So-net無料ブログ作成
検索選択

最近の徒然 [雑記]

革の抜き型が鈍ってしまっていたので、新しく購入しました。
ひょうたん型のはナスカン用、砂時計型のはDカン用です。
2015-06-06 00.10.10_R.jpg
そもそも最初に型を買ったとき、金槌でガンガン叩いて
抜いていたので、途中で裏表間違って刃を叩いてたことがあって
(私だけでなく手伝ってくれた母もやった)
あれ、抜けない...っていうか逆だった~~!!

...てことが何度かあったもので、けっこう前から鈍ってたのを
ハンドプレス機の力で騙し騙し使っていました。

今回もナスカン用はオーダーで作ってもらいました。
1個2300円ぐらい。定形外で送ってもらいます。

最近研修のためのe-ラーニングなんかもあって
だいぶヘトヘトになっていたので届きっぱなしになっていたのだけど
気分転換に抜いてみよう...

いきなり新しい抜き型で指を切りました。
刃の断面が剃刀みたいになってるのだけど
これまでの抜き型にそのまでの刃は無くなっていました。

サックリサックリ、こんなに快適に抜けたんでしたっけ、
ってぐらい、今までごり押ししてたのが嘘みたいに快適。
ハンドプレス機、本領発揮。わーい。

どんどん抜けて気分転換が本気になってしまいそうだったので
20枚ぐらい抜いて終わりにしておきました。

----

最近の疲労感がハンパないのです。
普通に忙しいのと、目の前のことが押し寄せてきて
理解する暇が無くて対応しきれてない。
理解できないのは精神的にもけっこうしんどい。
でもなんとかして力を借りたり付けたりして
進んでいかなくてはならない。

そこへもってきてオットはまた扁桃炎。
「ボク、本当は今日休みのハズがズレたから
明日休むことにした。」

そうですか、養生してくださいねぇ。
と心の中で思いながら私が寝掛かると
「ハー!!」「フー!!」と奇声を発するので寝られない。

...いい加減、手術を受けていただきます。

「昔は優しかったのに。」
そらアンタ、年に何度も分かってる熱源燃やされても
優しくなれません。


疲れ切ってウトウトしかけると

「ヒー!!」

もうだめだ、休める場所がない。
本当に寝かせて欲しい。

入院中の大部屋だったら絶対出さない声を
隣で寝ている私には遠慮なくぶつけてくる。

「フー!!」

ブチッ  ラマーズ法かっつーの!!

しかしここで「うるさい」と言うとまた揉める。
私は明日仕事なんです!

かくなる上は「ハーつらい!!」「アー苦しい!!」

って負けずに対抗して叫んでやった。
ウトウト寝かかってはハッと起きて
ゴロゴロゴロゴロ寝返りを打ちながら2時間おきぐらいに。

黙った。

勝ったっぽい。


肉を切らせて骨を断つ!

目には目を!
ラマーズにはラマーズを!

にゃろー
おかげで寝不足じゃーっ

って目覚ましの音に諦めてムクリと体を起こしたら
「ねぇ、ストレス溜まってるんじゃない?」

...。 

そう....ね。そうだと思う。


今日は静かに寝てるなー、って
なんか今見たらすっごく汗かいてダラダラ流れている。

...ガマ?


だめだ、ふざけたこと言ってる場合でもないな。
真面目に経過を見ておかねば。


マクドナルドの思ひで 他 [雑記]

今日は外出の帰りに「ポテトでも買って帰ろうか?」
という提案があって、懐かしくマクドナルドに行ったのだけど
「もう今後は行かないなぁ」という残念ぶり。

カーリーポテトというのがあって、
これはモーションブルーというライブハウスで食べた
コイルポテトみたいな写真パネルだったのだけど

... なんだこれは。

食べ物として、コレはいいのか??という疑問が...
っていうか、パネルの写真と全然違ーう!!
コイル状の写真と違って、あちこちにニョロニョロと
延びたポテト。

もはや回虫にしか見えん。

という、どうしようもなさで写真を撮ろうかと思ったけど
このところのマック叩きにはひそかに心を痛めているので
それはやめておく。

ちなみに、モーションブルーのコイルポテトはコチラ
m_2014-10-182019_05_28_R-62704.jpg
こういう電話のコードみたいになってる
m_2014-10-182019_07_06_R-4feeb.jpg

普通のポテトも買ってきたけど
これに至っては「まさかそのカスかき集めて
入れないでしょうね」っていうそのまさかで
カウンターの太めの女子を見ていて悲しくなったのでした。

最近叩かれているマクドナルドは
私が高校3年間、大変お世話になったアルバイト先でした。
私が働いていたのは90何号店だったか、
日本でできた順番としてはかなり早い店舗だったけど
今は再開発で当時の建物は無くなってるはず。

バイトなんか禁止じゃー!!と言っていた親が
唯一、マクドナルドなら良い。あそこはマニュアルが厳しい。
しかしあそこで続かなかったらどこも続くまい。
として許可してくれたバイト先でした。

