So-net無料ブログ作成
検索選択

merryChristmas [ネコ]

先日「拾ったんですけど...」と後輩が連絡してきて
なんだか我が家に住むことになったフク、
元気すぎておばあさんネコとおばさんネコに
両手を上げて二足歩行でワーッと寄っていくので
おばさんもおばあさんも参っておりました。

これはお友達を迎えた方がいいのかも…

ということで、里親募集の掲示板を見たり
あげます・売りますみたいな掲示板を見たり
するのですが、なかなか決まりません。

おっ、この子はいいな。と思って
連絡をしてお見合いの日を決めようかというところで
「元気がないので病院に連れて行ったら
大きな病気が見つかって、持たない」とか
「人が怖くて仕方がなく、慣れる気配が無いから
もう少し慣れてから再募集」とか
なんだか合わない。

そもそも
一人暮らしはダメ
同棲カップルはダメ
老人はダメ
小さい子供の居る家はダメ

...てのは普通で

その他アンケートなんかで
「もし離婚したらどうしますか」とか
「アレルギーが出たらどうしますか」とか

けっこう閉口する質問をなさる方とかいらっしゃる。

離婚なんて前提ではないけど
やむを得ずすることもあるかもしれない。
けど責任もって一緒に連れて行くのは
子供だってネコだって一緒だし
アレルギーなんかは出ないように
掃除に気を付けるとか空気清浄機を増設するとか
なんかしらしていても出てしまって
死にそうになることはあるし、
そうなったら生活空間を分けるとかなんか
しなくてはならないかもしれない。

つまりどうやって責任を取るか、ってことなんだけど
なんとも「明日離婚したらどうしますか」って言われても
...いや明日急に離婚するほど無計画じゃないですし
離婚するのは1日2日で離婚できるほど簡単ではないですから。
とかツッコミどころ満載なわけです。

あ~~なんか問答無用に来るときはくるのに
決まらない時は決まらんもんだな。

そうしたらたまたま、福島の被災地で保護された
ネコの里親を募集している方がいました。

あっ、この子がいい。と思った子は
兄弟セットで...とのことで
別の「これから載せる子」を紹介されました。

るー君(仮名)
2015-12-16 20.07.03_R.jpg

保護をされた方は医療者ですが
NPOを立ち上げて毎週末福島に行き、動物たちの支援を
しているそうです。

人間の医療者なのに、犬猫その他の動物かぁ。
変わってるなぁと思ったのですが
「私はネコのことは良くわからないので、ボランティアさんの
支援を受けながらやっています。とにかく、やらなければ
ならないだけの状況です。あまり真実をネットに載せると
立ち入り禁止にされてしまうので、あまり書けないですが
それだけの事実があるんです。」と穏やかに話をされました。

そうなんだ...

シェルターにはネコが20匹近く居て
ケージに入れられているネコ、歩いているネコ、
寝ているネコ、さまざまでした。

子猫は3匹いて、2匹は1か月半ぐらいの
家にきたばかりのフクと同じぐらい。
あとの1匹が「るー君」でした。

避難解除準備区域である浪江町で保護されたのです。

動物たちをボランティアで診察して
ワクチンや血液検査などを行う獣医師、
給餌や保護活動を行うボランティア、
見えない放射線被爆から動物を守る人たち。

人間は勝手だ。
壊していく人間、見ない振りをしている人間。
その他の動物の都合なんか関係なく
自分たちのことで必死だ。

でも、守っていく人間、戦う人間もいる。

「福島の人たちは洋ネコが好きみたいで
シャムミックスはたくさんいますね。
東京と違ってあまり去勢などはスタンダートではないので
手術の説得からしないと...」

「るー君も元気が有り余っているので
大人のネコが疲れているのだけど、
1匹だけ面倒みてくれるネコがいるんです。」

クロみたいな性格の、茶トラのネコでした。

何度も里親希望の問い合わせがあるのだけど
飼い主さんが手放さない。
でもずっと面倒みてもらうのも申し訳ないから
里親希望はお任せします。と福島の飼い主さんに言われて
やっぱり里子に出したくないんだな...と
出せなかった話などなど。

