So-net無料ブログ作成
検索選択

ダイニングチェアでセット完了 [家]

このところの散財について

私の仕事の鬱憤やらストレスやら、
とにかく良くないものが蓄積しています。
自分の努力が実を結ばない時というのもあるし
何年か先に実を結ぶこともあるだろうとか思いつつ
やはり納得がいかないこともたくさんあるし
でもそういうのを振り払って、後期また頑張ろうということで
糸目だらけの台所事情がありつつの買い物でした。


そんなわけで、椅子が到着
2016-11-17 09.33.45_R.jpg
これもテーブルと同じで1930年代のオーク材です。

背もたれのデザインもよろしいねぇ
2016-11-17 10.38.11_R.jpg

脚の彫刻デザイン
2016-11-17 10.35.13_R.jpg
ブルボースと言われる球根状の形にはお花の彫刻がされています

テーブルのヘリにも同じような彫刻
2016-11-17 10.35.25_R.jpg

だいたいこのようなものは椅子だけ、とかテーブルだけ、でなくて
ぶどうの彫刻のテーブルとイスのセット、みたいな感じで
テーマを決めたセットで作られたものらしいのだけど
現代まで揃っているというのは割と珍しいもので
だいたいバラバラになっているのがほとんど。
椅子も色々なお店で探したけど、4脚セットというのだと
急に限りが出てくる。1脚か2脚か、がほとんどで、
しかし逆に6脚だとあったりするのがイギリス仕様。

テーブルの脚のデザインはボビン&ターニングレッグ
ということで良いのか、ちょっと謎。
ボビン&ターニングレッグの代表的なものは
もっとボビンが連なっているような感じが多いし
でもこの脚は以前買ったパブスツールの
脚のデザインと同じような感じ
m_2015-07-182011_29_13_R-de7a8.jpg

ブルボースのデザインだって
最初に流行したのは16世紀~17世紀初めらしいから
そうすると1501年~1600年とちょっと、
というだいぶ幅のある時代のものがリバイバルされたのだろう。

1930年ごろの製作という情報からすると
産業革命で機械化が進んだ頃に
1630年頃までのの昔のデザインを模して造られたもの...
...なのかもしれない。

そもそも1930年だって古いものだし
だいたいにして家具屋さんだって
イギリスから付いてくるレポートを主にしているのだろうから
「その辺はむにゃむにゃ」となっていて
あまりツッコまれても困るだろう...とかいって。

建築とか美術とか学んでいる人は
詳しいのかもしれないのだけど
今まで調べたところだと、1930年代と言いつつ
なぜこのデザインなのか、とかいうのが不明瞭で
骨董品というのは「骨董品を模したものでありつつ
それ自体が骨董品になりつつある」みたいな感じで
どうも難しいのでいずれ図書館などでちゃんと調べてみたい。


そんなこんなで家具の買い換えを含めて
ようやくひと段落。

ケチケチ進めると時間がかかって仕方がない
2016-11-17 09.42.57_R.jpg


こうやって見ると良いとこのネコに見えなくもない
FullSizeRender_R.jpg
これは今までの椅子 ボロボロで完全にノラ猫状態...
2016-11-17 09.51.10_R.jpg

...本当はロシアンブルーが座るための
バルーンバックチェアとか欲しいのだけど
これまたお値段が...

これ候補
1601011800.jpg
ロシアンブルーはオットとオットの椅子が好きで
いつもオットにベッタリ。
PCチェアはすっかり取られてしまって
困ったオットはボロボロのダイニングチェアの1つを
持って行って、すっかり哀愁漂うオットコーナーになっている。

ボロボロダイニングチェア、粗大ごみにしちゃったら
ロシアンブルーが座る椅子が無い。

うーむ。
しばらく足踏みミシン用の椅子で我慢だな...
←ロシアンが我慢するのかオットが我慢するのかは
オットの説得次第。



予定はしていたものの散財する [家]

夏休みです。
まぁ毎年誕生日近辺のこの時期に戴いております。

いつも伊豆に釣り合宿的な過ごし方をしますが
今年はチビッ子のネコが居ますので1泊旅行のみの予定です。

だからという訳ではないのですが
ついにダイニングテーブルを買ってしまいました。

今まで使っていたテーブルは幅が1480mm、
大人が4人座るとビッチリ、5人だともはや溢れてしまう。
対面幅は800mmで、転居当初なんか
オットとの対面距離が近くないか?と思ったら
それまでのテーブルより50mmも近くなっていたのでした。
狭ーい。

なんだかんだとお客さんがやってくる我が家、
なんか良いテーブルがないかねぇ、とは言っていたものの
真剣に考えていませんでした。

しかし以前、足踏みミシンに合う
パブスツールという椅子を購入したケントアンティーク家具
ドローリーフテーブルが出ていたのが夏頃。
欲しい。独身の頃使っていたエクステンションテーブルと同じ構造で
人数が増えるとズルズルと天板を引き出して広げられる。

普段は幅1520mmだけど、引っ張り出すと2280mmって良い!!
奥行830mmかー。これも良い。

しかしいかんせん、値段も良い。

こちらが出せるギリギリの予算をお店の人に伝えるて相談すると
似たようなデザインのものでこれから修理するもののリストを
送ってくれたのだけど、やっぱり「コレ」というものは
最初のテーブルであって、それを超えるものは無い。

はーーーーー。.……。はぁ。

半年過ぎたけど、まだ在庫がある。
夏休みの過ごし方云々の検討をしている時に
テーブルの購入はどうかしら。とオットに話してみると
「んー、いいんじゃないのー。」

エッ

気が変わらないうちに!!と手続きをすると
消費税とか配送料とかで5万ぐらいUPしてしまって
一応また「そんなこんなだけど、それでも良いか」と聞くと
「えー、じゃあ辞めておいたら。」

.....…ショボーン

ですよねー。

はぁ。
黙ってクリックできなかった...。

翌日「じゃあ買えばいいんじゃないの。
夏休みどこも行かないんだし。あと椅子だけなんでしょ。」

!!

今度こそ、注文手続きクリーック!!

そんなわけで届いたのがコチラ
2016-11-07 20.31.14_R.jpg
横にはちょっとしたカービングがされています
2016-11-07 21.18.03_R.jpg
これはイイ!!

しかし、今までのダイニングセットの椅子だと
テーブルがちょっと高くて座りにくい。
だいたいにして今までの椅子ときたらモチ君が
バリバリバリバリと爪とぎにしていて
合皮がボロボロ。

やっぱモケットにしないとダメよね~~。
お店の人に、テーブルに合う椅子を探してほしい、
予算はこんだけしかないんだけど...というメールを出してみると
「静岡の倉庫を探してみます」というお返事を頂けました。

週末、新幹線の切符を取りに行くというオットに
「目黒のお店に出かけてみよう」と言うと渋々了解するオット。
我々にしては超珍しく都内に、しかも都心にお出かけです。

コチラがケントアンティーク家具のお店、目黒店。
2016-11-13 14.48.19-1_R.jpg
ダイニングセットなんかは2階にあって
見に行くと「あーこれは綺麗だな」とか言ってるオット。
ちょこちょこといろんな椅子に座って高さなんかを確かめる。

オットが気に入ったのは素敵な彫刻のモケットの椅子だけど
脚のデザインからして1910年代の、
テーブルよりももっと古い時代の椅子だったし
1930年代の無骨な感じとはちょっと違う。
(そもそもアメリカの法律でのアンティークの定義は
100年以上経過とあるそうだから、1930年というのは
もうちょっとで100年てことで厳密にはアンティークとは言わないけど
きちんとリペアして使い続けることができる価値のある家具という意味で
アンティークで良いと思われる)

