So-net無料ブログ作成
おすすめ ブログトップ
前の10件 | -

砲金鍋とたぬきケーキ [おすすめ]

高松に学会に行ったのに鍋を担いで帰ってきた話は
以前のエントリの通りです。

これがお鍋の全貌 
2017-08-05 23.25.49_R.jpg
鋳物で厚みは5mmもあります

裏底
2017-08-05 23.26.04_R.jpg
裏がガサガサなのは、ここをツルツルに磨くと
油が入った鍋が滑って危ないのでガサガサにしているそう。

平井という刻印
2017-08-05 23.26.12_R.jpg
平井鋳造所のものですね

一緒に入っていた紙は、本当は赤字に金のフチ
だったのに、日焼けでクリーム色になっていた
2017-08-06 00.11.42_R.jpg
色々種類があったもよう
2017-08-06 00.12.33_R.jpg
砲金鍋は主に愛知で作られているようだけれど
磨くのにもすごく手間がかかるそうです。
時間と手間がかかるけど売れないので
需要がなくなって作られなくなった、ということでした。
確かに、昭和の台所では銅は扱いにくかったかもしれません。

今ならこの鋳物の揚げ鍋はウケる気がするんだけどなぁ。



それで前回の衣装製作の際に母に相談したら
来てくれることになりました。

なんだかんだ、同じ市内にいながら
親が来るのは今回2回目という…

そうしたら仕事で福岡にいる父も帰ってきてるので
一緒に来る、と車エビを片手にやってきました。

「お昼はお父さんにやってもらいましょう。
私達はその間にお裁縫をしてしまいましょう。」
という母。

オットも父のお手伝い(笑。
2017-08-11 12.48.53_Rt.jpg
「この揚げ鍋すごいの使ってんなー。」
2017-08-11 12.49.27_Rt.jpg
いいでしょー。砲金だよ。

良く見たら大福が後ろにあるゴミ箱の蓋に乗って
父の手元をすごく見ている
2017-08-11 12.49.24_R.jpg
教授のオペを見学する熱心な研修医みたいだ。
(助手の刺身を切っている方の先生は無視)

アップ
2017-08-11 12.49.24t_R.jpg
「じーちゃんオレに海老くれないかな…」

あまりに熱心なので
揚げる前の切れ端を2つもらった大福 
「オレは満足だー」
2017-08-11 23.39.28_R.jpg
良かったね

肝心のエビフリャーの写真が無い!
けど、美味しかった。車海老なんか食べたの久しぶり。


先日下田で釣ったシロギスも
翌日天ぷらにしてみました

まずは横浜農協で買ったカボチャ
2017-08-14 20.21.27_R.jpg
その他ナスなども
2017-08-14 20.49.09_R.jpg

砲金鍋、すごいですねー
今までも鉄の鍋使ってたし天ぷらは結構上手に
できる方だったけど、砲金鍋で揚げるとカボチャも
ベタッとせずにカラッと上がります。

これまでカボチャやナスは
ちょっと敬遠ぎみだったけど、
これなら水分の多い野菜も大丈夫。

そして揚げている時の色も綺麗だし
作っている時に「おいしそう」「綺麗」
というのは大事。
オットも「買ってよかったね」て喜んで食べていた。

砲金鍋、まさか買えると思わなかった。
やっぱり商店街は面白い。

----

そして先日たぬきケーキを見つけました。
割と近所の洋菓子店です。

なんか昔からありますみたいな佇まいで
行ってみようか、とフラリと入ったケーキ屋さん。
ショーケースにはバタークリームで出来た薔薇の花が
たくさん乗ったデコレーションケーキも
並んでいて、懐かしいー!!

そしてハッと気づいたのがたぬきケーキ。
なぜだ? 懐かしい感じがする。
食べたことはないハズ。そしてここのお店も
初めてのハズ。

なんで知ってるような気がするんだ…?

