So-net無料ブログ作成

1年ぶりにLTアジ船に乗る [釣り]

食べる魚としてはアジが一番好きと言っても過言ではないのに
釣りものとしてはアオリイカだのカワハギだのと
別の物ばかりに出かけていました。

アジは「いつでもできる」という通年性があるため
全然優先順位が上がってこないという…。

しかし、いつもお世話にになる金沢漁港の蒲谷丸さんから
お誕生日で20%OFFのお知らせメールが来たので
これは乗るべし!!とイソイソと乗り込みました。

金沢漁港だと近いし朝6時に出ればいいかー。
いろいろ遅くて良いからいいよねー。
とか言っちゃって、6時出発で遅いとか言ってる時点で
けっこう麻痺している感覚(笑。

がしかし、油断禁物という感じに
パッと目が覚めたら6時11分でした。

「6時11分だよ」太めに発声すると
ガバッと起きるオット。
キャンセルせずに急いで出かけるらしい。

そうとなったらダダダッと着替えて、
マンションのゲートを出たのが6時20分ていう
笑ってしまう速さ。

車出して荷物を積んでゲートまで行くのには
5分かかるものなんだけど、ってことは4分で
家を出たということだから恐ろしい(笑。

道も空いていて、6時55分には漁港に到着です。
良かったー今日に限って渋滞です、ってなったら
ガッカリだもの。

朝早いのでイワシミンチは凍っている
2017-11-25 16.33.49_R.jpg

富士山が目の前に見える場所で開始
2017-11-25 16.33.33_R.jpg

潜水艦が通っていくのが見えた
2017-11-25 16.33.23_R.jpg

ダブルきました
2017-11-25 16.33.15_R.jpg

オットは結構ポンポン釣るのだけど
エラを切って血抜きをするってことをせずに
クーラーに入れてしまう。

サバ折りして←アジだけど
バケツに入れて血を抜いておいた方が
食べる時絶対美味しい。

けど、前回ビシアジで小金丸に乗った時
サークルは『そんなことしなくてもそのまま氷に
入れてしまえば大丈夫だ』とか
『そんなことしてエラで手怪我したって
医者なんかいないんだ』とか言われたもんで
「小金丸が言ってたもん、そのまま入れても
大丈夫だって」とか根に持っているオット。

小金丸の中乗りさんと船長に
マークされて(悪気はないのだけど)
すっかり苦手になってしまったのだけど
言うことがちっちぇーオット。

蒲谷丸の大船長は、バケツに入れっぱなしで
アジが浮いてしまっているお客さんに
「ちゃんと魚〆てクーラーに入れないと魚が傷む」って
言っていたから、蒲谷丸の大船長はアジが好きなんだな。

それに、せっかく頂く魚の命、
美味しくいただきたい。というのはすごく思う。
数釣れればいいとかいうんではなくて
遊び兼ねて食べるものとして持ち帰るわけです。

オットが釣ってとりあえずバケツにいれてあるアジを
元気なうちにサバ折りして〆てクーラーに入れたり
時々クーラーの水を入れ替えたりして忙しい。

だいたい針から外した時にそのままピッと
エラを切れば良いのに、
…できないんだったら仕方ない。
前日の準備なんかは全部オットがやってくれているから
船上でのことは私がやって共同作業。

…釣れたり釣れなかったりするけど
一貫してこの場所で頑張る大船長(笑。

でもなんだかんだ他の船宿とだいたい同じだから
無駄に移動の時間がなくて大船長はすごいのだ。

ドックの前を通って帰ります
2017-11-25 16.34.48_R.jpg

そんなこんなでオットは31匹、私は20匹だった
2017-11-25 11.20.33_R.jpg
みんな20㎝前後の割と小ぶりな感じだった

ただいまー
2017-11-25 16.35.07_R.jpg

帰りの高速で電話が掛かってきたと思ったら
「竿忘れてない?」って船宿の奥さん。

ハッ 

忘れてた!!

駐車場にポツーンと置いてあったらしい。
オット…

私も最後のチェックをするようにしよう…

で、取りに戻って
普段よりだいぶ時間が掛かって帰宅

アジだよ
「うーん」
2017-11-25 14.23.44_R.jpg

「えい」
2017-11-25 16.36.32_R.jpg

夜は後輩夫婦が来ますので捌いてしまいます

「ねーねーそれ見せて、もっと見せて」
2017-11-25 14.40.14_R.jpg

「アジなのにサバ折りニャー!!」
2017-11-25 14.40.16_R.jpg
モチー!! 大丈夫かー!!

ちょっとずつ中落ちなんか貰って満足
2017-11-25 14.39.38_R.jpg

アジとアオリイカの刺身
2017-11-26 14.01.09_R.jpg
アオリイカは先月の釣りもので冷凍しておいたもの

アジフライ
2017-11-26 14.01.03_R.jpg
このほか、アジのなめろう、アジイカのタタキ
なんかがあって、最後はアジのなめろうでお茶漬け。
アジづくしで完食。

8匹は開きにしてピチットシートで包んで
4匹お土産に渡して完了。

あーやっぱりアジは最高に美味しいな。
また乗ろう。

そうそう、オットは31匹で竿頭になったのでした。
最初「31匹ぐらいで竿頭なんて…」と
嫌味な恥ずかしがり方をしていたら、
結局周りの船も午前中は大体こんな感じだったらしくて
納得していた。

それに、食べきれないだけの数を釣りつくして
持って帰っても仕方がない。

サイズと数で、だいたいこんな感じで良いかな?
ってなったらそれ以上は釣らないか
釣ってもリリースするとかしないと、
魚がいなくなってしまう。

自己満足で釣った釣ったと数を挙げることに
執着することはしたくないねぇ、ってなった次第。



nice!(30)  コメント(17) 

釣りサークル 相模湾に出張する [釣り]

昨日は釣りサークルの活動日でした。
今回は相模湾に出張、ということで
平塚からのカワハギです。

大抵は仕立て船なのですが
今回は他に1隻仕立てが入っていたためか
乗合船です。

これが判明した時の
オットのテンションの下がりようったらなくて

なにしろ彼はティップランをやりたい、
(カワハギとアオリイカは同じような生息地なので)
だからカワハギ釣りに同行する。という目論見だったのに
「しかも乗合で片舷11人なんて混んでて嫌だ」と
フテくされる始末。←仕立てだとその辺自由だけど
乗合ではそういうわけにいかない。

行くだの行かないだのケンカしいしい
前日までに納得して乗り込みます。

録画しておいた飯田純男さんのカワハギ釣りを見てお勉強
2017-09-29 00.07.02_R.jpg
…見えない
2017-09-29 00.07.04_R.jpg

定員22名の船が乗合満席御礼になっていて
我々11名のサークルの他、一般のお客さんもいました。

横浜のベイサイドに住む同僚をピックアップして
6時に現地集合。4時45分に迎えに行きますからー!って
4時15分出発。

3時起きで作ったお弁当。
アルミホイルに「おかか」「うめ」「めんたい」記載。
2017-10-08 03.45.44_R.jpg
オットは4時まで寝ていた。

茅ヶ崎漁港は大きな漁港だけど
6時前に到着した駐車場は満杯で
駐車場の警備員のおじいちゃんと
漁協のおじさんたちがそれぞれ違うところを
「こっちに停めて!」「こっちに停めちゃって!!」困惑。

「ここでいいですかー!」と1個選択して駐車。
その後も砂山の上にオフロードの車みたいになって
停めてある車とかあって、もうなんだかすごい混み様。

ちょうど日が昇る時で、うろこ雲の合間の朝日が綺麗
2017-10-08 05.55.47 HDR_R.jpg
今回の船宿は一俊丸さん
2017-10-08 06.21.08_R.jpg
乗船手続きをしたら船まで移動します。
2017-10-08 06.24.48_R.jpg
荷物は軽トラで船の前まで運んでくれている。

