So-net無料ブログ作成
検索選択

2017梅フェス開催 昇珠園の十郎+南高梅 [漬物]

先日は梅フェス2017の第1回開催がありました。

夕方にはお世話になっている先輩3名が来るので
朝から農協に出かけて夕食の材料を仕入れておきます。

って思ったら、なんと紫蘇が山積みになっていました!!
なんとー!!

赤紫蘇はあれば一緒に漬けてしまったほうが
間に入って良く染まります。
あったらいいけど農協はまだ無いだろうからスーパーかなぁ
なんて思ってたので、これは買わねば!! 
何しろお昼は小田原の昇珠園まで出かけて
20㎏の十郎と10kgの南高梅を購入するのです。

20㎏の十郎は自宅用の梅干しにするためのもの。
10kgの南高はゲストが好きに使うもの。

22束、紫蘇を買います。
その他朝どりトウモロコシやトマト、レタスなども。

今季初の紫蘇を抱えるオット
「紫蘇を、しかも大量に買うとは聞いてないぞ...」 ガンバレー
2017-06-17 08.51.59_R.jpg
どっさり
2017-06-17 08.53.24_R.jpg

お昼ご飯とトウモロコシを食べて昇珠園に向かいます。
奥さんにご挨拶して待機中に農園を見せていただきます。

出迎えてくれたみーみ
2017-06-17 14.14.11_R.jpg
奥の方にたくさん成っている木がありました
2017-06-17 14.25.24 HDR_R.jpg
image.jpg
重みで枝が下がっています。
2017-06-17 14.28.00-1_R.jpg
歩いていると向こうで「ポトリ」「ポトリ」と
梅が落下する音がします。
良い香りだー。

農園を降りてくるとしっぽ君が寄ってきました。
2017-06-17 14.38.37_R.jpg
愛想ヨシ

みーみもまだ居た
2017-06-17 14.44.07 HDR_R.jpg

ひっきりなしに予約のお客さんが来るので
皆さんお忙しい。なんだったら手伝いたい。

十郎はLと2Lにします。
南高は今年はサイズが大きくて3Lぐらいある。
2017-06-17 15.23.16_R.jpg
選んでいただく

風が吹くと良い香りが爽やかに抜けていきます。

今回購入した分 10kg用ダンボール×3つ
2017-06-17 15.32.09_R.jpg

帰りは東名で大きな事故があったようで
渋滞を迂回して迂回して3時間もかかって帰宅。
もはやゲストが家の前で待っているという始末(爆

10kgの段ボールをゲストに担がせて帰宅して
そそくさと作業開始します。

梅酒だけ、と言っていたゲストも
昇珠園の梅を前にして「梅干しも漬ける」ということで、
プラン追加です。十郎と南高の梅干しを食べ比べて
それぞれ何をどれだけ漬けるかを決めます。

みんな紫蘇入りにするというので、
大量に買っておいて良かったー!
2017-06-17 19.39.11_R.jpg

ギューギュー塩もみしてアクを出します
2017-06-17 20.35.11_R.jpg
2回目の塩
2017-06-17 20.37.47_R.jpg
さらにアクを出します
2017-06-17 20.37.50_R.jpg
ボウル一杯にあった紫蘇の葉が小さい団子になって
無事に梅のジップロックに合流
2017-06-17 20.42.31_R.jpg
空気を抜いて陰圧にするので最後まで重石は不要。

それぞれどっさりできたできた。
image.jpg

恒例のカレーとスモークサーモンのサラダを食べて
送り届けて解散。帰る頃にははやくも紫蘇の色が移った
深いピンクの梅酢が出てきて綺麗。

3回目の人が1名、あと2名は初参加だったのだけど
だいぶ楽しんでいただけたようで本当に良かった。

オットは昨日の夜遅くにカレーを作り
今日は今日で紫蘇を抱えて帰り、
小田原に出かけようもんなら渋滞に巻き込まれ
車の中でお腹が空いたと呟いていたのに
自分が作ったカレーにみんなでありつけたのは21時で
トバッチリにもホドがあるのだけど
「初夏の行事だから仕方ない」 わー理解あるー。

きっと梅の良い香りに心が洗われたに違いない。
素晴らしいな、昇珠園の梅 !