気になって1匹捕獲。
2017-08-16 17.35.28_R.jpg
後姿
2017-08-16 17.35.41_R.jpg
中身
2017-08-16 17.38.53_R.jpg
バタークリームとチョコクリーム
ちょっとパサッとしたスポンジ。
だけど周りのコーティングのチョコが
全体をうまくまとめていて、懐かしく美味しい。

たぬきケーキってそもそもなんなんだ??
グーグルで検索したところ
たぬきケーキのあるとこめぐり / 全国たぬきケーキ生息マップ
なるブログを発見しました。
追求ぶりがおもしろい。

全国にあるらしいです。
どこかで食べたことがあるのかなぁー。

バタークリームってまだあったんだ、
どころではなかった。

はまれぽ.comというのにも載っていた

たぬきケーキ、今度から出かけた先で
気にしてみてみよう…




nice!(26)  コメント(22) 

野田琺瑯のデッドストック出てます! @てっぱん屋 [おすすめ]

このブログにも 野田琺瑯 ボウル 赤いフチ みたいな
検索ワードで来る人がいるのだけど、探している人に朗報。

今、てっぱん屋 というネットショップで
野田琺瑯の廃番の赤いフチが、
しかもの半額で在庫処分セール中です。

コチラがてっぱん屋 琺瑯キッチン用品のページ

ヒマな時に好きなものを検索するのだけど
そこでたまたまひっかかってきました。

最初、今更販売中なんて詐欺じゃないかな??
って警戒したのだけど(失礼)、
インスタとアメブロにお店の人の宣伝が出ていたのと
カードでの決済を選択できたので頼んでみたら
ちゃんと届きましたー!

※ 現金振り込み以外対応していないネットショップは
詐欺の可能性があるので、定価が高額だけど3割引き!
みたいなサイトは気を付けた方が良い。
2017-05-20 17.25.18_R.jpg
間違いなく野田琺瑯の赤いフチです。
2017-05-20 17.25.07_R.jpg
Amazonばりの速さで届いてビックリ。
お店の人も親切で良かった。
昔オットが欠けさせた10cmのボウルも買い足して
だいぶ満足。

ドクダミだの梅だの紫蘇だの
白い琺瑯は土汚れの洗い残しもよく見えるので
私のやる作業にはだいぶマッチしている。


そしてコチラは琺瑯のオイルポット
野田琺瑯ではないのだけど、高木金属工業てとこの
日本製(←ここ大事)オイルポット。
2017-06-06 12.49.08_R.jpg
濾し網が付いているのだけど、これとは別に
ペーパーフィルターは使った方が良さそう。
2017-06-06 12.49.18_R.jpg
シンプルでかわいらしい。

むかーしはオイルポットがあったけど
ほとんど揚げ物をしないので
管理がしきれなくて破棄したのです。

今は揚げ物って頻繁ではないけど時々はする。
アジ釣りなんか行くと絶対する。

基本的には1回で使いきっておしまいだし
魚を揚げた油は水分出るから再利用はキビシイのだけど
お弁当用に唐揚げを揚げた時なんかは
もう1回ぐらいは使ってもいいな、ってぐらい
揚げ物自体の1回量が減って油が綺麗。
以前はけっこうな量を揚げていたんだな。


そんなわけでオイルポットは半年ぐらい
審議事項に上がったまま保留にしていたのだけど
油を入れたままの鍋にアルミホイルをして
置いておく、ってのもナンだしなぁ~~と
琺瑯ボウルのついでに購入した次第。

早く買えば良かった。

一応野田琺瑯のオイルポットも比較対象には
上がったのだけど、活性炭カートリッジが高いのと
そこまで再利用に熱入れないかなぁー…ってことで
ライトな使用感を目指して高木金属にした次第。

これはエジリーてとこの琺瑯のヤカン。
独身のときからかれこれ10年以上使っているような…
2017-06-06 12.49.46_R.jpg
白い琺瑯は油ハネとかコゲとか、やはり汚れが目立ちます。
しかしやはり台所というのは清潔であるべきで
否応なく目立つ汚れというのはズボラな私に
強制的に掃除をさせるにはもってこいなので
大変重宝しています。


てっぱん屋さんの野田琺瑯は取引先の倉庫から
出てきたデッドストックなので、在庫が無くなり次第終了です。

欲しい人、急げー。




IKEDA ペッパーミル & ソルトミル [おすすめ]

卓上用のミルを買い換えました。

ミルは絶対IKEDAがお勧めです。
本当に使いやすい。そして信頼のmade in JAPAN。

今回もIKEDAのミル。透明部分はガラスです。
2017-01-16 21.58.30_R.jpg
これは今まで使っていたIKEDAのミル アクリルです。
2017-01-14 00.10.03_R.jpg

IKEDAについてはネット上にほとんど情報が落ちていません。
Amazonや楽天などのショップでミルの取扱いがあっても
掲載されている情報自体が少ない。

一部の型番にだけFIVESTAR金具使用、と書かれていたり
「ペッパーミルにはFIVESTAR金具使用」とか
「究極のグラインダーを」とか書かれていて
☆マークの刻印の写真が載っていたり
その他の型番の金具については
写真がなかったり全く触れていなかったり。

「他の型番はFIVESTARじゃないの?」
届いた物の裏面を見てみて「GOLDCRESTって書いてある...」

ガッカリー!!