船長は「初めてです」っていう同僚に
マンツーでレクチャーをしてくれたのだけど
我々も3回目のカワハギ、一緒になって聞きます。

船長、穏やかな感じで、めずらしい。
駐車スペースの案内の人も多分どこかの船長か中乗りさんたちで
漁協の人は何しろ血気盛んな人が多いから(笑。

それぞれにレクチャーが終わったら出港!
2017-10-08 06.53.02_R.jpg
いってきまーす

江の島が見える
2017-10-08 06.58.49_R.jpg

しばらくの沈黙の後、ポツリポツリと釣れます
2017-10-08 07.11.33_R.jpg
しかしまぁポツポツですよ

そして我々二人は「15cm以下はリリース」という
レギュレーションを設けますが、15cmいかないものも多い。
肝は膨れていますが「お父さん連れてきなさい」ってぐらい
ミニカワハギばかり。

ロケーションは良いんだわ
2017-10-08 08.06.50_R.jpg
江の島をこんな裏側から見る機会もなかなかない
2017-10-08 08.08.55_R.jpg

私は外道も多くてトラギスだのミノカサゴだの
2017-10-08 08.52.57_R.jpg
「毒あるから気を付けてね」って船長に言われる。

この人なんかキタマクラっていう物騒なフグの仲間で
こんなに膨れてるのは初めて見た。
2017-10-08 10.06.35_R.jpg
「鳥肌みたいになってる」ちょっと違うと思うんだけど…

また移動

この日はヨットのなにかイベントがあったみたいで
いたるところでヨットの集団に遭遇

昔のキャスキッドソンのデザインみたいだ
2017-10-08 10.47.17_R.jpg
近くにもいる
写真 2017-10-09 14 48 54_R.jpg
(この写真は同僚が撮ったもの)

「見て見てこの穂先!」
オットの竿を見るとバンバンとした派手な動きをしている。
なんかちょっとした大きさの真鯛の子供かなぁー、
とか言ってたら、イシガキダイだった
2017-10-08 12.26.04_R.jpg
当然のようにリリースしたのだけど
オットは満足げ。「今のアタリは良かった。」

オットは8枚のカワハギを釣っているものの
全てリリースサイズで、1匹も手元には無い。

「レギュレーションきつすぎたなぁー」とか
ボヤいているけど、仕方がない。大事な海の資源だもの。

時々25cmとか27cmとか、
大きなものが混じるのだけど

基本的に小さい
2017-10-08 09.22.39_R.jpg
小さいのはこんなに小さい

時々良いサイズも混じる中、
ようやくオットにも良いサイズが来て一安心。
2017-10-08 12.48.23_R.jpg
これで帰りの車は我々爆睡OKだ…
機嫌を損ねたら大変、もしかしたら
「ボク、夕飯カワハギ食べない」とか
言い出しかねないもの!
2017-10-08 12.48.34_R.jpg
ヨシヨシ。

私も8枚、やっぱり半分ぐらいはリリース。
そしてこんな「キンギョ」と言われている綺麗な魚など
皆様同様に外道が多い。
2017-10-08 10.32.37_R.jpg

隣にいる同僚はササノハベラ
2017-10-08 09.55.31_R.jpg

海に返すと、頭上いいるカモメが飛んでくる
2017-10-08 12.50.40_R.jpg
キター
2017-10-08 12.50.59_R.jpg

このように
2017-10-08 12.56.23_R.jpg
獲っていく
2017-10-08 12.56.24_R.jpg

途中でお弁当を食べなら
「こんな楽しいと思わなかったー」と言う同僚。
この人は人の話をちゃんと理解して実行出来る人で
それは釣りを楽しめる大きな素因だと思う。
(船の上というのはアウトドアの中でもさらにみんなのキャパシティが狭くなるので
怒られる人は本当に怒られるしイライラするゲージの尺が大きいっていうか
なかなか難しい人も居る)

釣れたカワハギはエラを切ってバケツに入れると
暴れて血が抜けます。これはやっておくのは大事。
肝の色が全然違うもの。
血抜きしない方がおいしい、って言う人もいるので
その辺は好みだけど、我々は血抜き推奨。

そんなこんなでレギュレーションをキッチリ守って
3人で持ち帰れたのはこの11匹。
2017-10-08 17.28.38_R.jpg
前日までは1人30匹ぐらい釣れていたらしいけど
「昨日の北風でカワハギの元気なかったねー」って
船長が言ってた。

同僚もそのままウチに来てカワハギパーティーです。

肝は血抜きしておいたおかげで真っ白に綺麗
これは肝だけとミョウガとネギと自家製味噌・酒で
「肝のなめろう」にします  (同僚の撮影)
写真 2017-10-09 14 48 00_R.jpg
5枚おろしにした身は唐揚げ お好みでスダチを
2017-10-08 18.50.33_R.jpg
あと鍋と刺身(一応本マグロも添えた)
2017-10-08 18.50.18_R.jpg
2017-10-08 18.53.27_R.jpg

美味しかったーっ


極鋭、今回の穏やかな海でようやくちょっとわかった。
カワハギのアタリはたくさんあった。
けどかける技術が無い。

これはやっぱり勉強しなければ。
そしてアサリも、途中出てきた冷凍アサリは
分解率が高くてダメだったから、エサも重要。

船長の操舵も上手で、片舷11名ったら
隣との感覚が1mぐらいで、オマツリ多発のハズが
1回あったぐらいで全然。

楽しかったのは船長のおかげでもある。
いろいろ良かった。

もう少しちゃんとカワハギやりたいなぁ。




nice!(30)  コメント(20) 

2年ぶりのビシアジ  [釣り]

本日は釣りサークルの活動日でした。
今回お世話になったのは金沢漁港の隣の小柴漁港から小金丸です。

2年半前にお世話になったビシアジのエントリは
コチラです

今回は7月も半ば、真夏であります。
オットはいつもの漁師さんみたいなサロペットを着る、
と言うのだけど、そんなの絶対やめた方がいい。

前回も夏にあれを着て発汗と体力消耗が
ハンパなかったのに、喉元を過ぎて忘れている。
「大丈夫だよ! だって濡れたら嫌だもん!」

ネコかこの人は。

年も年だし脳梗塞なんかになっても困る。
とか言って説得して、DAIWAの短パンとレッグカバーと
サンダルを家計費から出して新調。

このような軽装となりました
2017-07-16 06.10.50_R.jpg
(私も短パン&カバー買ったのだけど
結局今回はレインパンツと長靴にした)

それで今回の参加者は11名だか12名だか(曖昧)で
また仕立てなので他のお客さんはいません。

中乗りさんからレクチャーがあってから出港です。

はじめー
2017-07-16 07.35.19_R.jpg
海は凪で静かです

護衛艦だけどちょっと遠い
2017-07-16 08.24.58_R.jpg

3名は自前のロッドだけど
我らを含めてあとの7名はレンタルセット
2017-07-16 08.30.00_R.jpg
オットは「前回はなぜか僕だけ
マンツーで指導が入ったんだ。」と言っていたのだけど
今回も初心者のオッサン状態に指導が入る(笑。

中乗りのじーちゃんが「3回巻いて煽って。1回巻く。」
「あーもうちょっと巻いて。」わかってる、ってことを
いちいち言われて、底を取るたび「はい巻いて。」って
完全にペース乱されてる。

じーちゃんはオットの隣にいる私のところにも
来たのだけど、私がじーちゃんの言うことをちゃんと聞いて
船中1匹目を釣ったので安心してオットに構う(笑。
「あんた爺さん転がしだから」失礼ねー。