私はこれだーッ! という椅子のセットは無かった。

もう帰ろう。としたのだけど一応お店の人に聞いてみる。
先日ドローリーフテーブルをネットで買って
椅子の問い合わせをしたツケモノです…と言ってみると
その人がメールのやり取りをした人で、店長さんでした。

私が依頼していた内容でリストを作ってくれていたのだけど
今一つピンと来ないものが続く中、ハッとする素敵なセットがありました。
オットも横で「これ良いなぁ」と言ってしまう。

しかしこれまたお値段が良い。

あのー。よそのお店で申し訳ないんですけどね...って
他のアンティーク家具のHPから良いと思って
ブックマークしていた椅子を見せる。
それでも当初の予算の倍ぐらいだから諦めていたのだけど。
デザイン的にはこういう感じで、値段はこれより安いと良いのだけど。
って見せると、「ウーム」とアゴを抱える店長さん。

あと全然別件で関係ないのだけど
以前コチラで買ったパブスツール、
アイロンを上に落としてしまって座面が溶けてしまったので
張替をお願いしたいのだけど、それはいくらかかるものか。
と聞いてみると、4800円+往復の送料で8000円ぐらい。
まぁそれはお願いすることとして、椅子のセットは
やっぱり値段の折り合いが付かないからねぇ...

なんせテーブルと同じぐらいの価格に尻込みする我々。
店長さん、電卓叩く。

パブスツールの張り替え込みで送料も込みで
現金でお支払い頂けるのでしたら、っていうので
これでどうでしょう。

これまでここのお店で買ったのはパブスツール、
ブックケース(食器棚として)、ドローリーフテーブル。
これらの買い物をしていなければ絶対に出ないであろう価格で
これはもうまさに人から買う感じの買い物だった。

良いんですか。と店長さんを見た後、オットも見てしまう。
「まぁ...いいんじゃないの。」と許可が出た。

この日に入金すれば最短で手配します、ということだったので
テテテテテと駅前のATMまで移動してお金を引き出して
お店に戻って入金を済ませて、ついに購入してしまった!!

全然予算オーバーだったけど!!
最初にメールした予算の倍以上だったけど!!
でも素敵な(多分)椅子が買えた。

現在静岡にあるという椅子のセット、
当初は目黒に送ってもらって、そこで実物を見てから
購入手続きをする算段だったのだけど、
写真でけっこう詳しいのを見ることができたことと
これまでの買い物で修繕の腕とか雰囲気は良く分かっていたので
直接静岡から自宅に送ってもらうことになって完了したのでした。

あ~~ヤレヤレ。

今の家に住み始めて2年目だけど
これで予定していた買い物はみんな終わったはず。
本当は椅子は来年の夏に買う予定だったけど早まった。

今年も味噌とか石鹸とか、各種ワークショップが開催される予定で
その作業をするのに広いテーブルだったらすごくやりやすい。

オットは「なんかすっかり騙されちゃって
結局椅子買うことになって…」と苦笑いしていたけど
二人して気に入った素敵な椅子だし
買うことは決まっていたわけで、そこに出会いがあったなら
まぁそれでヨシとしよう。

二人して都心に出かけるというのは本当に久しぶりで
帰りに目黒駅まで歩きながら何人か不思議なファッションの人に
「東京ってすごい人がいるんだね」って言いながら驚いたりして
疲れた疲れた。

「田園都市線に乗るならしぶそばでしょ」って
帰りに武蔵小杉でわざわざ降りて構内のしぶそばでたぬき蕎麦。
2016-11-13 17.29.22_R.jpg
1か月にテーブルとイスだけであほかという出費に
グッタリしながらも、楽しみな椅子は明後日到着の予定です。



ユザワヤのニュースに思うこと [縫い物]

ヤフーにユザワヤの閉店が相次いでいるというニュース
が出ていて、やっぱりそうなるよなぁと思った。

2012年にこのブログで「最近バンバン新店舗を作っているけど大丈夫か」と
要らぬ心配をしていたのだけど、大丈夫じゃなかった。

私は子供の時分に横浜市の京浜東北線沿いの社宅に住んでいて
時代としては専業主婦が主で、働いているお母さんというのは
兼業主婦とか共働きなんだってー、って結構珍しかった。

それこそ看護婦さんだからとか自営業だからとかで
放課後に遊びに行くと「今日のおやつです」って
置手紙と一緒にポテトチップスがお皿の上に袋ごと置いてあって、
それを友達がザリザリとお皿に出してテレビを観ながら食べる、
というのはアメリカ映画みたいで結構憧れたものだった。

我が家は必ずと言っていいほど、
帰ってくるとお母さんは当たり前に居て
おやつなんか無い時の方が多くて
「お茶にしますよー」って呼ばれて行くと
本当に温かい紅茶だけが出されていたし
おやつがある時というのは母と一緒に焼いたクッキー、
というのがいつもだったし、一度焼こうものなら
それは3日ぐらいかけて、ちょっとずつ湿気ながら
無くなるまで食べなくてはいけないものだったから
本当にウンザリするものだった。

それで、母がやっていることはいつも編み物か
三越あたりのデパートの包装紙から型紙を取ったり
取っておいた型紙を生地に乗せて裁断したり
ミシンをかけたりスパンコールを付けたり

まぁ、手芸というか取り立てて手芸とかいうより
家事の一部みたいな感じで、だいたい毎日そんな感じだったというか
そういう時代だった。

時々、京浜東北線で蒲田まで出かけて
ユザワヤに行くのだけど、子供なりに面白いというか
ビーズならビーズばっかり、こんなの見たことない!!
というたくさんの、そしてすごく綺麗なのとか
1粒800円とかするような高いものまであって
「ここに居る? じゃあ待っててね」って母は別の売り場に分かれて
私はビーズ売り場の前でボンヤリと眺めているうちに
母が「なんかいいのあった?」って戻ってきて、
1個だけなんかしら買ってくれたりすることもあった。

小学校の高学年になって家庭科で裁縫が出てくるとかなると
友達同士で蒲田に出かけたりすることもあって
生地を買うにも値段と柄とか、ものすごくたくさんあったから
最寄りの駅ビルの手芸屋さんより蒲田のユザワヤに行くのが
普通だった。

ファスナーにしてもものすごい種類と色が揃っていて
ちょっと大きな手芸屋さんでは揃わない色が見つかったりするし
何かのパーツを付けたいと思っても、ユザワヤまで行けば
なにかいいのがあるかもしれない。っていうほど
ユザワヤには無いものがなかった。

それだけ「ユザワヤに行けば見つかるだろう」
という安心があったのだけど、大人になってから出かけた蒲田は
ずいぶんと縮小されていて、アレ?という不安は棚にも出ていた。

スカスカに置いてある棚と、いろいろあるハズのサイズが
「これしかありません」という感じに並べられていて
「今欲しいから」「実物を見て買いたいから」という理由で
実店舗に出てきた意味が無い品揃えに、エー大丈夫かなぁ。と
ガッカリしたのと、ネットショップに負けそうな雰囲気に
時代の流れに取り残されている感じがした。

横浜店なんか出来た時、神奈川県の旗艦店という触れ込みだったのに
ガッカリするにもホドがある品揃えというか、その程度だった。
そして近所のショッピングモールなんかにも入るものの
定まらない方向性というか、「わざわざ作らないと無いから作る」
というのには全く向かない、ごく一般的なものが少ししかないお店に
「その日に欲しい糸が無いとかいう時ぐらいしか行かない」に
なってしまった。