るー君はもう去勢が済んでいました。
採った睾丸は弘前大学が低線量被爆の研究を
しているのだそうです。

そしてるー君は私たちの目の前を何度も素通りしていきます。
それぐらい、ケージから出て興奮が強く
人間なんか目もくれず、おもちゃに突進していました。

私たちのそばでジーッと見ていた大きなネコ
2015-12-16 20.05.24_R.jpg
みんな大きい。

他のネコたちも骨格的に大きくて
耳は倒して警戒しているけど動かない。
おもちゃの羽に飛びつくるー君をただ目で追うだけなのです。

「分かってる。」

そういうオーラでした。

私たちはるー君をじゃらすこともなく
保護主さんやボランティアさんと話ばかりしていたので
「この人たち、あんまりネコがすきじゃないのかな?」って
思われたかもしれない。と家路につく車の中で話したぐらい、
ほとんど触りませんでした。
触れなかったのです。あのオーラに。

私たちなんぞで大丈夫なんかな??と
思っていたら「お友達にいかがですか」と
ボランティアさんに言われて、どうやら面接にパスしたっぽい。

後日我が家に保護主さんとボランティアさんが
るー君を連れていらっしゃいました。

一応ケージなんぞも出してみていたのだけど
フクとめっちゃくちゃ遊び始めたるー君。

「気に入った。」
2015-12-23 17.44.40_R.jpg
いいでしょ。
そのタワー、オットが一生懸命作ったのよ。

2週間のトライアルが始まりました。

良く食べて
2015-12-23 00.39.48_R.jpg
良く遊んで
2015-12-23 09.27.02_R.jpg
めっちゃくちゃ遊んで
2015-12-24 22.33.34_R.jpg
まだ遊んで
2015-12-24 22.33.42_R.jpg
疲れて寝ています。

名前は変えてもらって大丈夫、とのことで
もち吉としました。

フクが長いネコで細マッチョなのに
るー君ときたらなんだか太目の筋肉質でガチムチ系です。


翌日、自分から膝に乗ってきてブルブルブルブルと喉を鳴らし
ベロリベロリを顔を舐める。ベロリアンだったのかおまえさんは。

本当は寂しかったのでしょう。


福島はもう冬。

なんらか、支援になればいい。
と今回の里親に名乗りを上げました。

でも、私が考えていたよりも
もっとつらい現実が付きつけられていました。



なんだかんだ悶々と考えながら作った
クリスマスケーキ。
2015-12-24 21.26.58_R.jpg
イチゴをもっと減らしても良かったけど
せっかくなのでたくさん盛って
ちょっと下品になった。

「片側に寄ってるよ、イチゴ!」

にゃろー アンシンメトリーつーんだよッ



ガスコンロを交換する [家]

本日はガスコンロの交換日でした。

前の住まいは1口のコンロだったのが
この家に住み始めてから、
コンロが3つ+魚焼きグリルがついている
というのでスバラシイー...のだけど
「片面焼き」であるのがネックでした。

ビルトインでてっきり両面かと思っていたら
まさかの片面。
一度両面焼きのグリルの使い勝手の良さを知ると
やっぱり片面だと不満になるわけです。

そんなわけで、冬のボーナスが入ったら
グリルを入れ替える。という計画でした。

いよいよ実行です。

近所のホームセンター2軒とヤマダ電機を見に行ったけど
ホームセンターの方が断然安い。

さらにもう1件のホームセンターはリクシル一押しで
候補のコンロは「オリジナルでちょっと安い仕様」に
してあった。ちょっと悩んだけど、両面の火加減を
レバーで調整する、というのが安い理由で、
...これはレバーではないほうが良いので却下。