電動リールのカウンターは全然合ってないし
デジタルメーター関係ないったらない。

あ~~~暑い。
オットはものすごい汗をかいているけど
まぁまぁ大丈夫そう。

「短パンにして本当に良かった」そうだろー。
2017-07-16 07.30.00_R.jpg
しばらくして中乗りさんも自分で釣り始めて
オットもポツポツ釣れ始めたので良かった。

じーちゃんも船長(船長もじーちゃん)も
釣れたアジをサバ折りして血抜きしている人がいると
「そんなことしなくても氷に入れれば大丈夫だ」とか
「そんなことして手切っても船の上には医者はいないんだから」
とか言うんだけど、オットを除く10名のうち8名が医師で
しかも外科医と麻酔科医であと2名がオペ室と元ERの看護師
っていう船中なのは秘密なのだ(笑。

釣れるサイズはだいたい40cmはある大アジです
2017-07-16 11.38.57_R.jpg
そしてバラしも多い。オマツリも多々発生する。
ロッドも重いし体力は必要。

本当は14時が定時なのだけど早上がりの予定で出港して
陽射しも強いし、食べる分は確保できたし、予定通りの
12時で上がり。

私は17匹
2017-07-16 11.59.32_R.jpg
オットは5匹ぐらい釣ってからは
アジを食いに来るヒラメを狙う、と
鯛ラバを始めたというかアジを諦めたというか…

で、ヒラメは釣れず、しかし自分のペースで
釣りが出来て一安心。
帰港するときはこんなんなってた(汗
2017-07-16 12.10.32_R.jpg

帰ったらガリガリ君をいただきます
2017-07-16 12.42.48_R.jpg
トラックの荷台にクーラーを乗せてもらって
人間は駐車場まで徒歩です

こっち側は遊漁じゃなくて本当の漁業
2017-07-16 12.56.53_R.jpg
あれは穴子の仕掛けかなぁ
2017-07-16 12.56.19_R.jpg
漁港内には地物のどんぶりをたべるような
観光スポットがあるのだけど
我々は早くお風呂に入りたいので今回はパス。
2017-07-16 12.59.12_R.jpg

駐車場で解散です。

そして今回着替えをするのに役に立ったのが
コチラのカーテン&タープキット
2017-07-16 13.07.23_R.jpg
今までも「あるよ」「出そうか」と
言われていたのだけど、
いつもレインパンツの下には
普通のカーゴパンツをはいていて
レインだけ脱げばそれでよろしい。
という状態だったのとか、
早朝ってか深夜のアオリイカなんかで
周りに人が居なくて、とかだもんで
車の中でゴソゴソ着替えれば良かったから
登場した試しがありませんでした。

しかし今回は汗もものすごくかいて
皮膚が痛いぐらいベタベタするし
昼間で人もそこそこ居るし、
オットなんかいつもパンツまで履き替える。

時間もあるし、「じゃあセットしてください」
って頼んだら、荷室と運転席側を仕切る
ベージュのナイロンが1枚と
2017-07-16 13.08.50_R.jpg
あと紺色のタープ本体がマグネットでくっついて
2017-07-16 13.07.30_R.jpg
すごくあっさりとセット完了。

もっとモタモタモタモタして
イライラするものかと思った。

疲れているときに可動領域に制限をかけて
筋を違えたりしたら大変だし、これは良い!!

疲れた疲れたという割には寝ずに帰ってきました。

途中、海の日で海上保安庁か何かが放水していたっぽい。
2017-07-16 13.31.20_R.jpg

さーてさて、夜は後輩がアジを食べに来ます。
夕方まで寝て、食べる分のアジをさばきましょう。
2017-07-16 18.04.09_R.jpg
一番手前のが一番小さいので28cm。これが3匹。
塩焼きにちょうどよろしい。
あとは20匹ぐらいは40cmある。

流し台に立つ私にフクとモチがやってきて
腰に手を掛けます
「ちょっと見せて」
2017-07-16 18.04.14_R.jpg
「ねーねー、ボクにも見せて」
2017-07-16 18.04.18_R.jpg
「これ少しください」
2017-07-16 18.04.15_R.jpg
中骨に付いている身をスプーンでこそげると
奪い合って食べる。やはりおいしいらしい。

そんなこんなで夕飯は今回のアジをメインに
2月に釣って冷凍しておいたアオリイカの刺身と
塩焼きとフライとなめろう。
2017-07-16 20.05.28_R.jpg
食べかけ(笑

さいごなめろう茶漬け。
あーおいしかった。

あともう少しあるアジ、明日で食べきりそう。
大きいアジの干物も良い。
あとでチャチャッと開いてしまおう。

LTより体力消耗するけどやっぱサイズが良いので
ビシアジはいいわー。

でも電動リールにしろノーマルタックルにしろ
ビシは自前で揃えるとなるとえらいお金になるから
おとなしくレンタルにしておこう…





初夏のアジ釣りを楽しむ [釣り]

27日は大潮でした。

私とオットが共有しているアプリには
オットが「釣りに最適」とか書いて煽ってきていました。
ちょうど釣りに行きたいねぇと言っていたところでもあって
まったりマンボウのLoveBeerさんとご一緒して
金沢八景の米元丸に乗船です。

船はこのように連なって止まっているのだけど
2017-05-27 07.17.32_R.jpg
「向かいの船はシロギスかなぁ」と言うと
オットが「さっき向かいに立ってた人、関爆の先生だ」
と言います。

ん? 確かにクーラーには釣りビジョン 関東沖釣り爆釣会
ステッカーが貼ってある。「名前が出てこない」とか言うオット。
(オットはいつも顔はちゃんと覚えているのだけど
名前が出てこない。私は名前はちゃんと覚えるのだけど
顔がいつも「あれこの人こんな顔だっけな?」てなる)

男の人が戻ってきて、あ、見たことがあります! な先生でした。
「小菅先生じゃないですか?こんにちは」と言うと
フレンドリーに返答してくれました。

私だけが先生としゃべって、オットはだまーってる。
先生が先に出船、手を振って見送ります。
するとオットが「『それでは最後にあのポーズをお願いします!
カンバク!!』ってガッツポーズやればよかったのに」とか言う。

!! 確かに!!

なんで一言も話さないでおきながら今更ナイスなことを呟くのか。
「ボク、緊張しちゃうから」そういう問題じゃないんだ、
ディレクションが悪いぞオット!!

文句を言いながら出船します。
本日は21名での乗合い。けっこう混んでいますが
我々はミヨシ(船首側)から3つ確保できたので
オマツリにも限度があるだろう。
オットの左側からズラッと人が詰まっています。

オットもLoveBeerさんも調子よく釣っているけど
私はずーっとシーンとしてる。
棚が合ってないのかな…

貸し竿の人たちは「4回巻いて」できっちり釣ってるし
私だけ来ないのはおかしいなぁ~~とか言ってたら

来ましたッ ダブルー!
2017-05-27 08.26.22_R.jpg
LoveBeerさんには巨大なシロギス いーなー!
2017-05-27 08.31.55_R.jpg
なにしろこの日のアジのサイズときたら
15cm程度~せいぜい20cmの小型揃い。
このシロギスは最後まで幅を利かせた大きさで
目立っていたぐらい。

護衛艦が通ります
2017-05-27 09.06.16_R.jpg
富士山も見える
2017-05-27 09.29.55_R.jpg
…ファインダーが無いもんで
モニターが太陽光で見えない。
こんなに撮れてないと思わなかった^^;

そして蒸しガレイも釣れたのだけど
(やっぱりちゃんと撮れてない)
2017-05-28 23.19.25_R.jpg
20cm程度の小さいカレイだったので即リリース。