それぐらい、今はネットショップが台頭してきたし
そもそも購買層としては昔の専業主婦みたいな人は
少なくなっているわけだし、貧富の差もハッキリしてきたから
作る方が高い、という時代にわざわざ作るというのは
よほどその「わざわざ」に対応できなければ成り立たないのではないか。

それこそ、昔の専業主婦なんかはまだ元気だし
お金も若い人よりよっぽど持ってる。
だけど、細かい作業をするには「老眼」という
老化現象が肩凝りを増幅させるし、やっぱりそこでも
「今はわざわざ作らなくても良いもの買えるから」。
でも、バッグがちょっと壊れたとかちょっとほころびたとかいうと
治すだけの技術も持ってる。

ネットで作品を売るというのも流行らなくて閉鎖とあったけど
それこそこういう人たちが作った完成度の高い作品を
「実店舗で」委託販売すれば売れると思う。
ちょっと余った時間で編んだセーターが
委託で売れた、ってなれば、「孫になんか買ってやろう」って
作者も増えるだろうし作者が購買する材料はもちろんユザワヤ。
販売手続きなんかは不得意とか不安とかの年齢層だから
これらの面倒なことはユザワヤが請け負う。

そして、ネット画面では「なんだかよく分からないから
お店で見て買いたい」わけだから、
そういう人がお店に来て「なんにも無いから買うものない」
ではなくて、生地にしろ委託販売スペースにしろ
「これ良いねぇ」がその場で手に入るなら需要と供給がマッチしている。

そもそも「もらって困るオカンアート」か「安っぽい外国製」に
ならないようにするには、色の合わせとか柄とかが
ビシッと決めるところに配慮が必要。

コンビニは「とりあえずしのげればいい」から
いつも使っているメイク落としが無くても
あるもので良いし、食べるものなんかもまぁその日だけだから
妥協できる。

けど、手芸品というのは消えモノとは違うし
その後も使い続けるものだもんで、「とりあえず」で
妥協をしてしまうことに「それ、手作り? ちょっとおかしいね。
でも手作りだからしかたないね。温かみってことで。」
になってしまう。完成度の低い手作り品は誰も喜ばない。

そうすると、作りたいアレにはコレでしょ! と
ジャストフィットするものがあることが
完成度が高い「また作ろう」に繋がっていくんだと思う。

ユザワヤが小規模の店舗をバンバン増やした時
特殊な生地も少しずつあるけどちょっとずつ違うし
「スタンダードなものばっかりと、なんだったら糸ばっかりとか
ボビンばっかりとか、絶対必要な消耗品! に特化して置けばいいのに」
って思ったけど、多分これは多くのお客さんが
漠然と同じように思ったことではないかと思う。
お店の決めたスケジュールで開く手芸教室に合わせられる人なんか
そうそう居ないわけだし、「昼間とかそんな暇じゃねーし」だ。

そして、大規模店舗となるところには
絶対必要な消耗品だけでなく、「あそこに行けば見つかるだろう」の
特殊なものやら加工の窓口であるとか、そういうことまで
ちゃんと相談できるところがあった方がいい。

少ない店員さんで「こういう生地、ありますか?」と聞いた時に
「その裏あたりになければないです」と切り捨てるのであれば
わざわざ対面する意味がなくて、ネットで十分だ。

その「わざわざ」を拾って、他店からの取り寄せとか
テキスタイルのカタログからの発注とか、
「ちょっとココをどうやって始末したらいいか分からなくて」
っていうのを持って行けばその場で聞ける手芸相談とか、
「生地屋だからこんなこともできます」っていうサービスを
提供してほしい。

オットなんか「あー、店員さん少なすぎるし
何聞いてもわかんないって言うばっかりだったもんね」って
言っちゃったぐらい、お客の欲しいものを置いていないとか
対応しないお店なのであれば、やっぱりお客は離れていく。

そしてプライベートブランドに力を入れるのもいいけど
それなら「ユザワヤならでのブランドの色とか幅とか
超豊富だからユザワヤじゃなくちゃ!」になるようにしないと
誰も買わない。

ユザワヤの看板ロゴがダサい、という人もいたけど
私はあのロゴは好き。昔はもっと羊がリアルぎみだったような…
潰れたら悲しいな。と思って、ユザワヤのネットショップに
飛んでみたのだけど(実店舗じゃないんかい)、相変わらず
生地の拡大画面とか拡大になっていないし
わかりにくいし、売る気あるのかなぁー。と終わってしまった。

頑張れユザワヤ。
ハンドメイドをする一味としても
いろんな思い出があるものとしても、生き残って欲しい。

286_1_org_R.jpg


JUKI職業用ミシンを買う [縫い物]

オーダー受付を再開したところで
ポツポツとオーダーを戴いております。

ところが先日、キティちゃんがやってきたことで
我が家は結構な忙しいことになりました。
生地を広げたりミシンを掛けたりすることなんか
全然着手できなくて、1週間アッサリと過ぎてしまった。

あー大変。慌てて取り掛かります。
...ってやっと裁断を終えて縫製に入ったところ
「ガッションガッション」という、金属がこすれるような
不穏な音がする。

オットに「ちょっと見てー」と言ったところ
面倒くさそうにやってきて「どこも悪くないんじゃないのー。
ボクは気にならないけど。」とか言うオット。
ちゃんと診てっつーのー。

ホラ、この音だよ。 

ガッションガッション
「なにも音なんかしない」 するよ!

...ガガガ―ッ

!!

死ーん

……。

もはや動かなくなったミシン。


えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ


……………。 どうしよう。


「...新しいミシン買えば。オーダー詰まってるんでしょ。
縫えないと困るでしょ。」とかいうオット。

いっ、いいの?! と聞くと「これからもこういうこと
あるかもしれないでしょ。予備っていうか、持っておいても
いいんじゃないの。」

おかしい、という私の意見を否定したら
故障したので責任を感じているっぽい。

ミシンの予備、っていうのはちょっと聞かないけど
確かに、もう1台、というかすぐに使えるものがないと困る。

押し入れにはスヌーピーのミシンが眠っているけど
今更スヌーピーのミシンに代理は務まらない。

(ついにエクシードキルトスペシャルがやってくるのかーっ。)

ドキドキしつつエクシードの問い合わせを3店舗ぐらいにする。
そして私のシャリオⅡを買ったお店に修理の問い合わせもする。

それで、それぞれの回答を戴いたのだけど
シャリオⅡを買ったお店は一番安いわけではなかった。
けど、修理もあるし、いろんなところから買っても
なんだかんだその都度やり取りは面倒だし
質問に丁寧に答えてくれたし、修理と一緒にココで買おう。

って一度カートに入れて手続きをしたのだけど
家庭用のミシンが2台あってもまぁ仕方ないというか
「もーアンタ、ラミネートは硬いんだろうし職業用にしな」
っていうオットの助言もあって、職業用にすることにして
JUKIのシュプール TL30DXにすることにして、手続きをしなおした。

しかし。

いろいろ調べていたら、同じシュプールでSL300EXつーのには
スピードコントロールがついているらしい。
私は職業用ミシンでジャーン!!と縫うよりも
細かい作業が多いし、皮のパーツもこまこまと縫う。
フットコントローラーだけでのスピード調節よりも
リミッターが付いている方が革なんかは安心だもの。