来月アタマまであと3日、
ダブルヘッダー含めて4回開催の予定です。

はっ、その前に今日自宅用の梅干し作りを
孤独に開催するのだった…




季節の手仕事など [漬物]

最近のベランダはクチナシの花が良い香りです。
栗きんとんを作るときのクチナシの実を探すのに
奔走した話は以前紹介したのだけど
それで、もはや鉢植えを育てればいいのだと思って
園芸屋さんから買いました。

一時期、養鶏場から発酵鶏糞を買って
撒いたりしたのだけど撒きすぎて土の表面が
粘土みたいになっていて、ローズマリーもクチナシも
元気なくなっていくから、なんでかな??って
表面を掘り起こしてみたら、中の土が超乾燥していてビックリ。

表面の鶏糞にしか水分が吸われていなかった!!

慌てて鉢から引っこ抜いて鶏糞と土を混ぜて戻したら
すっかり元気になって花をたくさん付けています。

あー良い香り。かわいらしい。
2017-06-05 17.22.05_R.jpg
ん?


↓  虫の画像、出ます




いらっしゃる…
2017-06-04 10.28.58-1_R.jpg
オットに「どうにかしてください」と言うと
そっとティッシュで摘まんで撤収してくれた。
2017-06-04 10.29.01_R.jpg
クチナシの花は良い香りだもんで
幼虫を見つけたらすぐに駆除しないと
一晩で丸坊主にされる、って書いてあった。

葉っぱに黒いフンらしきものが付いていたので
もしかして虫がいるのでは…と
じーっと見て見たら、図鑑と違う色の虫が居た次第。
なんだったのだろうかこのグレーの幼虫は。


そしてドクダミパラダイスは
第二回の収穫をしたのだけど
2回目となると背が低いのしか残っていない。

マンションのフェンス越しの隙間から
ドクダミさんの葉っぱがチラと見えたので
覗いてみたら、隣の戸建てのお家の裏庭には
実家の裏庭と同じぐらい、すばらしいパラダイスになっていた。
うらやますぃ。

いいわね~~~と思いつつ、敷地内のドクダミを収穫。
2017-06-04 12.46.59_R.jpg
野菜と同類のくくりで台所で作業していたら
オットから物言いがついた。 一言「臭い…」(笑。

丁寧に洗って汚れた葉っぱや根の段についた土を洗浄して
荷造りテープで縛って乾燥。
2017-06-05 17.21.47_R.jpg

オットにはダイニングテーブルの
ワックスがけをしてもらいました。
我が家のテーブルは1930年代のアンティーク(?)
なのだけど、購入以来ワックスなどをしていないから
だいぶ輪染みなんかも出てきたり付いたり。

まずは現在の汚れを取り除… フク―!! 乗るんじゃない
2017-06-04 14.26.45_R.jpg
なんでいつも乗らないのにここぞとばかりに乗るのか。

ネコをどかしてから
ボンスターみたいなたわしでワックスを塗り込んでいきます。
2017-06-04 14.38.26_R.jpg
その後クロスで磨いたらこんな感じにつやつや
2017-06-04 14.51.06_R.jpg
輪染みも目立たなくなった。
こんどからちゃんと月一ぐらいで塗り込まなくては。

そしてこちらは久しぶりのウルトラ抽出で
生薬の成分たっぷりのオリーブオイルを作っておく。
2017-06-06 09.16.52_R.jpg
乾燥カモミール、乾燥ユキノシタ、
半生ユキノシタ、半生ドクダミの4つを
無水エタノールに漬けておいたので
これにオリーブオイルを入れて24時間。

湯煎でエタノールを飛ばしておきます。

できた
2017-06-06 10.20.17_R.jpg
そろそろ3か月先の石鹸を作っておかなければ。
しかし6月は忙しいな…

先日近所のスーパーの青果コーナーの足元に
「見切り品になってる」と指を指すオット。

ん?