あー朝ごはんはおにぎり1個だけだったからお腹が空いた。

ロッドキーパーに置き竿して
早弁している間に釣れる。
2017-05-27 10.58.56_R.jpg
(そう! そういえば、3人分のお弁当にお箸を忘れて
なんでか唐揚げにピックを付けることもしていなくて
イワシミンチの付いた手を海水で洗って
手づかみというワイルドなお弁当になってしまった!!
LoveBeerさんすみませーん!! )

食べたら食べたで眠くなって
置き竿してる間にうたた寝して夢まで見る始末。

所々場所の移動をしたものの
爆釣というわけでもなく、
まぁそれなり釣れない時間もありつつ。

最終的に私は24匹。オットは33匹。
竿頭は50匹タイって言ってたから
やっぱうまい人は釣れるんだなぁー。

さてこの日のクーラー
2017-05-27 21.16.47_R.jpg
あーよく遊んだ。
陽に当たって波に揺られて楽しかった。

帰ってきてお風呂に入って爆睡。
久しぶりに14時までのショートで疲れました。

夜に起きて、なめろうと塩焼き。
釣りたてアジのなめろうは別格においしい。
(写真撮るのも忘れて食べた)

本日はアジフライ 
新玉ねぎとベランダパセリのタルタルソースで
2017-05-28 20.15.28_R.jpg
揚げながらつまみ食いしてこれが一番美味しい(笑。

さーさーいただきましょう
2017-05-28 20.36.01_R.jpg
20匹ぐらいあったけど全部小さいのと
フライにするのに開くとロスが多い。
少しお弁当用に取っておいて
みんな戴きました。

骨せんべいも
2017-05-28 20.41.58_R.jpg

もうちょっとサイズが大きいといいんだけどなぁー。
ってことで、来月リベンジマッチ。
だけど気温が上がってくるからショートじゃなくて
半日がいいだろう…と画策中。



レヴォーグで下田釣行 [釣り]

ゴールデンウィークが始まった方もいると思います。
我々はカレンダー通りの休み。

土日はどうしようかねぇ~~~って言いつつ
4月は忙しかった。家の中もくっちゃくちゃだった。
掃除もしなくては…。


「土曜の早朝に下田に行こう」 キリッ (`・ω・´)
と言うオット。

まぁそれもいいか。掃除は帰ってきてからやろう。

そんなわけで21時に就寝、3時に出発しますが
実は私は疲れすぎていて脚のむくみがひどくて
眠いのに全然眠れなかった。最後の1時間ぐらいようやく寝て
オットの目覚ましと起きた気配に気づかなかったぐらい。

車で寝ててもいいかね...

ウトウトしながら下田に到着しました。

和歌の浦はおだやか。
さっそくグレーちゃんがきました。
IMG_9076.JPG
崖の上にはグレーちゃんの子供のミケがいます。
IMG_9075.JPG
はじめーっ
IMG_9082.JPG
しかしですねぇ、なにもきません。
アタリさえない。生命反応がなにもないのです。

ポカポカとあたたかく、ちょっと眠ったりしながら
じっと待ちますが、本当に何もない。
犬走り堤防にだって人はほとんどいない。

本日の黒船とレヴォーグ
IMG_9095.JPG
よっぽどヒマなんだな...(笑

10時までは頑張って続けたものの
何も釣れなかったしピクリともアタリはなかった。

最後にブチ子が来ました。
IMG_9101.JPG
ちょっと触らせてくれた。

踊り子温泉に入ります。
IMG_9102.JPG
今回はバスタオルもちゃんと持ってきた。

お昼は誇宇耶です。
IMG_9105.JPG
辛味大根蕎麦
IMG_9106.JPG
せいろそば
IMG_9107.JPG
あーおいしい。
これがあるばっかりに、最近渋い下田だって
出かけようってことになってるぐらい。

何も釣れなかったので川奈のアピタの魚屋さんで
アジを3匹買ってお茶屋さんのソフトクリームを食べます。
IMG_9108.JPG
伊東港にも寄ります。

美人ちゃん
IMG_9109.JPG
ウス
IMG_9110.JPG
もっちゃんは居なかった。

ところどころ気絶しながら家路に着きます。
途中の東名高速の途中で周りが不規則に急ブレーキをかけています。
な、なんだ。なんか... 人間か?! 毛が逆立ちます。

が、人間ではなかった。
だけど、あからさまに落としてはいけないようなカバンとか
衣類とか書類が散らばってた。

どういったことでこうなったのか...
と話していたら、ヘルメットをかぶった初老の男性が
路側帯をトコトコと歩いてくる。

この人のか...?

これどうなるんだろう。
110番した方がいいのかな?と言うと
ハイウェイパトロールに電話しろというオット。
何番?と聞いても「それはわからない」と言う。

ハイウェイパトロール と検索してもウェブサイトに
緊急コールの電話番号はない。
ウェブサイトの「発信する」という電話番号は03発信で
明らかに緊急電話ではなさそうだけど一応電話してみる。

...出ません!!

110番じゃダメなの?と聞くと「高速道路の落とし物は
ハイウェイパトロールだから」とか言う。
呑気なこと言ってる間にあのおじさんは渡れると思って
回収に入ったり車が突っ込んだら大変なことになる。

「会社に電話しちゃったんじゃないの」と言われつつ
なんでそんなにハイウェイパトロールじゃないとダメなのか。

もしかしたら誰かすでにコールしていたのかもしれない。
もしかしたら「誰かがやってるだろう」と
誰もコールしていなかったかもしれない。

本人が電話できればいいけど、高速のSOS電話までは
距離があるし、携帯電話自体、あの落としたバッグに
入っていたとすると、手段がない。

そんなにアピールされていない番号なのであれば警察が
連絡してくれるのかもしれないし
路側帯を歩いていた男性は危険極まりない。
とりあえず警察に連絡して良いだろう。と判断して
110番にコールすると「すぐ警察官が向かいます」と
言ってくれた。よかった。

そしてこの5分、無駄だったー!!!!

っていうか、ハイウェイパトロール、
高速道路 落とし物で検索したら出てきた。

なんでトップページに載せておかないんだーっ

全ッ然緊急コールじゃなかった。
なんか本当にどうしようもない感じにイラッとする。

高速道路で落とし物をしたらハイウェイパトロール、
って思いつくのだろうか。
当事者だったら慌てふためいてそれどころじゃない。
私なんか当事者じゃないけど、そもそも知らなかった。
救急は119番、事件・事故は110番みたいに
浸透してないんじゃないかなぁ~~。

ともかく無事に帰宅。
車の乗り心地については寝ていたので
よくわからないけど、どこかが痛くなるとかいうこともない。

ちょこっと運転してみたけど
自動運転とかなんかについては便利。

それより私はハンドルが軽いのが気に入らない。
レガシィの時も軽ッと思ったけど
レヴォーグも軽い。

なーんでこんな重量感ある車のハンドルを
そんなに軽くする必要があるのか。と。
もっとビシッピタッと人馬一体感を出してほしい。


言うことがあるとするとそれだけ。


このエントリ、もはやカテゴリも釣りだか観光だかくるまだか悩むな...