家庭用の針が使えます、っていう30DXよりも
丈夫な工業用針の仕様でSL300EXがいいんでないのか。
って、またお店に変更の依頼をして、
お店にいろいろ迷惑をかけつつ
ようやっと届いたのがコチラ
2016-10-23 01.06.36_R.jpg
付属のテーブルも買って、広々。

ところでこのミシンはフットコントローラーで
糸切りができるというスグレモノなのだけど
私は革の曲線を縫ったり筒の口となるところを縫ったりするのに
あと1針!! って縫ったら次に進まないように気を使って
うっかりカカトに力が入ってしまって3回も「ガッション」と
切れてしまった。

ムムム、、、

職業用は糸締まりが良くて、リッパーで解くのも一苦労。
えーんつらいーーーー。

ネットなんかで調べたら、ゴム板を挟んでいるお店があった。

2ちゃんねるなんか「よっぽど変なことしないと
間違って糸を切ったりなんかしない」って書かれてた始末で
よっぽど変なことしてる私としてはグウの音も出ないったらない。

そんで、ホームセンターでゴム板を買おうと
出かけている途中でもネチネチ調べていたら、
JUKIの純正品で専用のゴムパーツがあることが分かった。

早速注文。900円でした。
2016-10-25 19.50.55_R.jpg
この仮面舞踏会みたいなのをフットコントローラーの裏側に噛ませる
2016-10-25 19.51.21_R.jpg
おモチ君...

で、めでたし
2016-10-25 19.52.01_R.jpg
こんな感じ
写真 2016-10-25 19 52 12_R.jpg
快適ー!!

これで若干足を攣りそうにしながら縫う私の作業は
途中の不本意な糸切りに苦しめられることが無くなった。

これは今まで6年位使っているブラザーのシャリオⅡ
2016-10-22 19.56.15_R.jpg
このシャリオだって、スヌーピーミシンからすると
だいぶどっしりとしてすばらしいミシンなのだけど
職業用ミシンと比べるとびっくりするほど家庭用だ。


「埃の吸着による作動停止と
ずいぶんとお使い戴いていたようで、
釜にキズもたくさんあったので磨いておきました。」

そういえば埃って最近ダスターでシュッとすることもなく
水平釜を糸の入れ替え以外で開けることも無く
ひたすら16番の針で硬いラミネート加工の布ばっかり縫って
だいぶ酷使してきたもんねぇ。

ときどきオーバーホールに出そう。
大事に使わねば。



HELLO KITTY [ネコ]

釣りサークルでの釣行とか小田さんのコンサートとか
いろいろあったのだけど、疲れ切っていたので割愛^^;


前回エントリしたキティちゃん→カリンちゃんは
3週間が経過し、無事にコクシジウムの駆除が終わり
風邪も落ち着いて、めでたく隔離解除となりました。

「ばんざーい!!」
写真 2016-10-15 17 06 46_R.jpg
良かったねー
写真 2016-10-18 0 37 08_R.jpg

リビングにケージを出しましょう
「ハローハロー キティちゃん」早速のおモチ君です
写真 2016-10-22 17 50 15_R.jpg
「オレはちびっこ苦手なんだよなぁ」
写真 2016-10-22 17 51 36_R.jpg
フクは及び腰

だがしかし、さんざんさんざん走り回って
すっかり仲良くなった次第

模様が似ているから親子のようだ
写真 2016-10-23 20 15 10_R.jpg
タワーも3段目まで上ることができるという
身体能力の高さ
写真 2016-10-23 20 43 28_R.jpg
モチ君は面倒みるのが上手で一番仲良しになったけど
フクはフクで慎重ではあるけど親切
写真 2016-10-24 20 15 11_R.jpg

フクだって去年の今ごろ、
クロに面倒見てもらってたんだもんねー。
2015-08-292008_08_35_R-1fa2c.jpg

隔離が解除されて施錠もしないで済むようになって
我々もちょっとラクになってひと段落。

やれやれ。


キティちゃん再び [ネコ]

いやはや
仕事のいろいろがちょっと落ち着いてホッとしたのも束の間
今度は家庭の中での忙しいことが…

通勤途中に子猫を保護してしまいました。

オットの車通勤に乗っかって送ってもらった日、
ココでよく見る白黒のネコ、今日は居なかったね、
なんて言いながら、よく通る梨畑のそばの交差点を左折
しようとしたら「はっ、ネコ! 」「小さい!!」と叫ぶオット。

梨畑のそばのゴミ置き場付近から
トコトコトコ...とよちよち歩いてくる子猫。
そしてそのまま停止。

反対側から進入してきたアウディのおばさんも
「えー」って止まってしまい、
ちょっとしたプチ渋滞となってしまったので
私があわてて助手席から降りて、畑がわの歩道に戻して再出発。

50mぐらい走ったところで「ネコ、小さかったね」と言うオット。
「帰りにせんべいになっていたりして...」と話しながら
「えーどうする、戻る? 病院連れて行く?」と言うオット。

このまま走ってたらもう戻るポイントは無い。

「戻る。」

「いいんだね、お金また無くなるけど良いんだね。」
「ぐはーっ やむなし。」

分かっていたかのように素早くUターンするオット。
戻ってくると居ないかとおもいきや、
通学途中の子供たちが寄ってたかっています。
保護者らしきおばさんが「もういいから早く行きなさい」と
子供たちをせかして、ネコが車道に出ないように見ていました。

もう居なくなっていたら、見つからなかったね、
ってなってたらいいのにな。って思いながら戻って
一瞬居ないことに心配もありつつホッとしたのだけど
やっぱり居た。

よし。

車から降りておばさんに挨拶すると
「この子、片目が見えていないみたい。」
「多分瞬膜がかぶってるだけだと思います。
とりあえず病院連れて行って保護します。」
「お願いできる? 良かった!
私も飼ってあげたいけどネコたくさん飼ってるから
これ以上無理なんだわー」

私ん家も4匹いるけど、まぁ仕方ない。
里親探すかどうするか。

洗濯ネットも何もないから素手でむんずと抱えるしかない
2016-10-04 07.54.23_R.jpg
風邪ひいてるんだね 目ヤニと鼻水がすごい

かかりつけの動物病院は朝7時からやっているので
電話してカクカクシカジカと話すと「どうぞー」
とのことで、大福のときと同様に預け逃げ状態に頼んでから出勤。

大福の時は内金みたいのが必要だったけど
4匹総出でかかりつけとなった今では内金は不要だった。

帰りにネコを引き取りに行きます。
「白血病と猫エイズの検査は陰性でした。
 蚤はウジャウジャいて、飛んでいたぐらいでした。
 蚤取り薬を滴下しています。あとは寄生虫はフルコース。
 条虫・回虫・コクシジウム。ミルクはよく飲むし吐かないから
 脱水もあったけどまぁまぁ元気ですね。体重は520g。
 生後1か月...どうだか...だいぶ食べていなかったみたいだし
 ちょっとはっきりしませんね。性別はメスでした。」

ということで、帰宅。
点眼薬とシロップの内服薬を処方されて
ウイルス検査諸々をお願いして、40000飛んで200円ぐらい。

「しぇー」
2016-10-04 19.18.56_R.jpg
帰りにペットショップに行ってミルクと哺乳瓶を買います。
大福の時は580gで、哺乳瓶なくてもガツガツ食べられてたし
まさかまた必要になることもなかろう、と捨ててしまったのだった。
毛布も買ってあげなくては。
 