梅が400円でした。まだ6月上旬なのにー。
梅って見切られるのが早いわよねー。
紙袋に入れて売ればいいのに
ビニールだと蒸発した水分で曇るから
古く見えてしまうのよー。

連れて帰ってきた
2017-06-08 18.48.46_R.jpg
1日置いてから氷砂糖でシロップにする
2017-06-09 21.34.26_R.jpg
2017-06-09 21.50.01_R.jpg

昨日農協で見つけた綺麗なもぎたて梅
2017-06-10 13.06.39_R.jpg
すごくフレッシュで良い香りだったので
買ってみた多分白加賀。
これも氷砂糖でシロップにする。

と、新生姜
2017-06-10 13.18.13_R.jpg
新生姜は500gぐらいだったので
グラニュー糖で水を上げて煮詰めて
はちみつも加えて、甘煮にしておく。
2017-06-10 16.52.52_R.jpg
レモン果汁でややピンク

炭酸水とレモンの輪切りを添えたら
ジンジャーエール
2017-06-10 14.26.15_R.jpg
あらかわいい。

オットも「おいしい」と喜んで飲んだ。
暑い夏、冷たい飲み物ばっかりで
冷え冷えにならないように生姜に助けてもらう。
そして私はメニエールの薬が激しくまずくて
どうしようもないのだけど、飲まない選択肢が無いから
ジンジャーエールでごまかして飲もう…。
(先生はオランジーナ割りがオススメとか言ってたぐらい。)


農協の梅はスーパーと2日違いで漬けたのだけど
現時点で上がってきている水は同じライン上。
やっぱり農協のは鮮度が違って持ってる水分量が多い。
2017-06-11 15.30.20_R.jpg
青梅ってほとんど買ったことないけど
爽やかで良いもんだな。



季節の漬物 ドクダミ編 [漬物]

今のマンションに住み始めて2年。
若かった生垣も随分とそれらしく育ってきたら
ドクダミが茂り始めました。

おぉっ、これはスバラシイんじゃないの!!
実家のツケモノガーデンほどの立派さはないけども
そこそこ良い具合に育ってきています。
2017-05-28 17.46.20_R.jpg
オットに「マンションの敷地内のドクダミを採取したら
怒られるかな?」と聞くと「むしろ喜ばれるんじゃ…」と言うので
管理会社に聞いてみたら「ドクダミに限ってどうぞどうぞ」てことで
今年はここからちょっと失敬することにしました。
何しろ昨年は業者の人が来て引っこ抜いたと思ったらゴミに
出されていた(なんてこった)。

若くて背の低い茎もあるけど、とりあえず収穫。
ザブザブザブザブ洗ってビニール紐で縛って
ベランダに吊るして乾燥。
2017-05-28 18.48.09_R.jpg
花は花だけ取っておいて水に放って
埃を落とすように洗ったら
ざるに広げてこれまたベランダの物干し台に渡しておきます。
2017-05-28 18.54.40_R.jpg
半日ぐらいして水が乾いたら、ビンに詰め込んで
昨年の残りのホワイトリカーを注ぎ入れて完了
2017-05-28 23.18.28_R.jpg
原液だったら虫さされの薬になるし
精製水で割ってグリセリンを添加すれば化粧水になる。
カワイイ瓶詰め[揺れるハート]

そして本日、母からのLINE。 本家(笑。
2017-05-29 20.16.24_R.jpg
裏庭の物置の前に吊るして乾燥させてる、と
写真が来ました。ありがたや。

これら実家の分も自宅の分も
干してある分はカラカラに乾燥させたら
軽く炒っておきます。
石鹸を作る時に煮出してドクダミ石鹸にしたり
単純にお茶として活躍したりします。

もっとたくさんあったら年中飲めるのだけど
これだけしかないから、二日酔い防止なんかに
登場する予定。


スーパーにはラッキョウが出てきてビワが並び始めました。
そろそろ梅の予定。

我が家ではユキノシタの採取→ドクダミの採取
→そろそろ梅フェスティバル。

今年も小田原まで直接買いに行けるかな?
ソワソワ。




昇珠園の梅販売予約が始まってます ! [漬物]

GWも終わり。
我が家は4日目ぐらいからようやく人として
取り戻してきたねー。って言ってたら今日で終わる…
早いなぁ~~~……残念。


来月からは何が始まる、って梅フェスですよ。
本日からはいつも梅を購入している昇珠園でも予約受付が
始まりました。

小田原 昇珠園のオンラインショップはコチラ

早くもSOLDOUTが出てきている!!
やっぱり知ってる人は知っている。
(知らない人は今年こそ ! ) 

これは収穫量を見込んで確実に届けられる分なので
実際に収穫が始まったらまたちょこっと追加で出たり
直接昇珠園に買いに来れる人だけ販売します、
ということもあるけれど、不測の事態だって可能性はある。
いずれにしても早めに予約しておいた方が
お互い予定が分かって良いでしょう。