なんて思われた方もいらっしゃることと思います。

がしかし、同じです。
IKEDAのミル=FIVESTARブランドであり
これはどのミルであっても同じです。

「じゃあGOLDCRESTって何?」

FIVESTARと同じなのです。
以前は両方ありましたがGOLDCRESTの方が製造年月日が古い。
去年から刻印が星マークに統一されています。

それで、挽き具合に全く不満はなくて満足していたのだけど
活躍の場が多くて容量がもう少し大きいものの方が良い。
というのと、ついでに白コショウ用のものも欲しい。
ということで、今回買い直しました。

大きさの比較
2017-01-14 00.10.14_R.jpg

ちなみにこれはキッチン用にしているもの。
独身の頃から、かれこれ10年ぐらい使っています。
2017-01-16 22.22.06_R.jpg
これも今回白コショウ用を買い足しました。
並べるとビスの色が経年変化しているのがわかる(笑。

それぞれの大きさの比較
2017-01-14 00.14.58_R.jpg

これはペッパーミル GOLDCRESTの刻印
2017-01-14 00.09.21_R.jpg
これはソルトミル ☆5つの刻印
2017-01-14 00.09.33_R.jpg
ソルトミルは歯が18-12ステンレスなのでサビに強く
ペッパーミル同様にものすごく良く挽けます。
中の塩は昇珠園の塩を入れています。

胡椒は普通にスーパーで買ったGABANだけど
このミルで挽くと同じGABANなのに香りが良く挽けるのが
ビックリな違いです。GABAN、誤解して(←?)ごめん。て。


若い頃、一人暮らしを始めてしばらくして買ったのは
プジョーのアクリルミルでした。
しかし買ってすぐに、回すとネジが緩んで
そのたび締め直すのに疲れました。

そもそも胡椒が刃に噛んでくれないので
結局いつもネジを意図的に緩ませて粗挽きにするしかなく
そのうち台所の湿気を吸った胡椒がミルの歯に詰まり
...結局挽けないミルになってしまい、ソルトミルに至っては錆び、
「かっこいいんだけど、それだけ。」
というものになって破棄となりました。

ヨソで挽けるプジョーを使ったこともあるから
全部がそういうわけではないのだろうし
アタリハズレがあるのかもしれない。
あと住んでいる地方とか家によって気候や湿度も
関係するのかもしれません。

実家のミルはものすごく良く挽けたので、どこの?と聞いても
「これどうしたんだっけねー。引き出物だったかねー。」
全然曖昧。IKEDAという刻印を頼りに探して
私は当時住んでいたところの近くにあった
池袋西武だったか東武だったかで買った記憶。←やっぱり曖昧。

(実家のIKEDAのペッパーミルは20年以上は経っていて、
この前行った時はケヤキの木にヒビが入っていたけど
相変わらずよく挽けた)

IKEDAのミルを無事に購入してからこの10年、ストレスフリーです。
クリスタルのボディは「入ってないのか?」とか
「挽いてから塩と胡椒を間違ったのに気付いた」
ってことがなく、残量も中身も一目瞭然。
そして1回まわすとバラバラザリザリと良い量が出てきます。

よく挽ける分、戻すときに粉となったものが落ちるので
挽いたらトントンと叩いてから戻すか、トレイを置いて
受け皿にしておけば良いです。


今回おススメとしてこの記事を書くにあたり
FIVESTARとGOLDCRESTの違いが何か? その他、
株式会社IKEDAに直接問い合わせてみました。

このしつこさ(笑。

だけど、それぐらい情報が数少ないというのと
IKEDAのミルはそれぐらい素晴らしいんだよ!! っていうので
情報提供した次第。

昔はデパートで売っていましたが今は合羽橋とハンズに
有るそうですよ。

今はAmazonとか楽天という便利なものもあるので
ご興味ありましたら、是非。


この前の下田プリンスでも挽けないペッパーミルに
当たりました。IKEDAにすればよろしいと思う。(ボソッ




豊田化工 ねこ砂専用シーツがすごい [おすすめ]