今日は忙しい。
夕食なんか吉野家の牛丼テイクアウトしてとりあえず子猫。

大人猫たちがヒートマットと猫こたつを出してもらって
喜んでいたのに、ヒートマットは子猫用に取り上げ。

ワッセワッセとケージを組み立てて
子猫トイレとヒートマットと毛布を入れて猫を入れる。
ニャー...」心細げ。
2016-10-04 20.59.23_R.jpg

「カーチャン、誰か居るの?」
2016-10-04 21.28.38_R.jpg
大福が来た時よりさらに小さい子が居るよ。
しばらく隔離だからね。

子猫はサイエンスダイエットの子猫用を器に入れると
ガツガツ食べる。けどお水は飲まない。
2016-10-05 21.59.56_R.jpg
哺乳瓶に入れたミルクは飲む。
2016-10-05 22.18.05_R.jpg
2日ぐらい経って、体重が555gに増加。
2016-10-06 19.49.50_R.jpg
そして元気になってきました。
5日経過したらおもちゃを追いかけて走り回る。
寝ていたオットにもよじ登る。
2016-10-09 00.48.28_R.jpg
身体能力はかなり高そう。

あげくに、起きて本を読み始めたオットの腕に
ちゃっかりと収まって愛想よし。
2016-10-09 00.57.42_R.jpg
私が毎日嫌われながらも朝晩の点眼と内服をしているおかげで
好かれ具合に差が出てきている...


処方箋の袋には「コネコちゃん」と書かれていて
そういえば名前どうしよう。

私はぼた餅から取ってぼたんちゃんが良かったけど
オットは「うーん、秋だから花梨だな。
ハッ、違う違う仮だから、仮。ウチの子じゃないから。」

って結局カリンちゃんになりました。

ブシッと鼻水を飛ばしつつ、まぁ元気になってきました。
大福の時はコクシジウムの撃退に2か月ぐらいかかって
隔離期間が長かったのだけど、この子はどうだろう。

次回受診までにウイルス検査の結果が出ていると良いのだけど。
そしてコクシジウムが早く駆除できますように。

「はやく元気になって一緒に遊ぼうー」
2016-10-07 19.06.32_R.jpg
隙見ング。



ポケット in ペンケースのマイナーチェンジ [ペンケース]

今回は ポケット in ペンケースについて。

かねてからポケット版にDカンを付けることができるかどうか。
というのがあったのですが、小さいサイズであるポケット版に
Dカンを付けると、最後のフチのミシン掛けができない(家庭用ミシン)。
というのがありました。

あと、ポケット版にDカン付けても...と
あまり意義を感じていなかったので真剣に考えていなかった。

がしかし。
ポシェットにはハンドブック何種類かと
蛍光マーカーやらマッキー油性ペンやら
ボールペンやらなんやらかんやら、重たい。

普段は電子カルテに引っ掛けて使うのであれば
小さいサイズのもので、研修ですよーとか
なんかいう時にピッと外して持っていければそれで良い。
ということも多くなって、ちょっと真面目に改良(...良なのか?)
してみることにしました。

まずは部品作成のためにいろいろ取り寄せをします。

Dカンはこれまでの15mmのだと大きいので
12mm、線は2.5mm太さのもの。

Dカンを通す革の抜き型もこれに合わせて12mmでオーダー。
左側が今回の。
2016-09-25 17.27.31_R.jpg
ストラップは10mm幅、カシメは7mm

って作り始めたのだけど、カシメは難儀。
打ち具が中サイズだとギリギリ合わない。
2016-09-24 21.23.50_R.jpg
こういう感じに、上下がズレてしまう。

打ち具買に行かないとかなぁーとかぼやいて
Amazonを見ていたら、プライヤーがあった。
そうだった。なんでプライヤーを買わなかったんだろう。
今までアホすぎた。

午前中頼んだら夕方には届くという
さすがのプライムサービスで作業開始。

オットがハンダゴテを2種類貸してくれた
2016-09-24 21.23.24_R.jpg
ホットカッター型とキリ型で、ベルトの端処理と穴開けをします。
2016-09-24 22.22.27_R.jpg
2016-09-25 17.21.39_R.jpg
カシメをセットしてプライヤーで噛む
2016-09-24 21.25.49_R.jpg
あら綺麗
2016-09-24 21.26.08_R.jpg
静かだしズレないし、何で持ってなかったんだろう。

ストラップ完成
2016-09-25 16.45.21_R.jpg
一応ちょっと伸縮するようにしたけど
延ばすことあるのかな…^^;

この赤丸のところ、これはいつも気にしているところで
2016-09-25 16.45.27_R1.jpg
この折り返しの部分が必ずベルトの内側に来るようにしています。
売られているバッグなんかでも、
こういうのが外側に来ているとガッカリ。
こういう「大したことない段差」が
「自分がいつも触る側」にあるのは
漠然と引っ掛かりがあって「なんか気になる」ものです。

それで、完成品がコチラ
これはいつもの正面
2016-09-25 16.42.56_R.jpg
裏面
2016-09-25 16.43.07_R.jpg
ドアノブに引っ掛けてみた
2016-09-25 16.44.27_R.jpg
おぉ~これはだいぶかわいらしいんでないのか。
自画自賛。

長いこと後回しにしてきたのだけど
ようやく形にすることができて良かった。




求む!クチナシの実 [観光]

カテゴリとして観光なのか...というちょっとした疑問がありますが
まぁ観光地には行ったということで。

ご無沙汰しておりましたツケモノです。
部署目標中間発表という大変大変苦しいものがようやく終わり
(本当はそんなに苦しいものではないハズなのだけども
そこは修業不足による力の無さというものが大きい)
ホッとしたのも束の間、こんどはいろんな提出物と
データ入力の締め切りに追われて、それもようやく終わって

終わったー!!!

さて話を戻します。
昨年末のお節料理製作の時、栗きんとんというものは
「秋のうちに栗を甘露煮にしておかなければならない」ということを
学んだツケモノ。今年もスーパーに栗が出てきて
まだ9月だけど暦的には秋だしなぁ~~なんて見ていました。

そしていつもの週末の農協で栗を買ってきた次第。
今年は横浜市内産の栗。地産地消。
ついでといってはアレだけど浜なしも買った。
2016-09-10 09.29.54_R.jpg
今年の梨は暑さのせいか甘さが乗って大変美味しい。
菅沼園に毎年出かけていた遠足は今年は行けなかったけど
農協で買うことができた。
2016-09-10 09.30.24_R.jpg
フクは栗に興味津々でペチペチ叩いたりそっと動かしたり。
「ゴン、お前だったのか」っていいだけごんぎつねごっこしながら
栗の甘露煮を作るべく、ボウルに入れて水を張って
アク抜きをする。ってとこまでやってからiPadで甘露煮を検索。

...。

……。

あらら、クチナシの実が要るのか。
あれはサツマイモを煮るときに色付けするのかと思っていたら
サツマイモだけでなくて栗の甘露煮の時にもすでに黄色くする。と
「無くてもいいよ」とは書いてあるのだけど、やはり入れると。

国産クチナシ、どこで買えるのかなぁ。
ネットで検索しても中国産しか無い。
えぇぇ~~~~~国産のくちなしの実かぁ~~

一応スーパーなどに出かけてみたけど
そもそもが「年末に入ってくるんですけど今は無いです」で
手に入らない。

なんでよ。私がスーパーの人だったら
栗の隣に国産クチナシの実を置くよ。
家で甘露煮作っときなさい!
お正月料理に自家製甘露煮できんとん作れますよ!
ってアピールしておく。

なにが悲しくて外国製の栗の甘露煮瓶を買って
外国製のクチナシの実使って作ったサツマイモで餡を作って
「うちで作ったきんとん」に化けさせなくてはいけないのかと。

ブツブツ言いながら思い出した。
誇宇耶。誇宇耶のレジの横にはクチナシの実が売り物として置かれてた。
何に使うのかなーなんて思ってたことがあった。

オットに言うとオットは「じゃあこれから行こうか。」

!!