いや本当、収穫が始まったらえらいこっちゃで忙しいのに
そこでネットで販売する分、お店で販売する分、て
分けたり確保したり伝票書いたり生育状況をブログに載せたり
本当に頭が下がります。
今年も無事に収穫・販売できますように。っていつも思います。


私は今年のフェス参加者を確認しておかないと…
また直前になって「やりたい」「私もやりたい」が
続々とやってくると大変なことになるので多めにお願いしてあります。

そして我が家はどれだけ梅を漬ければいいかなぁ~~。
梅干しで食べる分は「全部十郎が良いんじゃないの」というオット。
私もこのところお弁当生活に戻ったし…
我々は十郎が好きだけどお土産用に南高梅も漬けねば。

梅フェス参加者に何も言わずに並べて出すと
「こっちが良い」と指されるのは南高梅が多い。
十郎はキリッとしてるからかなぁ。

あとは梅酒とかシロップ用にも必要。
何をどれだけ漬けるか、買うものは…と考えつつ
来月半ばには始まるかと思うとワクワクします。


さてこれはユキノシタ。
IMG_9170.JPG
実家のツケモノガーデンから根っこごと抜いてきて
ベランダのプランターにも植えているのだけど
いかんせん量が少ないので、やはり実家から収穫。

これを2日ばかり陰干しして水が切れたら
刻んで無水エタノール少々に漬けておきます。

これこのように
IMG_9194.JPG
…見えづらいけれど、濃い緑の液体が出来てきています。

これはまたオリーブオイルを追加して
石鹸を作ったり化粧水を作ったりします。

ユキノシタは茎が折れても挿しておけば
またそこからちゃんと繁るし再生能力が高い。
これに美白のアルブチンとくればすごく良い。
のは分かってるんだけど…

そして化粧水も私には合ってて良いのだけど
いつも途中でボトルを洗浄するのが面倒になって
(使い切る分だけ小さい化粧水用ボトルに作るのだけど
小さいだけあって洗うのが手が掛かる)
途中でやめてしまう。

そして何もしなさすぎて吹き出物が出来る(笑。

巷でいうところの女子力は無いな !
でも正直女子力なくてもどうでもいいな !! ←開き直り

心と身体が健康ならそれで良い。

大前提すぎるところがゴール、ってハードル低っ。



つけものの色々 [漬物]

日曜に釣りに行くとメンタル的にはリフレッシュできるのだけど
体力的には大変ダメージが大きくて、月曜から一週間がなげー。
まだ水曜日か~ぃ!と思っているのだけど
仕事はいろいろ締め切りに追われているから
あんまり早く週末になってしまうのも困る(焦。


今年の夏は雨が少なくて梅干し作り的にはラッキーだったけど
その他植物にとってはしんどい夏だっただろうなぁ。

それでも、これまでのところはゲリラ豪雨も少なくて
割と天気が安定していたので、梅干しは完成しました。

そうそう先日、昇珠園のネコちゃんたちが
わんにゃん倶楽部というBS日テレに出ていました。

みーみとしっぽともくもく
2016-08-16 20.10.08_R.jpg
奥さんともくもく
2016-08-16 20.18.24_R.jpg
十郎梅
2016-08-16 20.13.48_R.jpg
奥さんが「みーみがいるからお母さん頑張れるわー」
って収穫しながら言ってたのだけど、
これは本当にそうだと思う。

やっぱり一人で何か孤独に作業をするよりも
かわいいネコがジャマをするわけでもなく
おとなしく待ってくれていた方が楽しいだろうなー。

猫はのんびり、自然の中で優しい暮らしをしていて良かったな。


そうだ、先日の色が悪いわーとボヤいていた和歌山南高梅は
青森南高梅を漬けた後の梅酢に漬け直してみました。

Befor
2016-08-07 18.37.13_R.jpg
After
2016-08-14 14.57.10_R.jpg
2016-08-14 21.21.25_R.jpg
おぉっ!! 綺麗に染まったぞ!!