台風前のLTアジ @米元丸 [釣り]

行ってきました金沢八景。

ここのところ惨敗続きであったLTアジ。
前回は前々回のリベンジと言いつつ全然リベンジになっていなかった。
今度こそリベンジマッチだぜ。

いつもの蒲谷丸は仕立てのみだったので
乗合の我々は以前に乗ったことがある米元丸さんに予約します。

駐車場がちょっと離れた所にあったと思ったら
もう船宿の駐車場しかなくなっていて
我々は一番最後だったので一番出入り口。
2016-09-03 06.32.46-1_R.jpg
LoveBeerさんが先に到着していて
またしても席を確保してくださっていたので
さっそく乗り込みます。
2016-09-03 06.38.49_R.jpg
いつもありがとうございます(申し訳なし)。

本日はトモから2番目、なんとなく胴の間。
DSC02566_R.JPG
本日の装備品
DSC02564_R.JPG
四角いタッパーは赤タン(イカを赤く染めたもの)
丸いタッパーは青イソメ。
イワシミンチはいつもの蒲谷丸よりつみれっぽい。
緑のバケツの大きさが「釣らせるゼ」という気合を感じる。

オットが船長に「コマセは振らないんでしたっけ?」と聞くと
「振らないで匂いをかがせる程度で良いです。2m上げて1分半待って
アタリがなかったらまた底を取ってあげて。それで待って反応なかったら
もう巻き上げてきて、その時にカゴにコマセが残ってたら多いってことで
残らない程度、半分ぐらいね。」

船宿によって釣り方が違うもんだなぁ。
ビシカゴも蒲谷丸より目が大きい。

本日の道具立てはコチラ
DSC02573_R.JPG
いつものAーブリッツ64M-165 
リールは紅牙 ICS 103
ライトホルダー メタル 90CH レッドです。

しかし前回の蒲谷丸で底どりしたらいきなりブツリと糸が切れて
ビシカゴ消失。オット!…糸をよってくれたのだけどなんだか切れたぞ!!
って、苦情を述べたらまた糸をよってくれていたのだけど

これは…
DSC02569_R.JPG
よってある糸のすぐ上にこのようなすり切れを発見。

これは…どうする??

でもなぁ~~ 
「やっぱり!!」てならないようにこれは…

オットが頑張ってよってくれたのに…
っていうかねー。なんで気づかないか、ってことでしょぉ。

やっぱり切ろう。
ブツリと切って普通のチチワを作っておくことにしました。

いよいよ出船!
DSC02572_R.JPG
台風の影響なさそうで良かった。

橋をくぐって海に出ます。
DSC02576_R.JPG
途中で船長が「ちょっと波がポチャポチャしてるから
もしアレだったら中入っててもらった方が良いかも。」とアナウンス。

おぉ~~確かにけっこうな波だ。
DSC02582_R.JPG
とか言ってたらこれがずっと続くので
我々もキャビンに避難することにしたのだけど
あんまり中に入ってしまうとこれまた酔ってしまう。
キャビンの入り口にしゃがんでおく。
DSC02593_R.JPG
い、痛い。 頭上からも左からもビシビシと海水が飛んでくる。
DSC02597_R.JPG
さんざんビシビシと浴びまくったあとに
ようやくポイントに到着。

いつもより確かに荒れているけども
飯岡沖を体験したせいか確かに「ポチャポチャ」ではある。
外房の大きなうねりに比べると。ではあるけども。

第12米元丸もすぐ近く。
DSC02605_R.JPG
さっ、始めます。
早々にオットが3匹ぐらい上げてくる。
私には重たいアタリがあって頑張って上げてきたのに
海面まできてバラシ。

なんでかなぁ、最近やられっぱなし。

とか言ってたら私にもきた。
おっこれはちょっと良い型だー。とか言ってたら
頭上から「もっと大きいの居るから。」って船長に言われる。

オットは入れ食いとか言ってるけど私はそうでもない。
でも活性が高そうなので3本針にしてみたら
やったぜトリプル!!
DSC02606_R.JPG
しかし仕掛けはグチャグチャになる(^^;

オットにでっかいアジ
DSC02607_R.JPG
(この人はこの42cmもあるアジをこの後9匹も釣るのでした。)

私にも来たー!
DSC02608_R.JPG
ぬぉーん
やっぱり42cmある。

オットが「マルアジじゃないの、それ。マアジ?」とか言って
人が釣ったものだとマルじゃないのかと物言いをつけてくる。
ちゃんとマアジですとも。(๑•̀д•́๑)キリッ

おっ! あれは空母ではないか?
DSC02614_R.JPG
写真を撮っていたら船長が「あの空母に向かって
まっすぐ進んでいくと上からヘリが来るんだー。」って言う。
「前に久里浜から帰ってきたら空母が出てきたから
おっ、空母だ!ってガーって近くに行ったら
アッとというまに機関銃向けたヘリが降りて来たんだよ。」

...機関銃...物騒すぎて笑ってしまったけど
漁船のフリして体当たりとかあり得るからか...

(それを思ったら一之瀬丸はあの青い船体で
注意されないのだろうか...。←誰に)

昨日の一之瀬丸
DSC02585_R.JPG

まぁなんだかんだ釣れない時間もちょっとありつつ
足元のバケツは潤っている
DSC02618_R.JPG
小さいアジはリリースしているから
カモメが寄越せと騒ぐのだけどあげない。
自分で獲るんだ。がんばれー。
DSC02619_R.JPG

おっ、あれはなんだ
DSC02623_R.JPG
どーん
DSC02625_R.JPG
なんやら米軍の給油艦のようで、
あのクレーンみたいのは給油口らしい。
今まで見た中でも特に大きい船。

近いなぁ~~
DSC02635_R.JPG
今回も潜水艦が居た
DSC02630_R.JPG

そんなこんなで写真撮るのに置き竿していたら
ポンポンと釣れる。

オットは「ぐぁ~~ もうダメだ」とか言って
大儀そうに巻いている
「腕が痛いんだ」←嫌味な男。

「言ってみたい」by LoveBeerさん 

そうそう、LoveBeeerさんは途中で竿を海に落としてしまって
オットが「アッ!!」なんて叫ぶから何かと思ったら
「落とした!」何を。「竿!!」って見ている。

ヤバイと思ったのは
糸が出続けていた=クラッチ切ってる状態で落下した
というのが分かって慌てる我々。

200mぐらい巻いているラインが全部出切らないと
竿が回収できないってことだ。

回収を手伝うオット。
じっと見守るツケモノ。

無事に竿が浮いてきて、本当に本当に一安心。

私も落としたことがあるのだけど
クラッチは切っていなかったからすぐに浮いてきて
それ以降「竿って落とすことある」という認識で
最近は暑くて体力も無いし、ロッドキーパーを
持って行ってる。

この日、最初にロッドキーパー良いですよー。
って言ってたから、「LoveBeerさん、これ購入決定ですね。」
悪魔の囁きをしておいた(爆。

なんだかんだでみんなたくさん釣れて
ギガアジ以外はみんなリリース。
(30cm以上のアジをメガアジ、40cm以上のをギガアジ、
50cm以上のはテラアジって言うんだそうだ)

いやー釣った釣った。
オットは49匹(40overを10匹)
私は42匹(40overは5匹)
LoveBeerさんも45匹ぐらいだったような(曖昧でスミマセン)

たらいまー
DSC02647_R.JPG
本日のクーラー
2016-09-03 15.34.19_R.jpg
大漁! 爆釣!!

しかしのんびりしている暇はない。
なにしろ我々の車は一番出口を塞ぐ形の場所にある。
「アジで前の方に停めた人!急いでー!!」ってなって
大慌てったらない。

LoveBeerさんとの挨拶もそこそこにとにかく車を出す、と。
帰りは起きているつもりでけっこう寝ていたので
帰宅後さっさと食べる分を捌いてしまって夕寝。

なにしろ今回はショートと言って14時までの船だったから
いつもよりダメージが大きい。

さて夕飯
2016-09-03 21.56.36_R.jpg
前回なめろうが好評で、最後にお茶漬けにしたので
今回はたくさんなめろう。←わー下品だ。

口が切れてしまった小鯵はリリースしなかったので
それは握り寿司。
2016-09-03 21.56.42_R.jpg
半身で1つというこれまた下品な握り。

(バランがあればいいのだけどまだ実家からもらってないのと
ベランダの紫蘇は千切りがせいぜいでもうほとんど終わりなので
なんの青みもなくて寂しい。)

なめろうはお茶漬け。
2016-09-03 22.13.56_R.jpg
擂りゴマで風味アップ

ご飯を食べてブログ書いてしまおう、って思ったら
これまでにないブレブレ感。

うぁ~~酔ってるんだ。
眩暈ってしまう前に早く寝よう。

なんて言ってたら結局翌日になってしまった。

今日は今日でアジフライにして
タルタルソースで美味しくいただきました。

LoveBeerさんおつかれさまでしたー。

ショートってのがちょっとアレだけども
釣果としては十分すぎるリベンジマッチでした。


さーさー9月に入りもう折り返し地点です。
仕事は事務仕事の方がだいぶ多くて
これまた全然得意分野じゃないもんだから
ヤサグレ気味なのとちょっと太ってきてる。

むむむ...


