So-net無料ブログ作成

B6サイズの手帳カバーを作る [縫い物]

以前、「この手帳のカバー作れる?」と聞かれたことがあります。

...ブックカバー的なものは、広げた時に歪みとか
たるみが出やすいのでちょっとボヨボヨすると思いますけどねぇー。
って保留にしていたカバー。

先日、ちゃんとミシンに向かえるような時間ができたので
チョロッと思いだしてサンプルを製作してみたところ
おっ? コレはいいんでないの。
という感じにアッサリとできました。

サンプル品にはイニシャルの刺繍ワッペンを付けたのだけど
このワッペンは販売が終了していて、依頼された方には
どうしようか??

とりあえず、生地の選択をしていただいて
サンプル品の追求をします。

まずはカードホルダーをどうするか。
あとペンホルダーをどうするか。
刺繍ワッペンに代わるものはチャームにしてみるか。

これはサンプルの材料でいただいた去年のカバー。
2017-03-11 20.36.28_R.jpg
カードホルダーを検索してもあまり良いものは出てこない。
ツヤありラミネート生地だから、同じ生地で
カードホルダーを作ると生地同士が密着して使いにくいだろう。

ノート用カードケースのA6スリムを買ってみたけど
どんなもんだろ
2017-03-11 20.33.12_R.jpg
サイズが合わないのでヒートカッターの登場
2017-03-11 20.39.09_R.jpg
プラスチックが硬いのでオットに切ってもらう
2017-03-11 20.42.25_R.jpg
これで挿し込める
2017-03-11 20.32.34_R.jpg
でもスケジュール帳なのにカードホルダーが
あんまりたくさんあってもしょうがないし...

それでA4サイズのクリアカバーを買って
またヒートカッターで切り出してみた
2017-03-24 22.28.57_R.jpg
これで縫い付けてみよう。

あと、ペンホルダーは縫い付けるとボコボコするから
後付けのやつ買おう。

そんなわけで採寸。
自分の覚えにしか写真を撮っていなかったから
だいぶ不親切な記事ですみません。

縦20.5cm、横45cmに生地を裁断します。
クリアカバーは密着を防ぐため半透明のものにして、
20.5cm×6.8cmで切り出しておきます。

手帳に合わせた向きにして両端のミシンをかけたら
左端から3cmのところにクリアカバーのビニールを置いて
上下をしつけミシンで縫い付けます。

カードは3枚入るように、6cmのところで仕切りのミシンをかけます
2017-03-25 02.17.18_R.jpg
裏から見るとこんな感じ

ビニールを付けた側を10.4cmで折り返して上下を縫います。
2017-03-25 02.16.48_R.jpg
反対側は5.8cmで折り返して上下を縫います。
2017-03-25 02.16.48_R.jpg
上下の本縫いは1cmのところでかけます こんな感じ

これをぐるっとひっくり返してフチにミシンで終了。
私は1.5mmぐらいのところギリギリを縫っています。

ペンホルダーを挿し込んで、完成
2017-03-24 22.28.08_R.jpg
2017-03-26 17.42.21_R.jpg
2017-03-26 17.42.31_R.jpg

そしてチャームを付けようと思い立ったのはいいけど
これはどうやってハトメを付けるのか...

プライヤーで噛ませるハトメは4mmはある。
けど、検索すると2mmとか2.5mmなんかのミニハトメもある。
それを菊割り棒というもので割って付けるんだそう。

取り寄せてみて練習したのだけど
叩きすぎてハトメの可愛さ激減とか
潰した部分が広がりすぎてかわいくなかったりとか
...要は叩きすぎなんだな。

慎重にコンコンと打ち付けてみて、
8mmの二重カンを付けて、チャームを付属。
2017-03-26 21.25.01_R.jpg
2017-03-26 20.20.14_R.jpg
これはいいんでないのか。
2017-03-26 20.16.57_R.jpg
左側にカードホルダー
2017-03-26 20.18.30_R.jpg
右は特に何もない
2017-03-26 20.19.25_R.jpg
この半透明のクリアカバーはかなり良い案で
カードが突っかかることなく出し入れもスムーズ。
ミシンもなんということなくかかった。