暑い。

梅の天日干しには必要な暑さですが
いや過剰に暑い。

そしてこんな気候の時は気を付けないとネコトイレも臭くなる。

我が家のトイレはニャンとも清潔のシステムトイレが3つ。
4つ目も買ったのだけど、これは砂を入れる前に
ネコがちぐらとして入ってしまったので今のところちぐら。

我が家はネコが複数います、
システムトイレのおしっこ吸収マットでは間に合わないので
おむつシートを敷いています。が、最近クロの尿量が多い。
きっと年齢に伴って多飲多尿な状態だな...もう16歳だしな...
そして尿のにおいが他のネコに比べて強い。

シリカゲルで出来た砂にしたら匂いは無臭になったけど
粉が舞って絶対ネコの呼吸器には良くなさそう。

これどうしよう

って思ったら今は良いシートがあるんですねー。
システムトイレに敷くと尿と匂いも吸収するシートです。
私はアフィリエイト登録していないののだけど
良いものは勝手に宣伝します。継続してまた買いたいから。

コストを考えると我が家は節約した使い方をせねば...

※ ツケモノ的使用方法
まずはおむつシートを裏返しに敷きます。
2016-07-31 15.11.16_R.jpg
これは限局して尿が多い部分があった場合トイレ本体と
おむつシートの間に尿が入ると面倒だから、吸収用。

これまではこの上におむつシートをこうやって敷いていたのだけど
2016-07-31 15.11.51_R.jpg
この間にこのシリカのシートを敷きます
2016-07-31 15.11.33_R.jpg
そしてシリカの上におむつシートを敷きます
2016-07-31 15.11.51_R.jpg
そうすれば、匂いはシリカシートが吸収で
尿自体は毎日のおむつシート交換で良い。

そしてクロは最近、
うんちの時はしっかり奥に入るのに
おしっこの時はトイレに入りきらないのにそのまま用を足すもんで
床に漏れて大変なことになる、ってんで
DAIWAの防水トレーを使っているのです。

トレーに入れたトイレからお尻が出ていても
トレーがキャッチするのだけど、ここにもおむつシートを敷いて
おむつシートを捨てれば良いようにしていたら
このシートをなぜかトイレの中に掻き入れる他のネコたち。
カサッカサッとしつこくトイレの中から招き入れてしまいます。

トイレを買った時についてきたマットを重石にしたら
これは大変ヨロシイ。

というわけで、こんな状態にしています。
2016-07-31 15.12.49_R.jpg
あっ またモチ君がフレームインしてきてしまった

シートはホームセンターなんかでは
1枚あたり250円前後のコストですが
1枚/1週間ぐらいの交換頻度でOKです。
トイレ本体は毎週洗うので、その時に交換。
ところどころシートから漏れ出た尿も
シリカシートがしっかり吸収しています。

多頭飼いの方は特にオススメです。



岩城硝子のパイレックス [おすすめ]

最近、耐熱ボウルの売り場をブラブラしていたら
パイレックスが岩城ガラスではなくなっていることに気づきました。
そして同じ形のものがiwaki ガラスとして売られていました。

へっ、そうなの。


初めてお小遣いで買ったボウルは
岩城硝子のパイレックスです。

お料理番組なんかでガラスのボウルとかカップが出てくるのに
憧れて「買って」としつこく頼んでは
「使いにくいからダメ」と言われていました。

自分で買うならいいよ、と言ってもらったのは
クッキーなんかを焼き始めて、母がクッキー作りから
手を引いた頃だったと思います。

この前実家に帰った時、まだちゃんとありました。

パイレックスというのは、アメリカの会社の製品の1つです。
これを岩城硝子がライセンス契約して日本で作っていました。

いました。っていう過去形は、今は違うのです。

ライセンス契約が切れたのか、今はiwakiブランドで
耐熱ガラス製品として売られていて、パイレックスのロゴの
入ったものはiwakiではないのと、両社とも製造は
中国やタイなど、日本ではない会社です。

今は外国製品が多いなぁ~。

我が家の岩城ガラスのパイレックス製品
まずはボウル
2016-03-27 12.31.24_R.jpg
3つの大きさでそれぞれ3つずつあります。
2016-03-27 12.30.24_R.jpg
こちらはカスタードカップ
2016-03-27 10.56.06_R.jpg
私が子供の頃、これは花柄が付いているカップがあったな。
もういいね、とかいって捨てられてたけど、
今思うととってももったいないことをした(T_T)