やっぱり赤紫蘇のアク抜きは大事。
干した後の赤紫蘇も、まぁ普通に美味しいもんだなと思ったら
青森南高梅を漬けたあとの赤紫蘇を干したら「おいしい!」となって
今年のゆかりは青森南高梅の分のみ作りました。

うぅーん奥が深いぜ赤紫蘇。

それで梅を漬けていた久松のカメも片づけに入ります。

...味噌も天地返しするかなぁ。
しなくてもよろしいっぽいけど
3号のカメ3つに漬けた味噌を5号のカメ1つにまとめたい
というのもあって、天地返しらしきことをしてみました。

まずは蓋Open!
2016-08-17 20.00.44_R.jpg
改めて味噌の良い香りがする...
いわゆる変なカビは生えていなかった。

ちょっとした産膜さんをスプーンで取り除いて混ぜます。
発酵王子の本とは違ってもうちょっと柔らかそうというか
ちょっとフカフカしているというか、そんな感じだったけど
昇珠園の味噌もギチギチの固い味噌じゃないから
これはイイでないかい。

そしてこれらを3つとも5号のカメに移します
2016-08-17 20.30.15_R.jpg
プラカップの蓋にチューブワサビを出してみたのは
もやし工房さんで見た技。これは手軽で良い(笑。

こちらは玄米麹です
2016-08-17 20.30.17_R.jpg
玄米の方が濃い香りがして
...こっちのほうが好きなんではなかろうか。

さらにラップをして蓋をしておしまい。
2016-08-17 20.34.52_R.jpg
ちょっと味見をしたら味噌ではあったけどまだ若い。
塩のカドが立っていて、なんかまだ味がまとまっていなかった。

秋ごろ食べてみるけど、昇珠園の奥さんは前に
2年物はもっとおいしいと言ってた。

うーむ悩ましい。
そして味噌作り、楽しい。

これは秋が楽しみだな...。




今年の宝石箱 続々完成 [漬物]

暑い。

高温警報が出ていて、7分丈みたいなパンツで
アスファルトの上なんか歩こうものなら
足首がヤケドしそうな熱を感じる。

これは梅干しも時短だな。

25kgの梅たちを続々と干しあげます。

あれから産膜酵母の発生もなく
香りも良い香りに戻った十郎梅。
はー良かった、乗り切った。

この前干した十郎①/2は、今一つパッとしない天気のまま
「まぁ...仕方ないか…」と
ややベタッとした印象のまま終了としたのだけど
こう陽射しがバリッとあるのでは干し直そう。

というわけで、まずコチラ
十郎①/2と②/2  あら綺麗ー。
2016-08-07 14.35.42_R.jpg
2016-08-07 14.36.45_R.jpg
塩の結晶の粒が我が家にとっていい塩梅。
2016-08-13 18.46.34_R.jpg
とっても綺麗でおいしい。干し直して良かった。

こちらは和歌山の南高
2016-08-07 18.37.13_R.jpg
天日干しで日焼けしたらまぁまぁ梅干しっぽい色にはなった。

...実はこれ、紫蘇のあく抜きを1回だけにしてみたのだけど
あまり色が良く乗らなかった。
味は普通においしいけど...
私は赤紫みたいな色の方が好き。
赤紫蘇をあく抜きしている時に2回目に揉み出した色が
すごく綺麗な紫だったもんで、これは捨てない方が良いか?と
入れてしまったのがいけなかったのかもしれない反省。


このところ良い風が吹いていてよく乾燥できます。
1日雨の心配が無い時は仕事の日もベランダに出して出かけるという
バクチを打ったのだけど(そもそもベランダはあまり雨も入らないし)
お天気にも恵まれて、今年は順調です。


最終の青森南高梅は本日から干し始め
2016-08-11 12.25.58-1_R.jpg
これこれ。こういう色が好き。
2016-08-11 12.52.28 HDR_R.jpg
十郎と同じように、フーシャピンクのもっと濃い色っぽく
よく染まった。アク抜きはキッチリ2回。

やっぱり和歌山南高梅の染まりの悪さは
紫蘇のアク抜きが問題だったか... 

皮も薄くてよろしい。
ただ青森南高梅は大玉で...
これは1つ食べるには勇気が要りますぞ。

赤紫蘇もよく絞ってザルに広げてゆかりも作っています。

ゲリラ豪雨と台風がどんどんやってくる前に
今年の宝石箱は続々と完成してきております。



天日干し はじめました [漬物]

結局今年は25kgとなった梅干し、
梅雨明けもハッキリしないところでしたが
明けてました状態の最近で、干し始めました。

心配な方の十郎のカメからとりあえず。
2016-07-30 14.58.30_R.jpg
これで5kg分です。

そして朝から農協に赤紫蘇を仕入れに行ってきました。
本日の朝も早起きして出かけたのだけど
これまでにない混雑ぶりで、
我々が帰る時なんか入場規制がされていました。
初めてですこんなことは。