ヒートカッターで切り出すという作業自体は
面倒ではあるけど、その方がハサミで切るより絶対綺麗にできる。


単純な構造であるのと、開いたり閉じたりするカバーなので
歪みは致命的なものになるからハードルが高いと思ったけど

...きっと大きな製図用の三角定規なんかを使って
ちゃんと角度を合わせるようになったから
歪みそのものが出にくくなったんだな。
足りない裁断の腕は道具でカバー。これ大事。



トランクのミニハンドプレス TW-PS16 モニター追記 [ペンケース]

前回モニターした結果をエントリしました。
トランクのハンドプレス機を試用する の追記です。

トランクさんの担当の方から、
円盤が抜き型を全てカバーしていなくても
抜けますよ、というお返事をいただいたのですが
でも部分的に抜き残しがあるし...と
やはり2回~3回に分けて抜くことにしていました。

がしかし、「真ん中に重心が掛かっていれば1度で抜ける」
ということに気づきました。

それで、コツ(ってほどでもないけど)を得て
うまく抜けるようになったので動画をUPします。

サクッという音と共に綺麗に抜けるようになりました!!

これは(・∀・)イイ!!

あと思ったのが、円盤が金属に塗装されているのだけど
これは硬いゴムかなんか、わからないけど
そういうものの方が良いかもしれません。
型を当ててガクガクと抜いているうちに
抜き型の鋼が円盤の塗装を剥がしてしまって
鉄くずのようなものが革に付きます。
2017-03-12 12.50.56_R.jpg
払うと素直に落ちます。

革を漉いてもらうとなめす時のタンニンと反応して
点点点点と落ちない染みになることがあるのだけど
その場合、範囲によってはその部分は使えなくなります。
この粉はそういうのはどうなのかしら??

前回書いた懐の深さだけれど、
これは私の使っている型ぐらいの大きさであれば
(全長80mm程度)大丈夫そうです。
ミシンのアームと同じで、深い方が良いには良いけど。

そんなわけでザクザクとこれだけ抜いてみました。
2017-03-19 02.30.01_R.jpg

手... 
2017-03-19 02.30.36_R.jpg
やっぱりちょっとやりすぎた。

けどこれはイイ。私も欲しいです。
型抜きをするのが面倒だなー、っていうのが
だいぶなくなった。ちょっとやっとこ。ってできる。

動画を撮影協力してくれたオットは「買えば」
って言ってくれたのだけど...
今どうしても必要かと言うとそうでもないし
うぅーむ。冬のボーナス...かなぁ
この前またスーツが必要になって(太ったから)
要らない出費をしてしまったしなぁ~。
痩せる。とか言ってむしろ太ってる罪悪感で
自分のための買い物に開き直れない[ふらふら]




トランクのハンドプレス機を試用する [ペンケース]

先日からペンケースのオーダーを再開したところ
ポツポツオーダーを頂いているのですが
そのブログメールでのオーダーに紛れて
別の件でのメールが来ていました。

ハンドプレス機の会社の方からで
「革の型抜きがあまりに大変そうなので」と、
自分のところの製品をデモで貸し出すので
使ってみて意見を下さい。
という内容のメールでした。

おぉ~、興味ある。

ペンケースには一部ヌメ革を使っています。
手に水泡やアザを作ってまで抜き出した革は
そこそこ在庫がはけてきているので
また適当に時間を見つけて抜かなくては…。
と思っていたところ。

ベルメックスのハンドプレス機だって
すごく役に立っているけど、そこそこ力仕事なのには
変わりがないわけで、これをいかにラクにできるか。
てのは大事です。

今回ご連絡いただいたのはトランクさん

まずは抜き型の寸法がわかるイラストなどを返信して、
会社で抜き型のサンプルを作成したら
プレス機の作業を動画に撮って送る、という
提案を頂いて、確認後に本体が到着しました。
PP板が2枚と厚紙を付属していただきました。

使いづらい部分なども率直に、ということですので
忌憚のない意見を述べたいと思います。

送って頂いたのはコチラ

重量は4kgと、ベルメックスの15kgよりだいぶ軽い。
価格はベルメックスが12800円だったから、4倍ぐらいする。

傷を恐れて床にカッティングボードを敷いてみたけど
多分不要だったと思われます
2017-03-12 12.35.32_R.jpg
PP板が2枚と厚紙を付属していただきました。