夕方18時。

下田プリンスの予約をして、19時出発。
翌日下田から戻りつつ誇宇耶でお蕎麦を食べて
くちなしの実を買って帰ってくる、という算段。

えープリンス久しぶり。
申し訳ないのでヘソクリから出そう。

っつって、23時すぎに下田着。
温泉にゆっくり浸かって、翌日はのんびりと10時チェックアウト。
11時の開店の誇宇耶に到着しました。

入ってすぐのレジ横棚を見ると

...!! 無い!!!!!

「えっ」「うそ」

居ないと店が回らない慣れている店員さんから
「何かお探しですか?」と言われて「クチナシの実は…」と
尋ねると「あー今クチナシは無いかもねぇ...店長ー」と
聞いてくれたのだけど「やっぱり無いんだって」

ど——―——ん

まじかー!!

机に突っ伏してうなだれるツケモノ。
「なーんかそんな予感もあったんだ。
来てみたら無かった。みたいなー。」とつつくオット。

人生の縮図ですなぁ~~~~。

短気が服を来て歩いているようなウチの父だったら
「なぜ電話をして確認しておかんのだ!!」とか言って
超キレてしまうところだけど、そこは温厚なオット。

...多分「蕎麦を食べるにはなんらか口実が無いとだし
ツマの用事があるってならクチナシは手に入らないでも
まぁいいか。」ぐらいの気持ちだったと思われる。

メソメソしながら食べる辛味大根蕎麦(大盛)
2016-09-11 11.12.47_R.jpg
この日はけっこう寒くて、おかわりはそばがきにした
2016-09-11 11.21.52_R.jpg
しかも2人で1つのそばがき。クチナシ無しのショックで。

そうしたら店員さんが「今日帰っちゃう?」
「うちの冷凍庫にちょっとあったと思うんだけど、
送りましょうか?」

えーッ 良いんですか。本当に?!

「まずモノを見てから送れる状態かどうかだけど...
後は農家さんがちょっと持ってるかどうかよねぇ」

是非お願いします。
って住所を書いてきたツケモノ。

しかし「送れる状態かどうか」というところがドキドキします。
もしかして冷凍庫が何かの巣窟になっているようなことがあって
「押されてボロボロだったから送れない」ってなったらどうしようとか
色々不安が...(←失礼すぎる)

いつも素通りする伊豆の農協にも寄ってみます。
2016-09-11 13.26.53_R.jpg
なんとアケビとか殻ごとの栗とか、絵描く人なんか喜ぶ感じの
売り方をしている。素敵。

レジの人にクチナシの実が無いかと尋ねると
「あのシイタケとかの辺りに無いですか?
生産者さんが出してれば有るんですけどー。」

!! よく探したけど、やっぱり無い。

ワサビを1本買ってトボトボと帰ります。

帰りは渋滞を避けて山がわの道を選択。
2016-09-11 13.56.48_R.jpg
すごい霧でした
2016-09-11 13.58.45_R.jpg
濃霧注意、と電光表示されているけど
見えんていう。

伊勢原の梨も最盛期。
2016-09-11 15.14.41-1_R.jpg
天下の東海大学の前
2016-09-11 15.15.13_R.jpg
伊勢原の梨だってスーパーで見たことない。
きっと浜なし同様に地元ィだけで消費されているんだろう。

はー。
クチナシの実...。

乾燥させておけば紙に包んでいつまでも保存ができるらしいけど
ちゃんと乾ききってないと腐るから冷凍してしまうのが良い。
ということだった。

じゃあさー栗の農家は一緒に乾燥させたクチナシも
売る方が良いと思う。わらびを買う時に灰を付けてくれていれば
そっち買うのと一緒で。タケノコのぬかとか。

とりあえず半分は栗くり坊主で皮を剥いて
砂糖をまぶして、あとの半分は皮ごとのまま、両方冷凍。
なぜなら久々の栗剥きでザックリと指を傷つけて流血したから。

はー。

すると2日後に定期Amazon便を受け取りながら
「来たよー」と小さい箱を手渡すオット。

なんだ??

クチナシだー!! お蕎麦屋さんの店員さんからでした。
2016-09-13 19.29.50_R.jpg
こんなにすぐ送っていただけると思わなかったので
本当に驚いたのと、「やっぱ送れなかったよーん」
てなることも半分ぐらい思ってたから
本当にありがたいのとうれしいのと。


(追記) -----

届いたその日のうちに何か御礼をせねば ! 横浜らしいもの !
と探していたら「中華街の肉まん送れば」
そうだ ! そうしよう !!
紅棉ていう、私が中華街の中で一番美味しいと思うお店から
肉まんを10個発送したのだけど
よく考えたら「そこまで国産クチナシ探してて
なんで中華街の肉まん...」っていうつじつまの合わなさだったという(笑。

----------


近所のスーパーに出かけたら
地産地消コーナーに足柄の栗が出ていたのでまた購入。

金太郎印。
2016-09-17 14.44.16_R.jpg
2つ(笑。
2016-09-17 14.44.08_R.jpg
さー、冷凍栗がどんなもんだかわからないので
とりあえず生栗から始めます。

「クチナシの実をハサミで3つぐらいに切って
ガーゼに包みます。」...ガーゼなんかない。
ドクダミ茶用のお茶パックならあるからそれでいいか。
2016-09-19 12.31.15_R.jpg
パックをお鍋に入れるとこんな感じに発色
2016-09-19 12.32.28_R.jpg
ミョウバン水に浸けておいた栗を洗って鍋に入れて煮ます
2016-09-19 15.42.51_R.jpg
煮沸しておいたビンに分け入れて
蜜も入れて、煮沸と脱気
2016-09-19 16.53.34_R.jpg
とうッ
2016-09-19 17.03.59_R.jpg
できたー!!

しかし剥いている時には気づかなかったヒビが
黒ずんているものがチラホラ。
うーむ、これは… 餡で包めば見えないのか?

だいたいお節料理って日本が裕福な頃の
嫁いびりみたいな風習にも思えて
なんだったら皮も豪快に剥きすぎだし
台所の神様に感謝とか言いつつもったいないことたくさんする。

これでまたお節への疑問が出てしまうわけだけど
まぁこれはこれで良いか。

------


本日は私だけが休みでこの1・2か月の疲れを
寝て寝て寝て寝て過ごしたのだけど
15時頃ムクリと起きて作ったのがコチラ
2016-09-21 18.04.29_R.jpg
先日冷凍しておいた生栗で作った甘露煮。
今回の方が綺麗な色なのはナゼか。

冷凍栗の扱いについてはよくわからない点が多かったのだけど
砂糖をまぶしておいたおかげで霜もつかずに栗が守られていた感じ。
割れてしまったものを食べてみたけど、冷凍したことにより
発生したデメリットは何もないように思いました。
ストウブ鍋だったのも良かったのかなぁー。

隣で圧力鍋にかけた皮付の栗は
圧力鍋で15分、というのを「栗のくせに掛け過ぎでは…」
と思いつつ10分かけたところでボンボンという不穏な音。
急冷して蓋を開けたら「ボンッ!!」「バンッ!!」
2016-09-21 15.56.39_R.jpg
2016-09-21 15.56.59_R.jpg