開店してすぐに行ったからで
ちょっと時間が外れると空いているのですが
やはり欲しいものがある人は早く出てきます。

実際赤紫蘇も帰りに通った時は3束しか残っていなかった。
危ない危ない。

そんなわけで今週のオット(笑
2016-07-31 08.58.30_R.jpg
今回は5束しかないからあまり大変そうではない。
(私は後ろでゴーヤとかスイカとか抱えてついて歩いている)

ちなみに前回
m_2016-06-252008_48_51_R-de26d.jpg
前々回
m_2016-06-192009_08_15_R-449a0.jpg
「ハァ。」タメイキをつくんじゃない。

先日の青森から来た南高梅は
3号の久松に合流させたのだけど
落とし蓋をしておいたらもうギリギリまで梅酢がきている
2016-07-31 12.22.36_R.jpg
わー溢れそうです。やっぱり3号に5kgは無理があった。

紫蘇を入れたら十郎が入っていた4号の久松に入れ替えよう...

今回の5束はツラかった。
葉っぱが小さ目なせいで束が大きくて
もいでももいでも終わらない。

あららららー疲れちゃうこれは。
今日はお手伝いしてくれる人も居ないし(> <

孤独にブチブチもいで塩もみ。
2016-07-31 12.22.45_R.jpg
十郎は2日干したら良さそうなので
このまま4号の久松に南高を紫蘇と梅と交互に入れて
重石を掛け直します。
2016-07-31 12.29.30_R.jpg

十郎を触った後だと南高梅の皮のしっかりさ加減がよくわかる。
うぅーん 巨大だし皮もしっかりさんだし、大丈夫か...。
ちょっと心配。

そして十郎①は2日の天日干しでヨシとする。
2016-07-31 18.01.35_R.jpg

残るは十郎②と和歌山南高①②と青森南高。

心配のタネはコチラ
2016-07-31 18.08.39_R.jpg
わかりますかねこの白い点点点点とある浮遊物。
これが産膜酵母の残骸なのです。
ちょっとセメダインぽい匂いがしていて
これはまだ醸されてしまうような予感がします。
梅酢は濁っていないけど...

来週末まで心配なので、ここは梅酢を濾すことにします。
2016-07-31 18.25.32_R.jpg
3回濾してスッカリ綺麗になりました。

今日の十郎①の梅酢も日光に当てて塩分濃度が高まっただろうし
これも濾してこの②のカメに追加しておきます。


昔の気候とずいぶん違うので
毎年干す日数は変わります。

3日も干したらガジガジに固くなってしまうような
すごい日射の時もあるし、
晴れているのかいないのかボンヤリした時もあるし
良い感じに風が吹いているときもあれば
ベタベタと湿度が高い時もある。

とにかく雨に気を付けてあと20㎏無事に終わりますように…。



青森の梅を漬ける [漬物]

すっかりファイナルとしていた梅フェスですが
急遽追加で青森から南高梅がやってきました。

今年は和歌山も小田原もに梅の収穫が終わるのが早かったけど
青森の気候は例年通りだったのだろうか。

24日に到着。

どーん
2016-07-24 22.02.21_R.jpg
小さ目ということだったのだけども
届いてみたら1個60gもあるのとかゴロゴロ。

2016-07-24 22.03.11_R.jpg
でかっ。うぅーん。手前のは大きすぎ。向こうのぐらいのが良い。

3Lとか4Lの方が漬けやすくて(数が少なくて済むし)
立派だしー。と思っていた時期もあったのですが
やはり2Lぐらいが一番使食べやすくて使い勝手が良いので
あまり大きいのは梅酒向きかなー、なんて思うのだけど
今回はみんな梅干し。

フェスファイナルの週に叔母からLINEがきて
「今年はウチの分余分に漬けてもらえないかなー?
やっぱりツケモノちゃんとこの梅を食べちゃうと
他のがあんまり...」

愛知県に住む叔母はいつも交換品として
両口屋是清のどっしりしたお饅頭とか坂角の海老煎餅とか
THE・NAGOYA! のちょっと良いものを送ってくれていたのだけど
そういえば去年は忙しくて送っていなかった...か??