確かに厳しいので辞めていく人も多かったけども
他に働く場所がないもんで
恐ろしい店長と恐ろしい裏店長みたいな
パートのおばさんに怯えながら仕事を覚えて続けたのでした。
(店長は数人の気に入ったスタッフ以外には
早口で怒鳴るのがデフォルトだった)

私が属していたのはカウンターパーソンという
いわゆるレジの女の子で、時々ポテトなんかも担当するのだけど
バイトがみんなアツくて(笑、面白かったですねぇ。

マニュアルではポテトを揚げるときは
フルのラインまでに収まるようにポテトを入れて
揚げあがったらこのように油を切って空けて
タイマーをかける。7分のタイマーが鳴ったものは
廃棄する。

だいたいこんな感じの内容なのだけど

バイトのクルーが自分の意見を書いたりするノートがあって
そこには高校生や大学生が
「ポテトはいつも揚げたてを提供できるように
バスケットにはフルで入れずに
小回りよく回すのが良いのではないか」とか
「テイクアウトのお客さんに、揚げたてを袋に入れると
「蒸気でシナシナになるから袋は閉じない方が良いのではないか」とか
粗熱のとれたものを袋に入れた方が良いのではないか」とか
「いやいや、歩きながら食べるから揚げたてがいいのではないか」とか

マニュアルに定められたこと以外の+αの範疇で
自分の思うサービス論がいつも展開されていて、
働くって面白いなぁ。と思ったのでした。

私が恐ろしい店長に初めて褒められたのは
ポテトの詰め方でした。
写真パネルみたいに綺麗に、そして秤に乗せるといつもピッタリ!
店長に「詰めすぎだろ!!」って怒鳴られて、店長が
トレーニング用に置いてある秤に乗せたらピッタリ。
次もピッタリ。「Sも詰めてみろ!」やっぱりピッタリ。

「うまいじゃないか!!」 (やっぱり怖い。)

あれも、ちゃんとポテトが折れないように入れる
ちょっとした技術が要るのだけど、量は守れても
見た目が「ウーン」というのがよくあります。
横向きに無理やり入って見た目に嬉しくないものを出されると
テンションが下がるので、私は「どうやって入れるのがいいのかな?」
と日々試行錯誤をして習得しました。

肩より上に手が触れたら手を洗うとか
ダスターもタイマーがかかっていて
時間が来たら交換するとかいろいろ決まっていて
それは「安全の提供が大前提」というのをうるさく言われていました。

...けど、今日のマクドナルドはどうだろう。
フランチャイズが多くなりすぎたのかな??

顔をポリポリ掻きながら袋に詰め
もそもその「コレ、廃棄じゃ...」っていうポテトを
かき集めてスカスカなのを分かってて提供する。

ちょっと前まで、マクドナルドは絶対潰れないだろうなー。
子供のころからあの味を覚えた世代が親になって
また子供に食べさせる。子供はフレッシュネスバーガーより
マクドナルドに行きたがる。このループ。
って思ってたけど、そうでもないかもなぁーと残念に思いました。

サイズを小さくしないと提供できない、というなら
状態良く、おいしいものを出さないとお客は帰ってこない。

まずい、醜い、割高。
こんなものにお金を払う価値があるか?
ってことを、考えてるのだろうか。

これは何の仕事も同じだと思うけど
胡坐かいて「どうせ自分には関係ないし」って言ってるから
業績が上がらなくなって給与も増えなくて不満が募って
ブラックだブラックだと言うようになるんじゃないの。

どっかの居酒屋みたいに、調理する恰好のくせに
床に這いつくばって床の雑巾がけとかいうのは
違う意味でブラックだけども。

もっと「働く」ってことを真剣に考えた方がいいと
思うんだけどなぁ。やっぱそういうのを考えない組織は
人材の教育だってできないわけで、
そうすると自然に淘汰されていくだろうなぁ。


最近スタバのコーヒーぐらいしか外食(?)に
お金を使っていなかったのだけどよく考えたら
「おいしくない上に何使ってるかわからないものに
払うお金はありません。」これに尽きるのかも。


ごはんかいじゅうパップ vs ウメボシーン [雑記]

普段テレビを観ないのだけど、先日相方さんがつけていたテレビから流れてきた歌に「!!」と
反応してしまいました。なんか気になるwordが聞こえたよ!