原理としてはテコの原理でカムの力だけなので、
これはベルメックスと同じです。
ハンドレバーは短くて、ココから
2017-03-12 12.36.39_R1.jpg
ココまでの角度が可動域
2017-03-12 12.36.56_R1.jpg
これで16mmのストロークだそうです。

押すレバーの形状はコレは良い。
2017-03-12 15.51.11_R.jpg
円柱のバーを差し込む式だとネジで固定しても面がないから
固定の面がどんどんずれてきてスコーンと抜けてしまうけど
このレバーは噛ませる面があるからバーが抜け落ちない。
ネジで留めるとこうなる。
2017-03-12 15.51.45_R.jpg

本体の重量が軽いので動いてしまわないか?
という心配がありますが、ハンドルが付いているので
安定して作業できます。
2017-03-12 12.35.32_R1.jpg

さて私が使うのは1.5mmのヌメ革です。
革には厚みの他に硬さもあるのだけど、
伸びてしまわないためにわりと硬いものを使っています。

抜いていきます
2017-03-12 12.49.00_R.jpg
板2枚というのは板同士がずれるのでやりにくい。
自分の分厚いPP板を使おうと思ったら
微妙に分厚すぎて合わないので
付属のPP板をガムテで固定します(ごめんなさい)
2017-03-12 12.34.55_R.jpg
高さはこれでOK

高さ調整が済んだところで
どんどんいきましょう。

もう少し懐の深さが欲しい
2017-03-12 12.49.31_R.jpg
2回ないし3回に分けて型をずらしながらプレスを掛けるので
抜き型に対してプレスを掛ける円盤は
型の全部をカバーできていなくてもいいのだけど
2017-03-12 12.49.00_R.jpg
このようにプレスした後、
「板ごと向こうに押してずらして」プレスをかけたい。
2017-03-12 12.49.31_R1.jpg
のだけど、懐が狭いとそれができない。
2017-03-12 12.49.00_R1.jpg
極端な話、こうなってしまうから
2017-03-12 12.45.58_R.jpg
革と抜き型のみを向こうにずらすことが必要。
そうすると革から抜き型が若干浮いたりして
ズレが生じやすい。

このプレスを掛ける部分が青矢印のような配置になっていて
もう少し懐が深くなれば、板ごとずらせるのだけども。
2017-03-12 12.38.00_R1.jpg
そうすればすごく良いと思う。

オットの力だと割とサクサク抜けていく。
やっぱ女の力だと「すごいサクサク」ではないので
穴開けパンチみたいにバネの力が欲しい。
押す力と戻す力を助けてくれるバネ。

あと、最初に円盤の高さを調整するのに
板の調整にちょっと苦労したのだけど
高さをネジかなんか、セットポジションの調整ができると良い。
それか、ストロークの幅自体をも更に大きく持たせるか。

板で調整、ってなると板の種類ばっかり増えてしまう。

けど、円盤の高さを本体で調整できるようにすると
コストが高くなるのかもしれないし
それなら安いPP板を何種類か揃えて
自分のツールとした方が良いのか...

売る時にこの円盤の高さに合った抜き型と
PP板をセットで買えるように商品展開をしてもらうのも
手だけど、すでに抜き型を持っている人が「よりラクに」
と購入するのであれば、やはり本体が調整できるものだと
購入したい人は多いだろう。抜き型も購入先によって
高さなんかが異なるわけで...

作りたいものを作るための道具を作るってのは
使い手のニーズが限局しているのに汎用性を持たせないと
製品としてはそれこそコストがかかりすぎて
趣味でなくて仕事として成り立たせるのは大変ですけど。

というのが感想。


いや自分以外のハンクラやる人の程度ってのが
良く分からないのだけど、
モノヅクリを個人の趣味の範疇でやってる人って
ちょっと変わった人が多い。「普通そこまでやらないよね」
ってことを結構平気でお金をかけたり出かけて行ったりするし
大体は配偶者から嫌がられている。
「なんでそこにそんなお金かけるの。」って。(え?)