あなや~~

ほとんどは無事だったのだけど
熱すぎてニトリルグローブをしてもダメだし
爆発も怖いので、包丁で半分に切って
スプーンですくっておやつに食べた次第。

もうすぐオットが帰ってきて晩御飯なのに
お腹が空いていないという…




台風前のLTアジ @米元丸 [釣り]

行ってきました金沢八景。

ここのところ惨敗続きであったLTアジ。
前回は前々回のリベンジと言いつつ全然リベンジになっていなかった。
今度こそリベンジマッチだぜ。

いつもの蒲谷丸は仕立てのみだったので
乗合の我々は以前に乗ったことがある米元丸さんに予約します。

駐車場がちょっと離れた所にあったと思ったら
もう船宿の駐車場しかなくなっていて
我々は一番最後だったので一番出入り口。
2016-09-03 06.32.46-1_R.jpg
LoveBeerさんが先に到着していて
またしても席を確保してくださっていたので
さっそく乗り込みます。
2016-09-03 06.38.49_R.jpg
いつもありがとうございます(申し訳なし)。

本日はトモから2番目、なんとなく胴の間。
DSC02566_R.JPG
本日の装備品
DSC02564_R.JPG
四角いタッパーは赤タン(イカを赤く染めたもの)
丸いタッパーは青イソメ。
イワシミンチはいつもの蒲谷丸よりつみれっぽい。
緑のバケツの大きさが「釣らせるゼ」という気合を感じる。

オットが船長に「コマセは振らないんでしたっけ?」と聞くと
「振らないで匂いをかがせる程度で良いです。2m上げて1分半待って
アタリがなかったらまた底を取ってあげて。それで待って反応なかったら
もう巻き上げてきて、その時にカゴにコマセが残ってたら多いってことで
残らない程度、半分ぐらいね。」

船宿によって釣り方が違うもんだなぁ。
ビシカゴも蒲谷丸より目が大きい。

本日の道具立てはコチラ
DSC02573_R.JPG
いつものAーブリッツ64M-165 
リールは紅牙 ICS 103
ライトホルダー メタル 90CH レッドです。

しかし前回の蒲谷丸で底どりしたらいきなりブツリと糸が切れて
ビシカゴ消失。オット!…糸をよってくれたのだけどなんだか切れたぞ!!
って、苦情を述べたらまた糸をよってくれていたのだけど

これは…
DSC02569_R.JPG
よってある糸のすぐ上にこのようなすり切れを発見。

これは…どうする??

でもなぁ~~ 
「やっぱり!!」てならないようにこれは…

オットが頑張ってよってくれたのに…
っていうかねー。なんで気づかないか、ってことでしょぉ。

やっぱり切ろう。
ブツリと切って普通のチチワを作っておくことにしました。

いよいよ出船!
DSC02572_R.JPG
台風の影響なさそうで良かった。

橋をくぐって海に出ます。
DSC02576_R.JPG
途中で船長が「ちょっと波がポチャポチャしてるから
もしアレだったら中入っててもらった方が良いかも。」とアナウンス。

おぉ~~確かにけっこうな波だ。
DSC02582_R.JPG
とか言ってたらこれがずっと続くので
我々もキャビンに避難することにしたのだけど
あんまり中に入ってしまうとこれまた酔ってしまう。
キャビンの入り口にしゃがんでおく。
DSC02593_R.JPG
い、痛い。 頭上からも左からもビシビシと海水が飛んでくる。
DSC02597_R.JPG
さんざんビシビシと浴びまくったあとに
ようやくポイントに到着。

いつもより確かに荒れているけども
飯岡沖を体験したせいか確かに「ポチャポチャ」ではある。
外房の大きなうねりに比べると。ではあるけども。

第12米元丸もすぐ近く。
DSC02605_R.JPG
さっ、始めます。
早々にオットが3匹ぐらい上げてくる。
私には重たいアタリがあって頑張って上げてきたのに
海面まできてバラシ。

なんでかなぁ、最近やられっぱなし。

とか言ってたら私にもきた。
おっこれはちょっと良い型だー。とか言ってたら
頭上から「もっと大きいの居るから。」って船長に言われる。

オットは入れ食いとか言ってるけど私はそうでもない。
でも活性が高そうなので3本針にしてみたら
やったぜトリプル!!
DSC02606_R.JPG
しかし仕掛けはグチャグチャになる(^^;

オットにでっかいアジ
DSC02607_R.JPG
(この人はこの42cmもあるアジをこの後9匹も釣るのでした。)

私にも来たー!
DSC02608_R.JPG
ぬぉーん
やっぱり42cmある。

オットが「マルアジじゃないの、それ。マアジ?」とか言って
人が釣ったものだとマルじゃないのかと物言いをつけてくる。
ちゃんとマアジですとも。(๑•̀д•́๑)キリッ

おっ! あれは空母ではないか?
DSC02614_R.JPG
写真を撮っていたら船長が「あの空母に向かって
まっすぐ進んでいくと上からヘリが来るんだー。」って言う。
「前に久里浜から帰ってきたら空母が出てきたから
おっ、空母だ!ってガーって近くに行ったら
アッとというまに機関銃向けたヘリが降りて来たんだよ。」

...機関銃...物騒すぎて笑ってしまったけど
漁船のフリして体当たりとかあり得るからか...

(それを思ったら一之瀬丸はあの青い船体で
注意されないのだろうか...。←誰に)

昨日の一之瀬丸
DSC02585_R.JPG

まぁなんだかんだ釣れない時間もちょっとありつつ
足元のバケツは潤っている
DSC02618_R.JPG
小さいアジはリリースしているから
カモメが寄越せと騒ぐのだけどあげない。
自分で獲るんだ。がんばれー。
DSC02619_R.JPG

おっ、あれはなんだ
DSC02623_R.JPG
どーん
DSC02625_R.JPG
なんやら米軍の給油艦のようで、
あのクレーンみたいのは給油口らしい。
今まで見た中でも特に大きい船。

近いなぁ~~
DSC02635_R.JPG
今回も潜水艦が居た
DSC02630_R.JPG

そんなこんなで写真撮るのに置き竿していたら
ポンポンと釣れる。

オットは「ぐぁ~~ もうダメだ」とか言って
大儀そうに巻いている
「腕が痛いんだ」←嫌味な男。

「言ってみたい」by LoveBeerさん 

そうそう、LoveBeeerさんは途中で竿を海に落としてしまって
オットが「アッ!!」なんて叫ぶから何かと思ったら
「落とした!」何を。「竿!!」って見ている。

ヤバイと思ったのは
糸が出続けていた=クラッチ切ってる状態で落下した
というのが分かって慌てる我々。

200mぐらい巻いているラインが全部出切らないと
竿が回収できないってことだ。

回収を手伝うオット。
じっと見守るツケモノ。

無事に竿が浮いてきて、本当に本当に一安心。

私も落としたことがあるのだけど
クラッチは切っていなかったからすぐに浮いてきて
それ以降「竿って落とすことある」という認識で
最近は暑くて体力も無いし、ロッドキーパーを
持って行ってる。

この日、最初にロッドキーパー良いですよー。
って言ってたから、「LoveBeerさん、これ購入決定ですね。」
悪魔の囁きをしておいた(爆。

なんだかんだでみんなたくさん釣れて
ギガアジ以外はみんなリリース。
(30cm以上のアジをメガアジ、40cm以上のをギガアジ、
50cm以上のはテラアジって言うんだそうだ)

いやー釣った釣った。
オットは49匹(40overを10匹)
私は42匹(40overは5匹)
LoveBeerさんも45匹ぐらいだったような(曖昧でスミマセン)

たらいまー
DSC02647_R.JPG
本日のクーラー
2016-09-03 15.34.19_R.jpg
大漁! 爆釣!!