オッケーオッケー、今年は20㎏漬けたから大丈夫!
と返事をしたものの、姉の子供も「日の丸弁当がいい」
というほど我が家の梅干しを食べているのと母からもオーダーが来た。

最近お客さんも多いし、しかも皆さん「南高梅が良い」って
なーんで南高梅ばっかりちやほやされるのかよくわからないけど
...私は十郎が好き。オットも十郎が好き。

叔母も十郎が好き。(聞いていないけど、
「他のがあんまり」は、十郎を送っていたからだと思う。)

でもやっぱり南高梅の人気は根強い。

今年は昇珠園での南高梅はフェスの飛び入り参加が多くて
結局自分は漬けそびれてしまった。
足りないなぁきっと。

と思っていたら、青森の梅を発見した次第。
ヘタも深くてなかなか良い梅です。

3日ぐらいしてすっかり山吹色になったので漬けましょう
2016-07-27 21.25.51_R.jpg
そういえば農園から買う前は
山吹色になる前に漬けてしまってたから
追熟する、ってほとんどしたことがなかった。
追熟でも柔らかくなるのかなー。

5kgで買ったけど、やっぱり3日すると水分が飛んでしまって
漬ける直前に計量したら正味4.5kg。まぁ想定内。

3号の久松に漬けましょう。
2016-07-27 23.38.01_R.jpg
...粒が大きいのでやはり収まりきらない。

はみ出た700gはジップロックにしましょう
2016-07-27 23.47.17_R.jpg
そのうち水が上がったらちょっと位置が下がってくるから
合流させればいいや。

で、これが2日経過した久松
2016-07-29 21.29.02_R.jpg
ジップロック
2016-07-29 21.35.42_R.jpg
もう合流してもよさそう
そして皮がけっこう薄くて柔らかい感じ。

それにしても前回十郎に発生した産膜酵母がしつこい。
この前取り除いたのに、先日またこのカメの分は膜ができていた。
2016-07-10 20.35.21_R.jpg
この時また掬い取っておいたのだけど、
ちょっと油断するとすぐモヤモヤしてくる。
もう良いだけ色も付いたし、紫蘇を取り除こう。
十郎は守り切る。


今日は気を使う作業をしたし合流させるのはやめておこ。

また赤紫蘇買ってこねば。

そろそろ干したいのだけど
やっぱり今日みたいな快晴のときは仕事なんだなぁ。

ガッカリ。




産膜酵母、現る [漬物]

久松のカメに漬けた梅たち
2日に1回ぐらい、パカッと蓋を開けて
チェックしています。

紙蓋だといちいち外して外気を取り込んじゃって、
となりますが、ラップだとラップ越しにいいだけ観察ができて便利。

パカッ 


...。……。 おや...見たことある顔。

おたくさん、産膜酵母さんですよね。
呼んでませんけども。

んーーーーーーーー

綺麗に膜を張っている。
だがしかし、梅酢のにごりはない。

どうしよう、このまま乾燥させちゃおうかなー。
でも紫蘇に張り付いてるしなー。
産膜酵母自体はいいのだけど、これにカビがくっつくと
悪さをするからなぁ~~。紫蘇なんか良い媒体になってしまう配置で
水面と壺の中をつないでいる。

しょうがない。除去しよう。
メンドクs...

アク取りですくってみて、塩を1つかみばらまいて
カメの内壁にくっついていた膜をキッチンペーパーで拭きとって
ホワイトリカーを染み込ませたキッチンペーパーで拭っておく。
(私の1つかみはだいたい30gちょっと)

「毎度じろじろ見られちゃー見つかっちまっていけねぇ」
2016-07-07 15.27.00_R.jpg
悪い奴じゃないんだけどなかなかやっかいなお方。

2日経過したカメ
2016-07-09 17.41.48_R.jpg
綺麗キレイ

他のカメは
2016-07-09 17.42.08_R.jpg
あとの3つも順調です

今年はシロップをたくさん作っています。

申年ってのと、去年作ったシロップは
オットに大変受け入れられて「もっと作っておいて欲しい」
というリクエストがあったのでした。

ズラー 2リットル瓶たち
2016-07-09 17.38.37_R.jpg
一番奥のはもう完成して、飲みやすいように
果実酒ビンからボトルに移し替えたもの。

その隣の赤っぽいのは昇珠園の赤玉セレクション
(赤く色づいた実ばかりで作った)
2016-07-09 17.40.31_R.jpg

グラスに注ぐとこんな感じ
2016-07-04 22.17.53_R.jpg
シャンパングラスの方が飲み口が良いのはナゼか
2016-07-04 22.21.32_R.jpg
ほんのりピンクで綺麗です