結局最初に行ったホームセンターで依頼します。

これが今までのコンロ
2015-12-23 08.47.11_R.jpg
ガラストップでSHOT CERANなのが良かった。

これが今回入れたコンロ
2015-12-23 09.58.56_R.jpg
ガラストップだけどSHOT CERANではない

だけど、ホームセンターのおいちゃんが言うには
断然オススメ、とのことだった。
遠赤外線とかオートグリル機能なんかが充実している。

今日は焼き鳥をやってみたのだけど
(珍しいにもほどがある)
ひっくり返さなくていいし早く焼きあがるし
なにより綺麗な焼き目とおいしさが今までと違う。

すんばらしー。
交換してもらって良かった。

だけど今日に至るまでけっこう時間がかかりました。
依頼をしにホームセンターに行ったら
「工事部の者が伺って、このパック料金で
できるかどうかを確認します」

えー、今もビルトインだしできるよぅ、と思ったけど
「一応確認」だそうで、

2日後ぐらいに工事部からこちらに確認の電話→
訪問→「できます」というお返事をもらう→
ホームセンターに行って正式に申し込みで50%代金支払いに行く→
発注→工事部から工事の日を決定する電話待ち→
工事日確定→工事→工事終了後にホームセンターに
代金の残り50%を支払い

...長いっ。
支払いは申し込みの時に支払わせてほしい(T_T)

しかも工事の人、道に迷って電話してきた。
「すみません、新しいマンションだったので
まさかここじゃないだろうと思って
通り過ぎちゃった」って…orz


マンションのオプションて、こういうのを
オプションでグレードの選択にしてくれればいいのに
全然主旨が違ってインテリアオプションだったもんで
後からどうにでもできることばかり高いお金で提示してくる。

まずスタンダードを入れる前に選ばせてくれれば
楽なんだけど...まぁそういう仕組みだったからなぁ。



ペンケースのオーダーと進路相談 [ペンケース]

この時期多いのが進路相談です。

最終の意向調査で「退職」に〇を付けるスタッフに
意思の確認。見どころのあるスタッフは当然引き留めちゃる(笑。

何年か前に妊娠を機に退職し、自宅のそばの他院で再就職した
スタッフからも、メッセンジャーなりラインなりで
「もう辞めようと思うんです」と飛んできました。

結婚しようと思っている、とか
育児をしながら、とか、なんらか考える機会で
退職を考えたり、なんとなく...のスタッフもいます。

進学とか留学というのなら、頑張れー!!と
お餞別を選りすぐって送り出したこともあります。

だがしかし消去法で辞める、というスタッフと話をしていて
みんなに共通しているのが
10年後20年後を考えていないで
今現在とか今年と来年ぐらいしか見ていない。
ということです。

子供を育てながら時短で仕事をする→しんどい
→辞める→パートでいいや。は最も多い。

未来を見据えた上で、何のための今年や来年か、
ということや、政治のこと、人口構成のこと、
看護の世界が果たすべき役割、国民の果たす役割、
それぞれの家族構成の中での役割、
いろんな角度で家族と会話をして
休みの取り方やお金の使い方、投票の予定、
今自分が取り組むべきこと、
家族のそれぞれが分担するべきこと、
というのを「特別なこと」ではなく、「当たり前」に
考えていってほしい。と思っています。

看護の世界は交代勤務で時間の流れが一般と違ったり
国家資格だから就職には困らなかったり
そこそこの給与が発生するし
...という背景があって、辞めることは怖くなく感じます。

でも、いまの時代の速すぎる流れにいちいち退職して
またリセットかけていては
その都度馴染むまでにいろいろショックがあって、
いつもスペシャリストに近い場所からは遠くなって
「ただのおばさんの現場スタッフ」
でしかなくなってしまう。

「そんなにバリバリ働かないでもいい、適当でいい。」
という考えの大人に子供が良い影響を受けるか。
国民の義務とか、大人としての責任を果たせるような人を
育成できるか。といったら、…。できない。

ぜひご家族でよく話し合って、「〇〇家の20年後」の
イメージを共有してください。

各地を転勤するお家なら、
「夫を支えて家族で仲良く」のために
頑張るおばさん現場スタッフもアリかもしれない。

そこは各家庭によって出す答えは違うと思います。

この国の将来に手を抜かず、
自分たちでよく物事を考え、
吟味して進んでいかなければ
2025年問題という本当に大変な時代は
もうすでにやってきています。

その大変な時代を、苦しいながらに
どうやってちょっとでも楽しく生きていくか。
看護の世界が果たすべき役割として
後進の育成にどう関わっていくべきか。
そのために今年・来年をどうするか。