来月は釣りサークルでカワハギ参戦の予定です。
気分転換しつつ細々と乗り越えます。




久しぶりの下田 事件な釣果 [釣り]

先週はずいぶんと体調が悪くて
びっくりするほど眩暈がしてまっすぐ歩けていなかった。

よその師長さんと話している時に「地震です!」とか言って
ドアに捉まってたら「え...大丈夫?!」とかなった始末。

あーびっくりした。
耳鼻科では「疲れだね」って眩暈の王道の薬を処方されました。
目を閉じているとラクなのだけど、開けていると
ぐわんぐわんしてしんどい。
上りのエレベーターがこんなに気持ちが悪くなるなんて。

2日間も仕事を休んでしまったのだけど
今は休んでいることがストレスになるぐらい
いろいろ根詰めてやらねばならぬことがあって
もー自分のストレスマネジメントの出来なさにイラつく。


土曜は予定があったのだけどキャンセルになったし
ゆっくり休もう...。と思ったら、オットから釣りの誘い。

釣りかー。

ま、行くか。船は眩暈が怖いから陸からなら...。
って言ったら、そのまま下田になった(笑。

ま、、、いいか、、、。

ハチ割れが来ました。
「釣れたらちょうだいね。」 トラギスならねー。
2016-08-27 06.06.53-1_R.jpg

はじめーっ
2016-08-27 06.25.32-1_R.jpg

いきなり一投目できます
2016-08-27 06.28.45-1_R.jpg
その後もアタリはあるのだけどなかなか乗らない。

引いてくる時にバレたり途中で藻に掛かってしまって
針ごと回収できなかったり。

でもアタリがあるからまぁいいや... 
そんなに真面目に投げてないもんだから^^;

本日の黒船
2016-08-27 09.16.22_R.jpg

オットはブッコミの仕掛けを作って広範囲にウロウロ。

私もブラクリ仕掛けなんかも買ったし
カサゴとか釣ってもいいんだけどさー...
って言いながら基本的に動きたくないから留守番しています。


マッタリ。

・・・・・・・・・・・!!

なんだそれ?!

何かをブラーンとぶら下げて戻ってくるオット。

「ボク触れない。」伊勢海老!!

海上保安庁のすぐそばー!! 捕まるー!!

私がむんずと掴んで針を外します。
ギリギリとイカの切り身を抱えて齧っている伊勢海老。

しゃ、しゃ、写真、早く写真!!

クーラーに入れて記念撮影 ざっと35cmぐらい
2016-08-27 07.24.00_R.jpg
即刻リリース!!

あぶねー。

汗かきました。

「重かったー。」
グッタリしているオット。

伊勢海老... 初めてですこんなことは。

なんだか疲れた疲れたと言いつつ続けます。

これは良い型だ
DSC01428_R.JPG

オットはよほどグッタリしたみたいで
ブッコミの仕掛けを片づけておとなしく隣で投げ始めます

「イトヨリがきた」
DSC01425_R.JPG
小さいからリリースしたのだけど
お腹を上に向けていつまでも浮いているから
タモで回収、持ち帰ることにします。

その後もカワハギなんかを釣ってるオット。
がんばれー。

グレーちゃんがきました
DSC01426_R.JPG
「久しぶりね」スーッと後ろに来てかわいい
DSC01427_R.JPG

「グアッ」バキッ

はっ、また折れた!!
2016-08-27 10.10.08_R.jpg
オットが竿を折るのはこれで3回目?4回目??

...もうおしまいにして帰ろう。

「ぼかぁ疲れた。釣れても重いだけの伊勢海老が釣れるわ
投げ竿は折れるわ...。」

すっかり心が折れているので温泉会館に寄って帰ることにします。
「えぇぇっ」今度はなによ
2016-08-27 11.02.51_R.jpg
げげっ、入館料が1000円に値上がりしてる!!

今回いろいろダメージが大きい。

今回も誇宇耶
2016-08-27 12.08.13-1_R.jpg
辛味大根せいろ大盛
2016-08-27 11.50.31_R.jpg
うまい。今回のお蕎麦は、いつもに増してうまい。

せいろそば大盛追加
2016-08-27 11.57.57-1_R.jpg
あー幸せだ。

満足して帰ります。
途中の熱川辺りで珍しい海の色
2016-08-27 12.16.33_R.jpg
ここまで色が違うのは初めて見ました。

伊東に寄ってみるけど早く帰るから見るだけ。
何を、ってネコたちを。

あっ、美人ちゃん
DSC01438_R.JPG
「久しぶりじゃないの」変わりなさそうね。
DSC01431_R.JPG
ウスも出てきて並ぶ2匹
DSC01436_R.JPG
元気で良かった。

あんまりお腹もすいてなさそうだし
さっさと帰らないと渋滞したら大変だ。

と思ったら事故渋滞で結局6時間もかかって
大変なことになってしまった。

18時から歯科の予約をしていたのに
ギリギリセーフで間に合ったのだけど、麻酔をしたら
あー血圧上がってるな、っていう動悸とドクドクした脈拍。

やっぱりあんまり体調良くないんだなぁ~~~~。

帰ってきたらオットは熟睡。
帰りの運転はダメ押しになっただろう。気の毒(汗。

体調悪い、とか言って何もしていないまま
週末になってしまったから、洗濯だけはやっておかないと。
3回も洗濯機を回している間に魚を捌いて掃除をして寝ました。

海でちょっと心は浄化された...ような気はします。
来週再来週、なんとか乗り切らねば。



真夏のLTアジ 2016リベンジ編 [釣り]

先月まったりマンボウのLoveaBeerさんと出かけた
金沢漁港からのLTアジ、私とオットは二人で7匹という
激渋い展開だったので、
今月またリベンジで出かけることにしました。

今回こそやるぞ
2016-08-14 06.32.34_R.jpg

前回はLoveBeerさんとの釣り座は離れてしまったので
今回はちょっと早めに到着して場所取りを...って思ったら
LoveBeerさんが座席を取っておいてくださった。
オットが左隣、私が真ん中、LoveBeerさん右隣。

夏休み中でお盆休みと相まって親子連れが多い。
DSC02533_R.JPG
けっこう波が立っていて船の揺れと水しぶきで
歓声が上がっている。

LoveBeerさんにアジ
DSC02545_R.JPG

オットはダブル
DSC02548_R.JPG
だったのだけど、下の1匹は外れてしまったので
写真的には1匹になってしまった

釣れても静かに外しているオット
DSC02546_R.JPG
以前高々と上げてアジが海の中に落ちて
帰っていったことがトラウマになっているらしい

私は船長が「おーでっけぇ、でっけぇ!!」
と叫んだ大型が釣れたのだけど
写真を撮っている余裕はなかった。

でも30cmにはちょっと足りないぐらいのサイズ。
大きいのはこの1匹だけだった。

我々の左舷側に居た子供たちはみんな船酔いと眠気?で
グッタリと寝ていて、中には「もう帰りたいー!!」と
泣き叫んでいる子までいて、お父さんも全然余裕がなくて
叱り飛ばすばかりというカオスな状態になっていて
なんというか、「気の毒。」