このパイ皿と同じ花柄だった
2016-03-27 10.58.01_R.jpg
MADE IN JAPAN て書いてある
2016-03-27 10.58.09_R.jpg
ガラスのパイ皿はうまく焼けないとかいう人も
いるのだけど、全然問題ありません。
サックリ綺麗に焼けて焼け具合も確認できて
私は便利に使っております。

んー。琺瑯の製品なんかもそうだけど
made inJAPAN、頑張ってほしいなぁ~~。

琺瑯・ステンレス・ガラス、
それぞれの利点があってそれぞれオススメです。


次回は「真面目にストウブを使った料理」編の予定です。

 ↑ 本当かな…



横浜うみたてたまご [おすすめ]

シルバーウィーク中でお休みがありますが
連休ではないので、まぁ自宅近辺でノソノソ暮らしております。

かねてから農産物が好きなツケモノ、
農協が好きでちょくちょく出かけては
野菜や卵などを買っていました。
居住・近隣の区町は横浜といえどもヒルサイドなので
お洒落ベイサイドと違って農園や畑がたくさんあるのです。

で、今日は養鶏場に出かけて
産みたてたまごを買ってきました。

現在の住まいと前の家を行き来している時に
車の窓から「うみたてたまご」という幟を見かけていました。
ナントカ養鶏場、って書いてある。

養鶏場があるんだ...いつか来たい。


子供の頃住んでいた社宅は山の上にあって
神社の隣で、周りは畑がぐるっと囲んでいて
畑の大地主がいて、という場所でした。

「卵買ってきて」とボウルを渡されて
山の急坂をてくてく下りていくと養鶏場がありました。

おじいちゃんが秤に乗せたボウルに卵を入れてくれて
「落とさないでね」って重くなったボウルを渡されるのだけど
坂を上って帰る途中で卵が転がり落ちて、
やっぱり1つは落として割って怒られたり
無事に帰っても数がいつもより少ない、とかいって
落としたのではないかと疑われたりしたなぁ~~。

養鶏場にたまごを買いにく、というのは
とっても楽しくて特別なおつかいだったので
好きだったのだけど、
そのうち山の反対側の坂を下りたところに
チェーンのスーパーができて、たまごのお使いは
頼まれなくなり、スーパーでその他いろいろ一緒に買うように
となってしまったので、とても残念に思ったのでした。

先日姉が見に行ってきたというその場所は
今は畑もずいぶん潰れて家が建ち
社宅だったところもギューギューに戸建てが並び
「養鶏場もなくなってたわ。」だそうで
なんだか悲しいなぁ。

農業は職種として好き嫌いがすごくあるし
好きだとしてもやっていくのは本当に大変だけど
私は自分が知る限りで言うなら好きです。

生きていくために毎日毎日が次につながっていて
種まいたら収穫してそれでおしまい。ではなくて、
収穫するための草刈りとか苗木を育てたり
剪定したり、毎日やっていることが全部つながっていて
「生きる」っていうのが分かりやすく伝わってくるよなぁ。

買ったー、食べきれなかったー、捨てたー、
っていう側ではわからない感覚というか…
大変だろうけど幸せなことで羨ましいなぁと思うわけです。

そんなことを思いつつ
今日は養鶏場に出かけてみよう、と車を出してもらいました。

あったあった
2015-09-21 11.23.09_R.jpg
横浜たまごです

ネットには「これより先立ち入り禁止」
の札が貼られているので、ネットの外から見学
2015-09-21 11.32.49_R.jpg
このように鶏さんがいらしゃいましたよ
2015-09-21 11.32.58_R.jpg

織茂養鶏場って書いてあった
2015-09-21 11.23.19_R.jpg

スーパーで買うより若干高いけど
横浜たまごはおいしい。
よくある「コクのあるこってり」ではなく
サッパリしているのです。

キズありたまごは1kg(15個ぐらい)で
240円だったか270円だったかで
残7個あったので、それ全部と
Mサイズを6個170円で、全部で270円。
茶色い紙袋に入れてくれた。

今日産みたてですか?と聞いてみたら
「はい、今朝です」と教えてくれました。
もし「...採れて3日以内を産みたてとしていますので」
だったらどうしよう、聞いてはダメかも?と思っていたから
ホッと安心(笑。

コチラがM玉規格たまご
2015-09-21 11.45.25_R.jpg

コチラはキズありたまご
2015-09-21 11.45.40_R.jpg
だけどたまごの表面にザラザラが付いていたのと
1個だけ軽くヒビが入っていた程度なので
キズありはすごくお買い得だと思う。

