りとか雨が降るとかいう予報に反して
なんだー、干しておけば良かった。という天気が
続いております。

台風はUターンしていき先日の豪雨の地域に
さらに被害が及ばないことを祈るばかりです。


先日の梅ちゃんたちは無事に甕に取り込みました。
2018-07-22 18.31.07_R.jpg
これは泡が出かかった梅酢の樽分だったので、
1日目に梅酢に戻すということができなくて(破棄したから)
色としては薄め。

だけど味は大層おいしい。
このほかに紅映も干し終わった。
今年の紅映は皮が本当に薄くて薄くて
皮膚剪断してしまう老年期の患者の手みたいで
実際に恐ろしいほど破けたので、これはちょっと
良いことを思いついて←本当か?
とりあえず取り込んで画策中。

そしてコチラは甕で漬けた方の小田原南高。
2018-07-29 13.29.34_R.jpg
昇珠園のものです。

夕方までバッチリ干して
2018-07-29 17.20.54_R.jpg
ラップを半分だけかけておいた梅酢←温かい
の甕に戻します
2018-07-29 17.25.41_R.jpg
これで染まりも深くなるし、底の方で
紫蘇が当たっていなかった分のオレンジ色のも
良く染まります。夜中にまたザルに並べよう。

さて、干している間は外に出るわけでもなく
かといってゴロゴロできるほど暇でもありません。

夏は忙しいなー。

そして今、自分の部屋を片付け中です。
先日は小箪笥を寝室に移動させたら
オットが「なぜ今まで片づけろと言っても聞かなかったのに
急に始めたのか」とか言ってきて
あげくに「クローゼットの中のものも捨てな」とか
指示してくるもんで、日々小競り合い。

捨てるかどうかは私が決めることで
アンタの陣地に侵入してるわけでもないのに
何でそんなことを言われないといけないのか。
越権行為だ!!とか言って←なんの権力か知らんけども。

でも、なんだかんだといろいろ増えたものを
どうにかしないとなー、とは思っているのです。
社会人になって寮で使っていた机もサイドボードも
粗大ごみで捨てよう。

メルカリにそこそこ出して売れるものは売ろう。
あと、押し入れも押し入れとして活用しないと…

災害用の食料とかネコのキャリーとか
畳んでOKな帆布とか、そんなのが衣装ケースに入って
積み上げられているのです。

うーむ。

そして冬以降、チビチビ買ってため込んだ生地を
そろそろ加工所にお願いしないといけません。
衣装ケースには入る余地がないので
そのまま積み上げていたのだけど
なんたって、普通の生地を埃やネコの毛がつかないように
保管をする、というのは大変なことなのです。

ビニールにしっかり包んでいても
ネコは容赦なくガサッガサッと引っ掻いてくるし
積んだ上でグラグラしながら寝てたりするし
何度もタワーが倒壊して賽の河原みたいになっていたのです。

生地をつなげたいから手伝って、というのは
だいたい週末になるのだけど
このところ梅だのなんだの、お客さんが多くて
オットも掃除に疲れていたもんで「今週は無理」
「今日は無理」とか言って断られていました。

でも前々からちょくちょく言っておくと
プライオリティが上がってくるっていうか
「やることリスト入り」っていうか
なんかしらないけどやってくれるから
今週こそ!と声をかけたら「しょうがないなー」と
協力を得られました。

よーし、今日はコレやるぞ
作業部屋からリビングに運んできた生地たち
2018-07-29 14.37.21_R.jpg
だいたい1~3mぐらいずつ、長いのは5mぐらい。

改めてフローリングに掃除機をブンブンかけて
猫の毛と埃を除去してからミシンがけ

じゃんじゃんつなげてこのように
2018-07-29 16.07.26_R.jpg
入念に手洗いしたオットに
生地を持っててもらって、このように畳んだ
2018-07-29 16.33.37_R.jpg
…左上に餅君の手が写っている…