現在の職場や給与に満足している人なんて
ほぼ皆無に等しいでしょう。

でも自分の職業や生き方に誇りを持って
将来満足できるようにそれぞれ頑張る。
年寄りが力を発揮するのは、若い子と同じことが
できることではなく、どうやって若い子を
育てていくことに関われるか。
体力が落ちてきても知識や知恵はたくさんある。
ユーモアのセンスを忘れずに、継続は力なりで
頑張ってほしい。

一つだけの役割ではなく、妻であり母であり
嫁であり娘であり働くお母さん看護師のモデルであり
その他いろいろ、
国民の一人としていろーんな役割があるわけです。

いろんな角度から情報を得て
TV・新聞・看護協会ニュース・看護連盟会報
・政治家の意見などなど... 一方向だけでなく
物事を多角的に見て考えていけるように

(本当、看護協会・連盟に入らない人とか
看護体制のことを何も考えていないアホだ、と私は思う。
自分が何もしない・金も出さないでおきながら
労働条件がどうのとか給与の水準が低いからとか
...開いた口がふさがらない。
診療報酬のことなんかもわかっていなくて
不満ばかりをブーダラブーダラと述べられると呆れる。)

個人レベルでの満足だけではなく
国レベルでスケール大きく、広い視野での会話を
たくさんして、お互いに良い影響を与えて
子供たちを育てて未来に向かってほしい。
と思っています。

未来を作っていくのはまさに自分たちであって、
誰かが与えてくれるものではありません。
…っていうのが私が常々思っていることです。

という話とか、妊娠と出産を当たり前だと思わず
可能性を含めた選択肢、それぞれの選択をした場合に
必要なお金、分担...よくよく話し合っておかないと
「こんなはずではなかった」になります。

やはり「20年後の〇〇家」という組織イメージの
共有をしっかりしてください。

という話なんかをしています。


平たく言うと今、本当にすでにしんどいです。

高度な医療は寿命を延ばし、家族の期待は高まり
しかしその人が帰る場所は「自宅では無理です」で
受け皿がない。

核家族で、家族の力はあてにならない。
自分の都合しか言ってこない家族には
腹もたつけどみんなギリギリなわけです。
認知症の患者数は増え、
医療ではなくお世話が必要な状態。

でも診療報酬が改訂されると看護体制も
低くなって、人手は必要なのに「医療でなない」と
仕事量は増える。看護体制が低いから給与水準は下がる。
っていうのが近い将来に起きることです。

今すでにこの状態がきっついって言うのに
10年後の2025年には爆発的に老人が増える。
その時になんのスキルもない、足腰の弱った
知恵も知識もない看護師が丸腰の状態で
どうやって戦えるというのか。

「武器を持たせてもらわなかったから」ではなくて
自分自身の戦闘能力を高める努力をしろ。
そして仲間である高い戦闘能力のあるスタッフを育成しろ。

辞めてる場合かボケー!!!

っていうのが正直なところです。

と話したら、
今年のなんとなくな退職希望者は
「そういう風に考えてなかった」と
辞めるのやめました。

...本当、なんとなく辞めてる場合じゃないんですよ。


そして他の病院を辞めようと思ってる、と
飛ばしてきたスタッフからは
ポケットペンケースのオーダーがありました。

今年特注ラミネートオーダーした生地の中から
ポプリンのドット&ブーケの生地です。

ピンクは本人用
2015-12-04 12.50.25_R.jpg
タグはネコマーク希望だった
2015-12-04 12.50.32_R.jpg

頼まれてないけども上品なグレーベージュも作った
2015-12-04 13.04.24_R.jpg
師長さんに「やっぱ辞めるの撤回します」って
持っていきなさい。というのが私の目論見だけど
自分の替えにしてもいいし、仲良しのスタッフに
あげてもいいし、これはプレゼントです。とお手紙と。

つーことでお揃い。
2015-12-04 13.05.05-1_R.jpg
後日、「続けることにしました。」と
連絡がきました。

よーしよく言った。
看護師の一味としてちょっと遠くからだけど
ひっそりと応援していますよ。

男性に比べて女性は結婚したら苗字も変わるわ
区役所行って銀行行って警察署行って、
ただでさえめんどくさいのに
看護師免許の書き換えで保健所も行って、
そして家事は当たり前にやらねばならぬ。