中身は同じ
2015-09-21 12.51.09_R.jpg
2015-09-21 12.51.31_R.jpg

何人かお客さんが買いに来ていたのだけど
「1kgと別に10個袋に入れて」とか
ちょっとしたお遣い物にしたりするのかなという
通な買い方をしていらっしゃる。

そうだよねぇー、良いと思う。
(でも先方が「特売で買ったばっかりだった」とかなったら
大変だから「たまご持っていくよ!」って言っておかないとだな。)

そんなわけで、本日のお昼は
たまごかけご飯です。
2015-09-21 13.00.28_R.jpg
おいしかったー

ごちそうさまでしたーっ
m_k4799137.jpg



緊急購入 久松発見しましたー!! [おすすめ]

先日久松の甕のエントリをしましたが
今回はその続きとなります。


先日偶然、久松の甕を発見したのです。
2015-08-13 19.57.45_R.jpg
一般的な茶色いものと違っていますが
確かに久松!!

久松のカメがあたらしく買えるなんて
思っていませんでした。

しかも私の好きな3号!

普通の久松と並べるとこんな感じ
2015-08-13 19.58.38_R.jpg
かわいい3兄弟...とかいって、黒っぽいカメは2個買ったので
実は4兄弟っていう(^^;

中の用紙
左は昔の久松のカメにはいっていたもので
右は2012年の原稿らしき新しいもの
2015-08-13 20.00.22_R.jpg
2015-08-13 20.00.44_R.jpg
昔のは「~する。」とか書いているのに対して
今のは「~してください。」と書いている。
絵は全く同じだけど文章が丁寧(笑。

これで来年は南高も久松で漬けられます。
うれしいなー!



琺瑯のボウル (野田琺瑯) [おすすめ]

前回の久松の甕のついでと言ってはナンだけども
昔から好きなものに琺瑯の製品があります。
2015-07-29 21.33.26_R.jpg
私が持っている野田琺瑯のボウルは
10cmを5個、24cmを1個、26cmを2個、
28cmを1個、30cmを2個。

野田琺瑯ではないもので天馬とか笹虎もあります。
(他に白熊とか今もあるのメーカーは月兎とか
...動物の名前が付いたメーカーが多かったのか?)

琺瑯のはステンレスに比べて重いのだけど
汚れがよく見えるし、なんだか懐かしくて
あのフチの赤や紺がかわいい。

梅の実を水に放つときなんかも
琺瑯のボウルに入れて計量した後に
水をザーッといれると雰囲気あって楽しいイベントだし
コロッケなんか、揚げて琺瑯のバットに
とっておくだけでなんだか楽しいご馳走のように
見えてしまう。

糠漬けも琺瑯の深い容器で漬けています。
冷蔵庫で漬けるから、琺瑯の四角い容器は便利で
梅干しの保存も同じように琺瑯の容器。

琺瑯だってもちろん日本製。
粗悪な海外製は琺瑯のフチの処理が甘かったり
底がハゲてたり欠けてたりするのだけど、
国産であっても落としたりして欠けると錆が出てくるから
取り扱いには注意が必要です。

野田琺瑯は、5年ぐらい前は赤いフチと紺のフチの
ボウルを各サイズ出していたのだけど
今はもう廃盤になってしまって
全部真っ白か、ちょっと全部たまご色か。

フチ色付きの真っ白ボウル、買っておいて良かった~。

そして今回、久松の問い合わせをしたご縁で
森金物店さんから購入した
野田琺瑯の26cmのボウル。紺のフチです。
2015-07-29 20.53.46_R.jpg
2015-07-29 20.54.14_R.jpg
野田琺瑯のフチは、天馬や笹虎に比べて
丸っこくてプリッとかわいらしい。

燕三条で作られたステンレスのボウルは
毎日の食事作りに活用していますが
琺瑯のボウルは梅を漬けたり紫蘇を洗ったり
石鹸を作ったりするのに登場します。
2015-07-29 21.34.54_R.jpg
30cmの赤フチ、26cmの紺フチ、10cmの赤フチのセットは
一番好きなセット。

この10cmの琺瑯ボウルだけは毎日活躍しております。
ネギを切っておいたり卵を割っておいたり
ちょっとショウガをおろしておいたり。
重ねて引き出しにしまえて、場所も取りません。
便利でかわいい、プチボウルなのです。



大がめ・中がめ・小がめ(久松) [おすすめ]