その他、近所のスーパーで10%引きのシールが貼られて
袋に汗をかいていたかわいそうな南高梅と
先週また別のスーパーでお盆コーナーに押しやられて
チーンとたたずんでいた南高梅、いずれも和歌山産。

ここまでクッチャクチャになって種が見えるぐらいになれば完成
2016-07-09 17.40.40_R.jpg
これはまだまだ
2016-07-09 17.41.13_R.jpg
このビンはあと10日ぐらいかかりますかね


今年は水不足も懸念されているし
何年か前の激暑と言われた年とよく似ています。

外に出ると長袖でないと皮膚が水膨れになるような時もあるし
いくら予防に努めていてもやはり具合が悪くなるだろうなぁ~~。

今年の梅干しはどんだけの日数にするか...
もしかしたらいくら天日干しと言っても
直射日光は強すぎるかもしれません。


梅シロップの炭酸割りに梅干しを砕いたものを入れると
スッキリして爽快です。
電解質補正しながらがんばろーっと。


------

赤玉セレクションも瓶詰めしたので追加。
2016-07-10 18.38.30_R.jpg
きれい~~。

「この紅いの、私専用だから。シャア専用みたいだけど
とにかく私専用。」

「...3倍速いの?」

...。 いいから私専用だっつーのー!



梅フェス 2016 ファイナル [漬物]

先週に引き続き今週も梅フェスでした。

しかし今年は買い物が多かった。
事前にアナウンスしておいたのだけど
なんだかんだ忙しいのと疲れているのでしょうね、
買い物は一切していない人たちもいて
もーしょうがないからスゴイ量の買い物をしましたよ。

しかもこの時期果実酒ビンの在庫はあったりなかったりで
「2Lのビンを2つお願いします」って言われても
1つしかなかったりして買い回らなければならない。

どーん
2016-06-24 20.19.48_R.jpg
2Lビン7本、氷砂糖3kg、ホワイトリカー4.5本
...。 お、重い...。

Amazonだか楽天だかでまとめて買って
送ってくれていいのだけども。

今週分は15kg発送してもらった
2016-06-25 11.54.23_R.jpg
すばらしく良い香り そして熟度も色も本当に良い。

スーパーの梅との比較で1kg近所のスーパーで買ってみた
2016-06-20 13.58.58_R.jpg

さー今週もやりましょう。

今週のオット
2016-06-25 08.48.51_R.jpg
ちなみに先週のオット
2016-06-19 09.08.15_R.jpg
トバッチリにもほどがある(笑。

ヘタをとって
2016-06-25 13.27.30_R.jpg
瓶に入れてお酒を注ぎますよー
2016-06-26 13.38.24_R.jpg
氷砂糖は来週末に入れるのだぞ、として
計量だけして渡します

ハイ次梅干し!

農協の紫蘇は立派
2016-06-26 13.56.13_R.jpg
ザブザブと洗って
2016-06-25 14.40.56_R.jpg
塩もみしてアクを出します
2016-06-25 14.59.52_R.jpg
はい青紫がピンクになるのね
2016-06-25 15.02.01_R.jpg
ジップロックに漬けて梅干し
2016-06-26 14.06.16_R.jpg
右がリカーを振る前の梅 塩が絡みにくい
2016-06-26 14.07.10_R.jpg
左は霧吹きでホワイトリカーを噴霧したので塩が絡みやすい

あく抜きした赤紫蘇を入れてジップロックOK
塩分は18%の人と16%の人がいました
2016-06-26 14.50.31_R.jpg
2週間連続で全く同じ工程を踏んだ
2016-06-26 13.36.53_R.jpg

夜は夜で4年目のスタッフがやってきて
梅酒に酔いながらも梅酒と梅干しを仕込みました。



…あー終わったー!!



なんだか今月は釣りだのなんだので
休みの日にお昼間で寝ているってことがなくて
ずっと早起きだった!!

私の10kg分の十郎に入れる紫蘇もぎも手伝ってもらって
なんだかんだ喋りながら楽しく遊びました。

今年もたくさんの人がやってきて
食洗器も手洗いもフル回転だったけども
まぁおおむね良く出来たと思う。


後は梅雨明けまでじーっと待つのみ!
今年の天候はどんなかなー。

楽しみ楽しみ。