しかしのんびりしている暇はない。
なにしろ我々の車は一番出口を塞ぐ形の場所にある。
「アジで前の方に停めた人!急いでー!!」ってなって
大慌てったらない。

LoveBeerさんとの挨拶もそこそこにとにかく車を出す、と。
帰りは起きているつもりでけっこう寝ていたので
帰宅後さっさと食べる分を捌いてしまって夕寝。

なにしろ今回はショートと言って14時までの船だったから
いつもよりダメージが大きい。

さて夕飯
2016-09-03 21.56.36_R.jpg
前回なめろうが好評で、最後にお茶漬けにしたので
今回はたくさんなめろう。←わー下品だ。

口が切れてしまった小鯵はリリースしなかったので
それは握り寿司。
2016-09-03 21.56.42_R.jpg
半身で1つというこれまた下品な握り。

(バランがあればいいのだけどまだ実家からもらってないのと
ベランダの紫蘇は千切りがせいぜいでもうほとんど終わりなので
なんの青みもなくて寂しい。)

なめろうはお茶漬け。
2016-09-03 22.13.56_R.jpg
擂りゴマで風味アップ

ご飯を食べてブログ書いてしまおう、って思ったら
これまでにないブレブレ感。

うぁ~~酔ってるんだ。
眩暈ってしまう前に早く寝よう。

なんて言ってたら結局翌日になってしまった。

今日は今日でアジフライにして
タルタルソースで美味しくいただきました。

LoveBeerさんおつかれさまでしたー。

ショートってのがちょっとアレだけども
釣果としては十分すぎるリベンジマッチでした。


さーさー9月に入りもう折り返し地点です。
仕事は事務仕事の方がだいぶ多くて
これまた全然得意分野じゃないもんだから
ヤサグレ気味なのとちょっと太ってきてる。

むむむ...


来月は釣りサークルでカワハギ参戦の予定です。
気分転換しつつ細々と乗り越えます。




久しぶりの下田 事件な釣果 [釣り]

先週はずいぶんと体調が悪くて
びっくりするほど眩暈がしてまっすぐ歩けていなかった。

よその師長さんと話している時に「地震です!」とか言って
ドアに捉まってたら「え...大丈夫?!」とかなった始末。

あーびっくりした。
耳鼻科では「疲れだね」って眩暈の王道の薬を処方されました。
目を閉じているとラクなのだけど、開けていると
ぐわんぐわんしてしんどい。
上りのエレベーターがこんなに気持ちが悪くなるなんて。

2日間も仕事を休んでしまったのだけど
今は休んでいることがストレスになるぐらい
いろいろ根詰めてやらねばならぬことがあって
もー自分のストレスマネジメントの出来なさにイラつく。


土曜は予定があったのだけどキャンセルになったし
ゆっくり休もう...。と思ったら、オットから釣りの誘い。

釣りかー。

ま、行くか。船は眩暈が怖いから陸からなら...。
って言ったら、そのまま下田になった(笑。

ま、、、いいか、、、。

ハチ割れが来ました。
「釣れたらちょうだいね。」 トラギスならねー。
2016-08-27 06.06.53-1_R.jpg

はじめーっ
2016-08-27 06.25.32-1_R.jpg

いきなり一投目できます
2016-08-27 06.28.45-1_R.jpg
その後もアタリはあるのだけどなかなか乗らない。

引いてくる時にバレたり途中で藻に掛かってしまって
針ごと回収できなかったり。

でもアタリがあるからまぁいいや... 
そんなに真面目に投げてないもんだから^^;

本日の黒船
2016-08-27 09.16.22_R.jpg

オットはブッコミの仕掛けを作って広範囲にウロウロ。

私もブラクリ仕掛けなんかも買ったし
カサゴとか釣ってもいいんだけどさー...
って言いながら基本的に動きたくないから留守番しています。


マッタリ。

・・・・・・・・・・・!!

なんだそれ?!

何かをブラーンとぶら下げて戻ってくるオット。

「ボク触れない。」伊勢海老!!

海上保安庁のすぐそばー!! 捕まるー!!

私がむんずと掴んで針を外します。
ギリギリとイカの切り身を抱えて齧っている伊勢海老。

しゃ、しゃ、写真、早く写真!!

クーラーに入れて記念撮影 ざっと35cmぐらい
2016-08-27 07.24.00_R.jpg
即刻リリース!!

あぶねー。

汗かきました。

「重かったー。」
グッタリしているオット。

伊勢海老... 初めてですこんなことは。

なんだか疲れた疲れたと言いつつ続けます。

これは良い型だ
DSC01428_R.JPG

オットはよほどグッタリしたみたいで
ブッコミの仕掛けを片づけておとなしく隣で投げ始めます

「イトヨリがきた」
DSC01425_R.JPG
小さいからリリースしたのだけど
お腹を上に向けていつまでも浮いているから
タモで回収、持ち帰ることにします。

その後もカワハギなんかを釣ってるオット。
がんばれー。

グレーちゃんがきました
DSC01426_R.JPG
「久しぶりね」スーッと後ろに来てかわいい
DSC01427_R.JPG

「グアッ」バキッ

はっ、また折れた!!
2016-08-27 10.10.08_R.jpg
オットが竿を折るのはこれで3回目?4回目??

...もうおしまいにして帰ろう。

「ぼかぁ疲れた。釣れても重いだけの伊勢海老が釣れるわ
投げ竿は折れるわ...。」

すっかり心が折れているので温泉会館に寄って帰ることにします。
「えぇぇっ」今度はなによ
2016-08-27 11.02.51_R.jpg
げげっ、入館料が1000円に値上がりしてる!!

今回いろいろダメージが大きい。

今回も誇宇耶
2016-08-27 12.08.13-1_R.jpg
辛味大根せいろ大盛
2016-08-27 11.50.31_R.jpg
うまい。今回のお蕎麦は、いつもに増してうまい。

せいろそば大盛追加
2016-08-27 11.57.57-1_R.jpg
あー幸せだ。

満足して帰ります。
途中の熱川辺りで珍しい海の色
2016-08-27 12.16.33_R.jpg
ここまで色が違うのは初めて見ました。

伊東に寄ってみるけど早く帰るから見るだけ。
何を、ってネコたちを。

あっ、美人ちゃん
DSC01438_R.JPG
「久しぶりじゃないの」変わりなさそうね。
DSC01431_R.JPG
ウスも出てきて並ぶ2匹
DSC01436_R.JPG
元気で良かった。

あんまりお腹もすいてなさそうだし
さっさと帰らないと渋滞したら大変だ。

と思ったら事故渋滞で結局6時間もかかって
大変なことになってしまった。

18時から歯科の予約をしていたのに
ギリギリセーフで間に合ったのだけど、麻酔をしたら
あー血圧上がってるな、っていう動悸とドクドクした脈拍。

やっぱりあんまり体調良くないんだなぁ~~~~。

帰ってきたらオットは熟睡。
帰りの運転はダメ押しになっただろう。気の毒(汗。

体調悪い、とか言って何もしていないまま
週末になってしまったから、洗濯だけはやっておかないと。
3回も洗濯機を回している間に魚を捌いて掃除をして寝ました。

海でちょっと心は浄化された...ような気はします。
来週再来週、なんとか乗り切らねば。