男の人なんか5回のうち1回でもやれば
「俺はいつもやってる」とか言い出すし
身体に起こる変化なんかも含めて
女の人はイベント盛りだくさん。

あーもうちょっと楽な仕事でもいいんでないの。とか
辞めてもいいんでないの。とか思うタイミングは
いつだって転がってるけど、
素敵な人ってのは自分の生き方に誇りを持っていて
人を惹きつけるだけの魅力と説得力がある。

いつも全力疾走なんかしなくていいけど
身体が冷めきってケガをしないように注意しながら
時々歩いたり休んだりしながら
走るところで走れるように、
自分をちゃんと理解して努力いる人は
やっぱりカッコイイなぁと思うわけです。


そんなこんなで2015年もそろそろ終わり。
いろいろあったな、2015年。遠い目。



クリスマスケーキのリハーサル [その他]

転居前は犬も歩けば状態に
オシャレ~なケーキ屋さんと
美容院と歯科医院が何軒置きかにあって
同じ建物に複数入っているのも珍しくない状態だったのだけど
今の住まいは「昔ながらのケーキ屋さん」が
メインストリートにちょこっとある程度。

前はケーキを買う用事やお土産などに
近所のおいしいケーキ屋さんで買っていました。
今は車を出せば美味しいと雑誌に載るお店もあるけども
そもそもそんなにしょっちゅう食べるもんでもないので
買う用事がありません。

スーパーでクリスマスケーキの予約は当店で!
みたいのを見て、今までは「なんでわざわざスーパーが
窓口やってるケーキなわけ...」とか思ってたけど
ケーキ屋さんまでわざわざ行く、ってことが面倒なら
スーパーが受け付けているナントカ屋のケーキ、でも
いいのかもなぁ~~~。

っていう話をしていて、
今年は作ろうかなぁと呟くと驚くオット。
「そういうのはしない主義なのかと思っていた。」

いやいままでは台所も狭かったし
作業場もなかっただけで
子供の頃は「母の手作りクッキー」で育ったわけよ。
フラ〇ーの会社員の娘だったわけよ。
スナック菓子とか憧れだったから。
そこそこクッキーは焼いた。
ケーキはしかしうまくいかなかったまま
膨らまなかったケーキを2つ重ねるという荒業を
繰り出したりしてたわ~~。

でも今ならうまくできるんでないの。

大人になってそこそこの知恵が付いて
理屈がちょっとわかってきたらできるんでないの。


てなわけで、
クリスマスケーキの練習をすることにしました。

いちばん大事なのは本。
オーブンにくっついている本ではなくて
専門家の本を買おう。

まずコチラ
お菓子作りのなぜ?がわかる本

お菓子作りのなぜ?がわかる本

  • 作者: 相原 一吉
  • 出版社/メーカー: 文化出版局
  • 発売日: 2001/09
  • メディア: 単行本
卵を湯煎しながら
卵液を40℃ぐらいまで上げて撹拌する
と書かれている。衝撃的。

面白いのでこちらも追加購入。
懐かしのクッキーはサブレとして載っていた
もっと知りたいお菓子作りのなぜ?がわかる本

もっと知りたいお菓子作りのなぜ?がわかる本

  • 作者: 相原 一吉
  • 出版社/メーカー: 文化出版局
  • 発売日: 2003/06
  • メディア: 単行本

デコレーションも面白そうなのでこちらも追加購入。
いちばんやさしいお菓子とケーキのデコレーション (PHPビジュアル実用BOOKS)

いちばんやさしいお菓子とケーキのデコレーション (PHPビジュアル実用BOOKS)

  • 作者: 熊谷 裕子
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2011/02
  • メディア: 単行本