パンダコパンタならぬ、大甕中甕小甕。

先日の、足踏みミシンの横にある壺の件です。

これは、ご存知! 久松(キュウマツ)のカメです。

久松は半田にあった常滑焼のメーカーで
茶色いカメは有名だと思います。
(ツケモノ母の親族はみんな愛知県民なので
常滑は余計身近なものでもあるのかも)

11年前、初めて梅干しを作ろう。と思った時に
近所の東急ハンズで買ってきたのは、久松の1号の梅壺でした。

梅干しは完成時に半量になる、ということを知らなかったので
「これだけあれば大丈夫だろう...」と買ってきた1号の壺は
実は一番小さいものであり、1kgの梅の実しか入らなかったので
後々買い直すことになるのだけど、捨てるという発想は全くなくて
その後もツルリと綺麗な焼き物をチマチマと買い足して
全部で4つ、持っています。

手持ちの久松勢揃い (1号×1 3号×2 5号×1)
2015-07-27 15.37.48_R.jpg

今は3号のカメに3kgの十郎梅を漬けていて
来月ぐらいに干そうと思っているところ。

ずっと以前、出かけた先のホームセンターで
久松にそっくりなカメを「梅壺」「漬物壺」として
半額ぐらいで売っていて、えっ! コレでいいじゃん、と
同じサイズのを買ってきたことがあったのだけど
漬けている途中でカメの表面が細かくひび割れてきて
(これは貫入という現象らしい)、なんて粗悪なんだ、
どこの製造メーカーだったっけな? と
同じお店に箱を見に行ったら「中国製」 !!

ギョッ

まさかの中国製。

こんなカメまで中国製があるのかー! とビックリしたのと
中国製の土鍋からカドミウムが出て云々とか言ってたし
当時親が中国の青島に住んでいた時に色々聞いて
中国製品については嫌いというより怖いという思いが強くて
そのカメと共に梅2kgまで泣く泣く捨てることになったのでした。

まさか常滑とソックリの外観で、
しかもなじみの深いカメが中国製だなんて、
全く考えもしなかった。
安物買いの銭失いすぎる。

そして久松のカメはその後3号・5号と買い足すのだけど
一番使いやすいのは3号で、5号になると持ち手の無いカメは
カメ自体が重いし、さらに中には5kg分の梅が入っているし
梅干しなんかでベランダに運ぶにはけっこう恐ろしくて
「そのうちなにかを」と使われなくなっていきました。
味噌でも作ろうかな?

そして、残念なことに久松は2年ぐらい前に廃業してしまいました。
安い中国製に押されたというのと
3.11の震災の影響も大きかったようです。

確かに、大きなカメよりプラスチックの樽の方が
運ぶにも軽いし、しっかり指もひっかけられるし
便利ではある。しかも「やっぱりカメで漬けると良い!」 と
分かるほどの差は、私のバカ舌にはわからない。

プラスチックの方が良いから。と焼き物自体が
売れないならわかるけど、(プラだって粗悪なものは割れる)
海外の安い見た目同じ焼き物なら買う、けど
日本製は高いから買わない。というのは違うし
やっぱりあの外観と雰囲気と漬け込み管理のしやすさで
良いなと思うから買うというなら、
毎年の消耗品でもないのであれば日本製を
長らく使うのが一番良い。

(健康被害が出てから治療費を払うことを考えれば
国産の良いものを買っておくのが一番安上がりとも考えている)

だから販売業者も、その時だけの利潤を追求しないで
国レベルで考えて欲しいなぁとか思うのです。

贅沢でなくて、あるのが当たり前。という
長く使える良いもの。

日本製、ってからには
それを製造する人は手に職を持った職人で
その人たちが生活していけるように賃金が払われれば
販売の値段は高くなるけど、絶対にモノがいいから
長持ちするし、大事に使う。っていうサイクルです。

今みたいに景気自体が悪くて世帯収入が低下してるのを
いいことに、外国製の粗悪なものを安く売って、
壊れたらまた買えばいい。ということをしていても
次世代の物づくりはもちろん途絶えていくし
国民全体が粗暴な気質になっていくような気がして
デフレスパイラルが止まらなくなってしまう。

安いのは良いことだー! というのは
いつからそうなってしまったのかなぁ。

そういえば先日、
いよいよ無くなってしまう前にカメを買い足しておこう。と
オークションで久松を探していました。

底の刻印には「久松」というのと「久松窯」というのとあって
私が持っているカメはみんなゴシックで「久松」と
号数を表す数字と、ロット番号が刻印されているけど...
2015-07-27 15.38.11_R.jpg
どういうことだろうか??と思いつつ
久松窯というのは何だろうか?