先ほどまた流れてきたのですが、すぐ終わってしまったので検索。

ごはんかいじゅうというキャラクターらしいです。


どうしよう、頭から離れません。
しばらく我が家では流行りそうです。

2回観ただけではウメボシーンと怪獣、どちらが主人公か分からなかったのだけど
主人公はごはんかいじゅうで、ウメボシーンは敵ということで、
どうやら敵と戦ってうまく組み合わさっておいしくなるよ!ということらしい。

他に、YouTubeによるとパップvsカレードンもあるらしいのだけど
テレビで観たのはウメボシーンだけでした。


自分の必殺技に敵の名前を付けるとは、ごはんかいじゅう...懐が深いゼ。


…ところでこのCMが何を宣伝したいのか?ということについては
全く分かりませんでした(^^;)



マスコミ [雑記]

少し前までの時代はカブで配られるペーパーの新聞しか読めなかったけど、
今はインターネット上で新聞各社の記事をポツポツと読むことができます。

おかげで新聞社のそれぞれの体質というのがだんだんわかってきました。
きちんとした取材をせずに誹謗中傷を繰り返す、非常に悪意に満ちた新聞社もいるんですね。

職権乱用っていうのか、拡散できる立場を利用して書き散らかす行為。
〇〇新聞っていう文字、社名から取って<〇〇ゴシップ>とか<〇〇テロ>に
変更すればいいのに。

芸能リポーターだって家族が死んだとき取材に応じなかったぐらいなのに、まして
自分のプライベート情報切り売りして生活する芸能人でもないし、損得勘定して
違うことを書き立てられても気にしないでいられるようにはできてないんだよ、一般人は。

なにもない週末 [雑記]

近所の和食屋さんでお昼を食べた後、うちの近所で
ケータリングのお兄ちゃんになにかを話しかけているおばさんがいました。
あしらわれてる感満載で「どうも」と言ったおばさんは首を傾げて
わき道を覗き込んでいます。

道に迷ってんのかなー?

「どこ行きたいんですか。」なんと聞いてみてしまいました!

私は道を歩いているとすごい確立で道を聞かれるのです。
「わ~まただ!」と内心思うし、わかってもらえなくて逆切れする人もいるから
嫌だなと思うのだけど、この私よりもおばさんの近くに居たお兄ちゃんに
聞いたばかりで「もう聞けんしー」という悲しそうなオーラを漂わせたおばさんに
こっちから声をかけてしまいました。

「あー。この辺に〇〇-〇って番地ありますかねー。」
〇〇-〇・・・ え?ウチじゃん。ポカーンな顔の相方さん。

相方さん担当の生命保険のおばさんセールスレディだったのでした。

「保険の見直しにくるんだけど、何時にくるかわからん」と言ってた相方、
「もしかして□□さん?!」毎年お歳暮にブランドもんの靴下くれてたんだけど、
景気が悪くなってからだんだんブランドのランクが下がり、
ついにノーブランドの靴下になったので「不況ですな~~」とか言って笑ってたんだけど、
この人が担当だったのか。

めでたく解決して一緒にうちに帰りました。


保険が終わって、14時すぎ。
最近の週末は、休みが合うと釣りに行ってたから何をしたものか・・・

エアコンも節電のため付けてないしな~~

「省エネ。」とかいってベッドに潜っていると、相方から物言いがつきました。
「ちょっとー!!外に散歩にでも行こう。」

渋々着替えて近くの公園に散歩に行きます。
公園といっても、何キロも続く緑道になっていて、公園同士が道でつながっています。

こういう道がずっと続くのです。ときどき小川が流れているところもあります。
IMGP1870.JPG

生態園とかナントカ池とかを覗き込んで、
ウロウロと歩きました。

サギとかカモがいました。 ・・・カタカナで書くとひどいな[あせあせ(飛び散る汗)]
IMGP1863.JPG

IMGP1865.JPG

IMGP1873.JPG

ゼーゼー言いながら坂を上っていくと、調査という腕章をつけたおじいさんとおばあさんが
いました。「コンニチワ」と挨拶をすると、スミレが咲いていると教えてくれました。
葵スミレというものだそうです。
IMGP1867.JPG
おじいさんが「この葉っぱが囲んでいるようになってて
これが葵の紋のようでしょう。だから葵スミレです。」 へー。

このキノコは・・・
IMGP1868.JPG

途中、シイタケの木がありました。ちょろっと生えてる。
IMGP1872.JPG

桜の木は芽吹いてます!そろそろ咲きますかね。
IMGP1878.JPG

IMGP1877.JPG

オナガ。
IMGP1879.JPG

キジバト。
IMGP1880.JPG

IMGP1881.JPG
集団でガサガサと歩いているところも見ました。

子持ちのおいなりさん。
IMGP1885.JPG
隣駅の遊歩道にいる野良猫。
IMGP1890.JPG

IMGP1892.JPG
誰か餌やりさんがいるらしい。

夕方になるし~ と好きなお蕎麦屋さんに行ったら閉店していました。
えー!! 看板がないけどー!! 
好きだとか言いながら今まで1度しか行ったことがないのだけど
おいしいお蕎麦屋さんだったのに残念。

ノロノロ歩いて帰ります。
隣駅までの緑道なのに、家を出てから3時間ぐらい経っていました。

「お蕎麦食べたいねぇ。」
スーパーで生そばと辛味大根を買って帰り、家で食べました。


久しぶりになにも考えない一日でした。

特別なことは何もないけど、日常があるという安心を自覚します。


近所で子供たちがバドミントンをして遊んでいました。
一人が「まーほうーのこーとばーで」と言うと全員で「ポポポポーン!」
と叫んでいたので噴き出してしまいました。