ライトに出来る釣りではあるけども
釣れなかったり狭い船の中では自由もあまりきかなかったり
大人だって心が折れたりグッタリすることがあるのに
その大人が自分の面倒見きれていない中で
子供を連れてきたらそりゃそうなるわという…

出船してからめっちゃお菓子食べてたしなぁー。

船は途中で帰るってことができないから
準備が悪いとしんどいまま我慢するしかなくて
子供がいくら泣き叫んでも帰れないものは帰れない。
まずはオカッパリで釣りとはどれだけ自然相手であるかを
痛感してからでないと、親子共倒れになってしまう。

そしてLoveBeerさんはこのお父さんの
面倒見きれていない糸に悩まされることになるのでした。

...。 中乗りさん登場。

今日は普段は居ない中乗りさんがいて
(船中のオマツリとかレクチャーとか
なんかあった時に助けてくれる人)
お父さんと子供の面倒を見てくれて
ようやく静かになった。

けど、終了の時間も迫って、オットは淡々と
時々バラしながらも12匹。私は8匹。なにが違うんだろう。
「でも僕は全部小型だからなぁ。」と言うオットに
「そうよ、いくら釣っても小物は小物!」と言ったら
右隣から「小物でもいいから釣りたいです…」
あ......(汗  LoveBeerさん(爆。

八景のお蕎麦屋さんに行ったのだけど
混んでいて駐車場もいっぱいだったし
南部市場はお盆休みだし、って
結局小柴のシーサイドスパでお昼ご飯。

私とLoveBeerさんは小柴穴子のかき揚げ
DSC02551_R.JPG
オットは小柴の穴子天丼だった

前はもっと衣が硬くて上あごが痛くなるような
美味しいかどうかと言われるとちょっと疑問な天丼だったのだけど
おいしくなっていたのでビックリ。


そんなわけで、本日のクーラー
2016-08-14 13.37.11_R.jpg
それにしても渋い。
夏なんだからもっと釣れて良いのに、渋い。
来月またリベンジに行きましょう!!ってなった。

二人で20匹だったので、帰りに実家に寄って半分おすそ分け。
明日アジフライとかヅケにしておくとかでも良いのだけど
やっぱり釣りたてのアジなんて釣りにいかなければ
そうそう食べられない。
下関出身の父なんかはうれしいに決まっているので
老い先のことを考えると届けてやりたいなぁとは思う。

そして我が家の夕ご飯
まずは握り寿司となめろう
DSC02553_R.JPG
お味噌は今日昇珠園から届いたばかり
2016-08-14 20.58.18_R.jpg
(自家製が食べられるのは秋ごろだから
昇珠園さんにお世話になっている。美味しいお味噌。)

28cmぐらいの良い型のは塩焼き
2016-08-14 20.25.46_R.jpg
しっぽがモゲてもーた 
(スダチは農協で買った横浜スダチ)

なめろうには擦りゴマも振って
最後はお茶漬けにしてみた
2016-08-14 20.39.46_R.jpg
あーおいしかった。

明日から仕事頑張ろう。
これから9月いっぱいまではヤマだぞ。

人間としてちょっと取り戻してバランスとっていかねば。



久しぶりの金沢漁港  [釣り]

金沢漁港に出かけるのは半年ぶりぐらい?
オットのログによりますと昨年末、12/30に出かけたようですが
私は記事にしていませんでした。
なんだか印象がなかったのか忙しかったのか…

その後は釣りサークルやダイワツアーなどに出かけて
金沢漁港、行くの久しぶりだわー。
と言いながら出かけました。

昨日は天気が悪くて雷のため早上がりした船宿も
あったみたいですし、大丈夫かなぁ
本日も曇天ではある。
DSC01407_R.JPG
途中突如として渋滞が始まり、
回避するのに一旦高速を降ります。
思ったより時間がかかりました。
DSC01408_R.JPG
今回はまったりマンボウのLoveBeerさんと一緒
...のハズでした。
ハズというか、確かに一緒に乗船はしました。
が、我々が渋滞にちょっと巻き込まれて
到着が遅れたせいで、席はバラバラになってしまいました。
ちょうど反対側。

しかも団体さんが多くてこんな混雑している蒲谷丸初めて見た。
まるで忠彦盛状態(いろいろ失礼)。

私は胴の間あたり、オットが左隣り
DSC01409_R.JPG
右側だってこんなに並んでいます
DSC01410_R.JPG

「出船したらコレ上げてここに乗せておいて」
って船の緩衝材の引き上げの大役を仰せつかったオット
DSC01412_R.JPG
出船します 本日は大船長
DSC01414_R.JPG
潜水艦だ...
DSC01415_R.JPG
「はいやってみて」
最初から小さ目の当たりが来て1匹きた。

だがしかし、オットの隣のおじさんが釣った小サバとオマツリして
私の仕掛けをオットが外してオマツリ解除したら
おじさんに「そのアジ、うちの。そっちがサバ。」と言われる始末。
あれ、そうですか。じゃあどうぞ。と言ったら
「いやいいです。」

はぁ? 
外した仕掛けは私の=アジは外した仕掛けに付いていた=私が釣ったアジ
なのに、なんかよくわからない難癖付けられてちょっと嫌な感じ。

「ケチがついちゃったね。」とオットに慰められて再開。
この人はカタクチイワシなどを釣っている。
DSC01416_R.JPG
本牧海釣り公園なんかでは1日に計測不能なぐらい釣れるカタクチイワシ、
釣るだけ釣ってゴミ箱に捨てていく輩もいるぐらいなのだけど
(だったら初めから釣るなと言いたい)、私はこの小さいイワシで
煮干しを作ってみたい。と言っていたので、この2匹は持ち帰る。

大船長なのに、ってぐらい何度か移動しました。
その間、みんなにちょこちょこと釣れるのだけど
全体的に渋い。

というか、オマツリ解いている時間が長くて
ちょっと辟易する。

20mないぐらいの浅場でサバなんか釣れちゃうと
弱らなくてぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる走り回って
周りの人の糸も仕掛けも絡ませてしまって本当に迷惑をかける。

サバがかかったら走り回るのをいなしながら
とにかくさっさと上げてしまわないといけないのだけど
「釣れてるー」って喜んで走り回らせちゃう人が多い。

(そして私は最後にこのサバ野郎のおかげで
ガッカリすることになるのでした。)

オットも釣る。
DSC01418_R.JPG
今回の写真は膝に乗せてタオルで掴むオット。
以前ぶら下げて高い所からアジが跳ねて帰っていったので
危機管理らしい(笑。

最大25cmのアジが釣れたけど、
結局私は4匹、オットは3匹という状態。
船中の数も聞かれなかったぐらいで
全体的に全然釣れていなかった。

しかもオットなんか釣れても毎度誰かとオマツリしていて
自分ひとりで船の中に取り込んだのが1匹だけだったとか言って
ガッカリしている。

もう隣との間隔が狭くて本当にキビシかった。


---- で、サバ野郎によるガッカリ事件とは -----

私も近隣のおじさんがサバを上げたときに
私の道糸を絡みとられたのだけど
サバを魚掴み用のハサミで挟んだらサクッと
嫌な感触が...

糸、切られた...

「これハサミじゃないんですけど
刃が当たったんですかね。」

おじさんのお子さんが絡んだ状態の糸を持っていたので
私の切れた相手の糸もあって、ビシが落ちてしまった
ということにならなかったのだけど
わーたーしーのーみーちーいーとー!!!

私の道糸は糸切れを防ぐために
オットがなんらや難しい依り方で依ってくれている。
のに、その先端ごと、2色の糸が無くなった。

痛恨すぎる。

最後に「すみませんでしたね。」と言われて
「大丈夫です…」と言ったものの...