色々検索しても出てこない。
久松のデッドストックを扱ってるお店の
森金物店さんに行き当たり、メールで聞いてみたら
(お客さんでなくてすみません)
なんと問屋さんに問い合わせてくださいました。

その間、オークションでデッドストックとなっていた
カメがいくつか出てきたという業者さんから
「国産です」「久松です」ということで買ったカメには
久松窯の刻印と、3という号数も刻印されている
2015-07-27 15.39.14_R.jpg
肌は綺麗だし箱も文書も私の知って久松。
2015-07-07 20.54.40_R.jpg
2015-07-27 15.41.44_R.jpg
2015-07-27 15.39.27_R.jpg
届いたのコレなんですけど...と森金物店さんに聞いてみると
古い在庫の中には久松窯と刻印されたものがあることを
教えて頂きました。

良く見たら、自分が持ってる
比較的新しい久松のシールにも「久松窯」て書いてあった。
2015-07-27 15.41.11_R.jpg
森金物店さんは私の好きな野田琺瑯のボウルや
久松のデッドストックを置かれていて
私は見入ってしまって、結局ボウルと
卓上用のぐるめ壺を購入したのでした(笑。
2015-07-27 16.17.27_R.jpg
雰囲気あってよろしい。
2015-07-27 16.17.39_R.jpg
何を入れるか考え中。

久松、またいつか業務再開してほしいなぁ。



革のペンケースをオーダー [おすすめ]


えー、本日は普段私が製作しているペンケースではなく
私が研修や授業のために必要とする、私のペンケースの製作を
依頼した話です。

オーダーは5+ のakkoさんにお願いしました。
このツケモノ、研修の時に持ち歩くペンケースは
10年前ぐらいに閉店セールの雑貨屋さんで買ったものです。
帆布で、一部蓋だけ革というペンケースでした。

しかし、革があまり良くなくて
10年経っても全然柔らかくなる気配がなく
ガチガチで開け閉めしにくい。

あげくに、研修で出かけた先のお昼で
隣の知らない人に醤油を飛ばされ、帆布に醤油がー!!

買い換えたいけど欲しいものがないし...
しかし自分でラミネートのものを作るのもなぁ~~
歯ブラシポーチと見分けが付かなくなりそうだし
文具のペンケースは革が良いしな~~

しーん。

なかなかコレというものが無く、高いのにあんまり...なものとか
もうちょっと高くても良いからどうにかならんか...なものとか
そんなのばっかりで、長らく醤油の染みたペンケースのまま
ブラブラと探し歩いていたのです。

そんな中、akkoさんのブログでこのお財布
見かけたんですよ。

ギャー コレ、コレコレコレ
私が思ってたペンケース、コレだっ。
どうしよう? お財布の紹介なのに、これでペンケースを
オーダーしたい。なんて、図々しすぎる。
でも、私が思ってたペンケースがコンパクトになって
お財布として出てる!!と思ったら、もじもじもじもじ

...やっぱり伺ってみることにしました。


そして快く引き受けて頂いたのですー!!

革の色、どうしよう?
キャメルもブラウンもカワイイ。
どうしよう??

と思っていたら、ブラウンは現在はないとのことで
それでしたら心置きなくキャメルで。

10×20㎝ぐらいの、というザックリすぎるオーダーから
型紙を起こしていただき、本日到着しましたー!!

いいかな? 自慢しちゃっていいかな??
ってなわけで、お披露目。


せーのっ、どーん!!
2015-07-16 12.00.09_R.jpg
中はこのようにファスナーのポケットが付いています
2015-07-16 12.00.38_R.jpg
替え芯やポストイットを入れたり修正テープを入れたり
2015-07-16 13.22.17_R.jpg
本体にはペン類をザラザラと入れたり
2015-07-16 13.23.17_R.jpg
はまりんシャーペンのはまりんがゴキゲンに見える

革の厚み、質感がとってもよくて
角のRも綺麗、ファスナーも開け閉めにストレスがない。

ほぉぉぉぉ ため息

大人のペンケース!!

わーいわーい[グッド(上向き矢印)]
これで研修も頑張ります。
akkoさん、ありがとうございました[るんるん]



前の10件 | - おすすめ ブログトップ