パウンドケーキってあんまり好きじゃなかったけど
どうなんだろ、と思ったけど
おいしいという絶賛のレビューに惹かれてこちらも


他にもAmazonでパウンド型とラウンド型を買って
(すでにブレている)、その他ハンドミキサーやら
回転台やらパレットナイフやら買ってみた。

ハンドミキサー
パナソニック ハンドミキサー ホワイト MK-H4-W

パナソニック ハンドミキサー ホワイト MK-H4-W

  • 出版社/メーカー: パナソニック(Panasonic)
  • メディア: ホーム&キッチン

マンケ型は高いのでコチラで我慢
貝印 テフロンセレクト加工 デコケーキ型 20cm DL-0131

貝印 テフロンセレクト加工 デコケーキ型 20cm DL-0131

  • 出版社/メーカー: 貝印
  • メディア: ホーム&キッチン

シリコンの刷毛は中国製しかなかった
Cookfile シリコーン 塗り刷毛 ピンク DH-2328

Cookfile シリコーン 塗り刷毛 ピンク DH-2328

  • 出版社/メーカー: 貝印
  • メディア: ホーム&キッチン
ナイロンだと国産もあったのだけど...ガッカリ

と思ったらフランス製があったので買い直し!
…たのだけど、届いてみたら企画がフランスなだけで
製造は中国という(*_*)
マストラッド フルシリコンブラシ パープル F12705

マストラッド フルシリコンブラシ パープル F12705

  • 出版社/メーカー: mastrad (マストラッド)
  • メディア: ホーム&キッチン


...最も失敗したと思う粉ふるい器
タイガークラウン ラインシフター 粉ふるい器 1687

タイガークラウン ラインシフター 粉ふるい器 1687

  • 出版社/メーカー: タイガークラウン
  • メディア: ホーム&キッチン

この手元のポッチがスイッチで
自動なのかと思ったらただの握る粉ふるいで
こんなのただのザルで良いじゃん!! と愕然とした。
子供の頃は自動の粉ふるい器だったから
こんな形でてっきり自動かと思った。
(それにしてもなんで自動だったのかはわからない。)

どっちにしてもザルで良かー!!


本が届くまでとても楽しみだった割に
けっこう疲れていて2時間もありゃできるだろ、って
腹積もりのくせに全然着手しない。

週末はカワハギ釣りに出かけるしー。

…そう、昨日今日はカワハギ釣りのために
4時起きで三浦の長井漁港まで出かけたのだけど
昨日は悪天候すぎて見送り、本日も天候悪く、
乗船人数も多くてパンパンで、くじけて帰ってきた始末。

何もしていないのにガソリン代と交通費だけは
かかってしまった。


は~ケーキでも焼くべし。


本日午後になってようやく着手しました。

材料はコチラ
2015-12-13 13.54.17_R.jpg
バターは30g~ 慣れてきた60gまで増やして良い
とのことだったので、45gでやってみる。
カルピス無塩バターはKALDIで買っておいた。

あとキルシュでシロップを作っておくのだけど
さくらんぼのリキュールって高い。
しかも水と砂糖で延ばす、って
ブランデーで作った梅酒で代用する。

よく「初心者はとにかく教科書通りにやれ」とか
書いてあるけどケーキのレシピなんて人それぞれ。
理屈がわかっていて基本的に成り立っていれば
多少の幅はあって良いと思うわけ。
理屈がわからない場合は代用とかアレンジは禁物だけども。

型はマンケ型がよろしいらしいのだけど
お値段が高いので、同じ20cmの径でスポンジ型にします。

はっ、オーブンを温め忘れていた。

そしてバターを混ぜたら
フワフワだった生地がブシューとしぼんでしまった。

あらっ混ぜすぎた。これ膨らまないと思う…。とオットに言うと
「もう1回作れば。練習なんだから。」甘いものには優しい。

とりあえずオーブンを温める役割もあるし焼いてみよう。

そして焼き上がり
2015-12-13 15.22.32_R.jpg
左が1回目、右が2回目。
全然違ーう!!

1回目
2015-12-13 15.22.48_R.jpg
2回目
2015-12-13 15.22.53_R.jpg
倍ぐらい違いますね~~
2015-12-13 15.23.07_R.jpg
2回目は要領も得てさっさとできた。

1回目のも味自体は良かった。
でもやっぱり2回目のがフワフワで
ぐりとぐらのカステラみたいで綺麗。

デコレーションはまた今度にしよう。
イチゴとかブルーベリーとか買っておかねば。

子供の頃はもっともっと大変で
粉だらけになりながら作って
後片付けもバターなんかの油分が落ち切っていなくて
やっぱり大変だった思い出なのだけど
場所が背の高さがあるのとかお湯の使い方とかが
やっぱり大人になっていて、アッサリできた。

年取るわけだ。

ふーむ、今年のクリスマスケーキは自家製にしよう。