お店に行くなりネットショップで買うなり
手間とか送料とか考えると、PP板1枚買うのも
けっこう面倒な話なわけです。

私の場合で言うなら、自分の思いついたことを形にするためには
いろんなお店からいろいろかき集めて作業します。

なかなかニッチな世界なので揃わないし
統一された規格ってのがあまり無くてオリジナルが多かったり
似ているけど微妙に違ったり合わなかったりすることがある。

例えば、革の抜き型で言うなら、抜き型を作っている
抜き型屋さんに欲しいものをオーダーする。型屋さんには
欲しいプレス機がなかったから、ベルメックスに発注する。
(これだって探すのはけっこう大変だった)
ゴム板は扱いが無いから鉄砲カンを購入しているお店から買う。
カシメはまた別の業者、カシメを留めるペンチ型のハンドプレスは
Amazon。

そんな感じです。

これが1つのメーカーとして全部1つの場所で揃うか
別のメーカーでも同じ規格だと良いのだけど、
購入先も違えば規格なんか無いに等しいもんで
自分の使っている型の高さとPP板の厚みがあっているかどうかは
使ってみないと分からない。

1000円のPP板を買うのに800円送料、ってなると
やっぱり買うのを悩む。
しかも届いてみたらやっぱりちょっと何ミリか
合わない。ってなるともう一回同じコストがかかる。
始めから何種類か買って返品するのも送料はかかる。
幅広くいろいろ作りたい場合はそれが何度も繰り返されたり
今回みたいに付属していただいたPP板をガムテで留めたり。

一度揃ってしまえばなんてことないのだけど
揃えるまでにちょっとしたお金が掛かりすぎる結果「できない」とか
不便さや妥協が生じて「ちょっとおかしいけど手作りだから仕方ない」
という手作り感が炸裂するのだ、と思っている。

だから私も割とここにコストを掛ける変な人だけど
正直、「これとこれとこれを合わせて使うのがベスト」と
いうのが分かって組み上げるまでにどれだけ無駄遣いに
なってしまったかと言うと、...ニャハハ。

...これはオットも同じようなことをしているからオアイコ (キリッ


でも「めんどくさい」とか必要なコストを越えてて
「もったいない」ってなると納得のいくモノづくりはできないし
そうなったら自分で作る意味はない。

「買って済むものは買えばよろしい
・売っていないものは作ればよろしい」というのが
私が思っていることで、クオリティについては
「作ったものだからおかしくても仕方ない」にはしたくない。

「自分にしか必要ないもの」にどれだけコストをかけるか?
これが「できない(それだけコストをかける価値はない)」と
「納得できるモノヅクリ」の境目だとも思う。

プレス機の感想とか言いつつちょっと脱線しちゃったけど
モノヅクリに対しては、アイディアを形にする面白さってのが
一番大きいと思う。

自分1人でも、クライアントの要望を入れて
複数人数で作り上げるにしても、あーでもないこーでもないと
考えて作っていく面白さというのがある。

(だから最初にモノヅクリをするコストを無視して
作り方だけをチャチャッとネットで調べて
人のデザインをパクってハナから自分が作ったかのように
SNSにアップする輩には腹がたつ。
かわいくできたよー、どれをどんな風に使えばいいんだよー、って
ソレお前が苦労して作り上げたたわけでもないのに
ソースも載せずに得意げにアップしてどんだけ厚顔無恥なんだと。

既製品にしても、最初に作った会社の製品をサンプルにして
勝手にPDCA回して自分とこが安く作って出すっていう企業も嫌い。
原理が同じとかではなくてデザインやアイディアをパクるって無い。
だから純正品が好きだし薬剤もジェネリックじゃなくて先発品を希望するし
ナガイレーベンの白衣のデザインをパクってオリジナルです、とか言って
粗悪な生地で安く出してくる看護師通販雑誌なんか
「中で働いている人、つまんないだろうな」って気の毒になる。

※この前から話題のウサギ食パンも、すぐパクられるだろうなぁ。
あの型を発案した人は自分のアイディアで型屋さんに作ってもらって
あの型ならではの焼き方を確立するためにはすごい労力と面白さがあったと思う。
だから「カワイイ」だけをパクったパンなんか意味がない。
(でも買う人ってのは居るんだよなぁー。)


「私が考える使いやすい良いモノ」というのを
探求する人やお店は応援したいと思います。

トランクさん、ありがとうございました。
週末返送させていただきます!