金時はすっかりドアを開けることができるようになってしまって
今日も開けてみんなを入れてしまったのだけど
畳み終わった頃だったから良かった。

リビングの仕切りのドアに鍵を付けないとダメかなぁ~~

金時のドアオープン芸はコチラ

モチ君が向こう側からドアノブを見つめているだけなのに
金時はこっち側からなんかゴミ箱の上に乗って余裕で開けるし
向こう側からだってジャンプして必ず開けてしまう

向こうからの大福の要請で、ただ開けるだけ

開けたらちゃんと開いたことを確認して去る始末で
頭が良いにもホドがある。



nice!(23)  コメント(12) 

土用干し始めました [漬物]

暑い。

全国で熱中症にまつわる死亡者や搬送のニュースが
入ってくるけど、それについて書こうと思ったら
もはや学校への怒りしかないので割愛。

さて7月の半ば、また産直マルシェに寄ったら
群馬の梅がありました。
群馬の梅は遅くまで出ているのは過去のエントリでも
書いたものの、最近は見ていなかったから
この暑さでさすがの群馬も…と思ったら
7月10日~17日ぐらいにたくさん出てきていた。

それで1kg持ち帰る
2018-07-12 19.01.38_R.jpg
今年は私はシロップは作らなかったけど
やっぱり作ろう。

氷砂糖は500gぐらいしか入らなかった
2018-07-12 23.06.13_R.jpg
左は去年仕込んだシロップ。
今回果実酒瓶を空けるにあたって細長い瓶に移した

翌日、梅が少し萎んで死腔がなくなってきたので
氷砂糖追加投入
2018-07-13 23.02.01_R.jpg

2日で梅から水分がたくさん出ている
2018-07-16 23.04.35_R.jpg
この左のはやっぱり去年の梅シロップ
梅の実は種型にぺちゃんこになって底に沈んでいる

梅シロップは一度だけ青梅で作ったことがあるけど
後はみんな完熟梅。梅干し用に買ったものの中から
シロップを仕込むから。

完熟の方が香りが良いように思うけど
青梅は1か月ぐらいで飲んでしまったから
もはや比較ができない(笑。


そして梅干しはどうなっているのかというと

さーて昇珠園の南高5kgは… むむっ
2018-07-19 21.23.49_R.jpg
先月掃除をしていて、樽をまとめたくなりました。
ジップロックに過熟の昇珠園南高梅を漬けていたのを
樽に合流させたのだけど、泡が浮いている。

この10日ぐらい前にもおなじように泡をいくつか見つけて
ザルとキッチンペーパーで濾したのだけど
今回2回目。

これは産膜酵母の元でしょう。
これあと3日ぐらいするともやーと表面に
膜張ります。

合流させるんじゃなかったなー。
いらんことしてラップ開けたからだなー。

よし、干そう。
もう1か月ちゃんと漬けたし、干す。
本当は9月に干す予定だったけど
これは外気温39度の世界でギッチリ熱にやられてもらいます。

表面のこの泡を除去して、ざるに並べます。
匂いは良い香りです。

(発酵するとシンナーみたいなセメダインみたいな
変な匂いになる)

2018-07-21 12.48.47_R.jpg
1日目の日中
2018-07-21 12.52.26_R.jpg
やっぱり梅のタチが良いもんで見るからに美味しそう

それでこの日は土用だったから、夕飯は鰻。
土用に干したの初めてかも、と言いながらうな重です。
2018-07-21 21.47.58_R.jpg
この鰻は去年、実家からもらった
冷凍の鰻を大事に取っておいたもの。

なんやら良い所の鰻だったもんで
気軽く「今日鰻にしようよ」とか言ってくるオットから
守り抜くのが大変だったのだけど、もうこの日は
この鰻を今日食べなくていつ食べるんだという
鰻日和だった。とても美味しい鰻で、満足。

それで2日目の梅ちゃん
2018-07-22 14.55.09_R.jpg
今回の梅酢は泡の件もあったので
破棄してしまったから、1日目に戻すってことが
できなかったのだけど、十分色も良いし
塩の拭き上げ加減と皮の感じからして
2日で完成で良さそう。