オマツリはヘタクソなのもあれば不可抗力なのもある。
だからそれはそれで仕方がない。

それにしても本当にサバ野郎は迷惑だ。

あ~~疲れた。釣れなかった。
来月また乗ってリベンジせねば。


最後までどんよりした雲が出ていましたが
今日は横浜にブルーインパルスが来るとか言ってたよね。

という話をしていたら直後に轟音が聞こえて

キター!!
2016-07-16 11.31.09_R.jpg
ちっちぇぇー

南部市場でお昼を食べることになったのだけど
また来た!!
2016-07-16 11.54.50-2_R.jpg
次はもうちょっと近い
2016-07-16 11.54.52_R.jpg
2016-07-16 11.58.40_R.jpg
肉眼だと青い色が見えたのだけど
写真だとよくわからない。

青空だったら雲でのお絵かきなんか
見ることができたのだろうけども
でも久々にブルーインパルスを見てうれしい。

で、お昼ご飯は焼き魚定食
お刺身定食と海鮮丼に悩んだけど
悩んでいる間に「おいしい魚の脂が焼けるにおい」が
良い香りで漂ってきて、「焼き魚定食にする」
2016-07-16 12.16.50_R.jpg
ホッケかアカウオということで、みんなアカウオを選択。
脂がのっていておいしかったけど、この大きさはつらい。
この脂なら大きさは半分でいいなー。
アカウオ、初めて頂きました。

オットのカタクチイワシは
塩水で茹でてザルにのせてベランダに出してあります。
DSC01423_R.JPG
煮干し、おいしくできるかな^^


そうそう、今回は船宿の前に車を停めていたのだけど
靴を履き替えてていたら女性が近づいてきて
「ツケモノニッキの方ですよね」

ギョッ 「はっ、そ・そうです。」

「長靴で判りました。多分2回目なんですよ一緒に乗ったの。」

げげっ、大丈夫だったかな私... ←何が
普段からお行儀よくしておかないと(爆。



イサキの長ハリスに難渋する [釣り]

先週、真鯛釣りに行ったので
本当なら今月の釣りは終わりのはずだけども
今月は釣りサークルでした。

今回は三浦の松輪港から出船、イサキ釣りです。

イサキかぁ~~

誘われたとき、「オットはあんまりイサキが好きじゃないからなぁ~」
と言ったら、つり丸(釣り情報誌)に載ったこともある釣りキチの先生が
「松輪のイサキはうまいですよ」と言うので、それでしたらばと
夫婦でノコノコ参加しました。

松輪ではイサキは6月から3か月ぐらいしか
やらない釣りものだそうですよ。

ライトタックルでも良い、ということなので
アジ用のロッドを持って参加しました。

三浦は野菜の生産も盛んです
ハウスの向こう側は海 いいところだ
DSC01383_R.JPG

本日参加する面々 総勢11名
DSC01385_R.JPG
幹事の若先生が「船長のレクチャーがあります」って言うのに
船長は「1回しゃくったら50cmぐらい巻いて。
ラインに1mずつマーカー付いてるから。」だけ。
タナは上からか下からか質問があって、
「タナは上から。指示するから。」

サッパリしすぎ(笑。

あげくに、「行こうぜぇ」と言ってきた主たる先生が
集合時間に起きたという寝坊により、1時間ぐらい待機しての出船。
瀬が狭くて場所取り命だという話だけども
完全に出遅れた我々の船。

幹事の先生は「でもこのために3連直とかやって
都合付けたらしいので勘弁してやってください」とか言ってる(笑。

「遅れてすまん!」って言いながらおっちゃん先生到着。

さーいよいよ出発です。
我ら含めてライトタックルの4人はミヨシという船首部分、
ノーマルタックルの人たちはそれ以降、という場所でした。
DSC01387_R.JPG
いや海が静かだもの。

むむむ、むこうに見える船団は…
DSC01392_R.JPG
やはりの~~
DSC01393_R.JPG
「はいっ、始めてください!」
DSC01394_R.JPG
近ーっ

っていう場所で、細々と始めます。

が、全然こない。

というか、仕掛けの長さが3.5mもあって
いつものアジの倍近い。

ビシカゴにアミコマセを詰めて、針にはオキアミの刺しエサ。
そもそも仕掛けを出す時点でからまるっていう出しにくさ。

うーん、不安...

我々は左舷だったけど、右舷のトモ(船尾)で
ちょくちょく上がっているらしい。
ミヨシからトモにむかって潮が流れているから
コマセがみんなトモに流れて本日のミヨシ、不利!

釣れない時間が2時間ぐらいあったような気がします。
我々の船の前によその船が来て、ヨシあの船のコマセが
効いてくるだろう。。と思ったら来ました!!
DSC01395_R.JPG
やったー

苦しかった~!!

オットも一緒に上げてきたのだけど、
海面で取り込む時にバレました。

(そしてオットのイサキはこれが最初で最後になるのでした。)

向かいの船の向こう側には潜水艦です
DSC01396_R.JPG

そのうち船団がばらけてこんな感じに
DSC01397_R.JPG

キンギョと言われていたけど、キンギョってアカイサキで
これはまた違うような…
DSC01399_R.JPG
はははははーなんて笑ってたら
私なんかこの後3連の針全部キンギョ。
そして小メバルのダブル
DSC01400_R.JPG
釣れないねぇ~~ と言って置き竿にしたとたん、
竿先に当たりがきました!
大型のイサキー!!
2016-06-12 16.52.48_R.jpg
この後、誘いを入れずに置き竿で
ダブル、シングルとポンポンと上げて5匹。

この日のパターンは「誘わない。」これだったみたい。

オットは苦しい釣りが続きます。
持ってきたロッドは使えるビシが40号まで。
私は60号まで使えるから60号を釣りキチ先生に借りたけど
40号のオットは速い潮に流されて難渋しているのと
釣れないもんだから仕掛けの捌きが集中できなくて
絡んで余計苦しい。

5匹釣ったところで次全然当たらなくなりました。

お土産のアジ釣りにシフトします。

後ろでは釣りキチ先生がでっかいアジを上げている。
「47m。」って深い。深いよぉぉ。
ライトタックルには厳しい~~けど頑張る。

オットは「来たー! ドラグが滑る!」って
上げて来たのは 「サバだった…」
松輪のサバはブランドだよ。

私に大きなアジが1匹きて、わーい
DSC01401_R.JPG
この後このサイズをダブルで上げました。
左手首が痛い(笑。

やりとりとか取り込みとか、うまくなった。
多分ちょっと前だったら上げられてない。
(あとで測ったらイサキは32cm、アジは35cmあった)

やった。アジうれしい~。って横を見たら
オットは静かにサバの首を折って血抜きをしていた。

...……。汗。


終了ー!!

帰りましょう
DSC01402_R.JPG
あー疲れた。苦しかった。

イサキ釣り、ナメてかかってた。
釣れ過ぎたらどうするよ、なんて言ってたのに
竿頭は8匹!! しかも遅刻した先生っていう(笑。

本日のクーラーの中身
DSC01405_R.JPG
全然撮れていないのに、陽の光が強すぎて
ディスプレイが見えていないもんだからわからなかった。

帰り道、実家に寄ってサバとアジと小ぶりなイサキを届けました。
父の日ってことで。

先ほど実家から届いた写真
2016-06-12 21.02.23_R.jpg
サバもお刺身で食べた。とのこと。(アニサキスに気を付けてよ...)

イサキ、仕掛けが長いとか言ったら
コマセで釣る真鯛なんか10mもあるんだから
えらい大変だってことだ。

やっぱり我らみたいな者には短い仕掛けで
コマセも扱いやすいアジ釣りが合ってるのかも^^;

勉強になりました。
次またリベンジだな。