ツケモノ、金魚とメダカを飼う

お正月明けに購入した久松の練り鉢
2017-01-08 15.53.25_R.jpg
これはベランダでメダカでも飼おう。
というか陽除けにするためには睡蓮も植えよう。
そうそう、ビオトープってやつ。

これまでも何度かホームセンターに見に行ったのだけど
金魚の小赤なんか水槽空きっぱなしで
何度か出かけてみたものの1か月経っても入ってこないし
お姉さんも「いつ入荷になるかわからないんです」
えー、そんなことあるのかー。

まぁいいか、琉金でも。

メダカのことをチョロッと調べて
「ベランダで飼育するんだから黒メダカだな。」
ということがあって、ついに先週になって
黒メダカ5匹と琉金2匹、水草を買ってきました。

何日か前から鉢に水を張ってカルキ抜きをしておいて
ビニール袋ごと浮かべて水馴らしをして…
ってしておいたのだけど、田んぼの土を入れたら
ものすごく濁って、これアカンやつやー。
調べ直したら「水が綺麗になるまでは一週間程度かかります」

...。もう1回水を作りなおし。

いろいろ紆余曲折があって、漬物樽で御一行様
2017-02-27 08.10.38_R.jpg
水曜、私は休みでした。
...急に寒くなって大丈夫かなぁー。
ベランダに出てみると、

...キンギョが1匹、樽の底の方でひっくり返っています。
死んだみたいに動かないけどエラは一応動いている。

オットにmailで「キンギョさん1匹死にそうです」
と送ると、すぐに「すぐにポンプと水槽を買って家の中に入れるんだ。
できればヒーターも。」と指令が飛んできました。

チャリンコの空気入れが使えないだのタクシーで行けだの
すったもんだがありつつ、ホームセンターにたどり着くまでに
すでに疲れた。

ゼーゼー言いながら出かけて
水槽だのその他いろいろ買います
2017-02-27 15.38.54_R.jpg
水槽はガラスの水槽かプラスチックか悩んだけど
結局ガラスにしました。

水槽
金魚の砂利
メダカの砂利(外で飼うにしても睡蓮計画が倒れた時用)
魚用ネット
ヒーター
水温計
カルキ抜き
金魚のエサ(いいやつ)

9,990円です、って1万円出して10円しかお釣り来なかった[ふらふら]

そもそも砂利とか今更買ってる時点でどうなのよという…
コレ自転車をこぐたびに足が当たって
ボコボコ蹴っ飛ばす始末で苦労して帰ってきた。

それで、出来たのがコチラの水槽
2017-02-27 18.26.41_R.jpg
ガッサガッサと広げてとりあえずできた。

ひっくり返ってた琉金は何事もなかったかのように
元気に泳ぎ出しました。

...水質が悪かったのか? 寒かったのか?

!! 小赤が入荷されないのって、
「今は時期じゃないから」てことだったのか?

いずれにしてもナイス指令だったってことだ。

そしてネコどうしよう。

気づいていないみたいだし、大丈夫かな?
とりあえず出かける時はリビングからネコを締め出して
無事に過ごしていましたが
やはりこれも有効はなさそう。

なぜなら、キンギョのエサに対するネコの興味がすごい。
目をギラギラさせてエサを追いかけ、
ついには水槽に手を突っ込むモチ君。

水槽は寝室に移動しました。
カリンちゃんと大福は泳いでいる魚も
認識していて、じーっと見ているけど
お利口さんなことに手は出さない。

ポンプの音とかで気になって眠れないかな?と思いきや
すごく静かで、むしろ寝すぎなぐらい眠れたのは
春だからなのか水槽のおかげなのか。

田んぼの水も落ち着いてきたことだし
もう少し温かくなってきたらベランダに出そう。

そして睡蓮ていうのは今時期にレンコンみたいなもんを
埋め込むのかと思っていたのだけど
ホームセンターでは夏になると葉っぱが付いた状態で
出てくるという。

うーむ。

もう少し情報を集めねば。