とりあえず第一弾、終了。
あとは和歌山の南高5kgと、昇珠園の十郎8kgと
埼玉のべに梅と福井の紅映。
埼玉と福井は2kgずつぐらい。

8月になったらまた台風がやってきて
不安定になるし、やっぱりその他は9月で良いかなぁ。
今の灼熱の太陽で時短天日干しでもいいものかなぁ。

ちょっと天気を見ながら今後のスケジュールを検討します。




nice!(16)  コメント(10) 

ドクダミを煎じる [おすすめ]

先日喪服で山のドクダミを刈ってきたという
エントリをしたのだけど、その続き。 ← 続くんです。

ドクダミは化粧水の他、お茶にします。
お茶と言っても洗って干したドクダミを
適当に好みの長さにカットして煮出すだけで
何かの技術というのは不要なもの。

強いて言うなら、腐葉土の付いたドクダミを
根気よく洗ってビニール紐で束ねて
雨に注意しながら干すという面倒な手間がかかるぐらい。

でもこれらは私にとっては毎年の
大事な手仕事の一つです。

ドクダミ茶は福岡に住んでいたころは
とてもメジャーな飲み物でした。

小学校には水筒を持ってきて良い、という
決まりがあったのだけど、クラスのうち
麦茶が半分、ドクダミ茶が半分、というぐらい
ドクダミ茶は「普通の飲み物」でした。

私の家はピーピー豆だった時もあったけど
(確か昔エントリしたな)
ドクダミ茶ってのはあまり文化としてなかったなぁ。

けど、なんだかかわいらしいし
よく調べたら十薬と言われるほど
多くの薬効がある。

買おうとすると高いんですよ、ドクダミ。

これがワンコとの領地争いにならない場所に
生えている、となったら喪服であっても
ドクダミは刈って帰る。ってものです。

さて、カットしたドクダミはこのような土瓶で煎じます。
2018-07-01 23.07.25_R.jpg
これは常滑で買ったのだけど萬古焼の行平鍋

むかーし、こういうの実家にあったけど
今どうなっているんだろう...

「美人になるよ」って言われてヨクイニンとか
マズーと言いながら飲んでたけど
顔の骨格的に美人になるわけではない、と
いうことに気づいてからは
すっかりやる気を無くしたものだけど…

それで、このように葉っぱを入れる
2018-07-02 11.49.40_R.jpg
最弱火にして1時間ぐらいタイマーセット
2018-07-02 11.50.33_R.jpg
これこのように
2018-07-02 12.32.39_R.jpg
茶色く透明のお茶として抽出されています

私はドクダミ茶は常温が飲みやすいのでこのまま
マグカップでゴクゴクと飲みます
2018-07-03 23.16.04_R.jpg
残った葉っぱはガーゼに包んで
お風呂に入れると独特のぬめりが出てきて
湿疹やアトピーの痒みを落ち着かせてくれます。
極端にお湯がマイルドになるという感じ。

(丈夫な肌の人はお風呂のお湯が痛いと感じることは
ないのかもしれないけど、私なんか皮膚が弱っている時は
入浴剤無しの一番風呂なんか入ろうものなら
痒くて痒くてその後絶対眠れなくなる)

ドクダミは生のままだと匂いがあるし
乾燥させようが煮出そうが嫌いな人は嫌いだけど
私はこの匂いは好きです。
← 消毒薬の匂いに通ずるものがある

一説には毒を矯める(ためる=治す)からどくだめ、
とかいう由来もあります。

その他、化粧水にしたりドクダミ石鹸を作ったりして
毒、入る余地なし。

ドクダミでデトックス、とか言うと
山を魔界かと喜んでるのも相まって
本当に魔女みたいだけど
ドクダミは良いよーっていうオススメ。


※ 収穫の際はヤマビルに注意。




nice!(30)  コメント(28) 
前の10件 | -