So-net無料ブログ作成
検索選択

フィギュア中国杯男子に怒りしかない [その他]

昨日は下田に釣りに出かけて、宿泊先の宇佐美で
TVを観ていたのだけどフィギュアスケート中国杯で、
羽生選手が2位となって…

アナウンサーやら先生(佐野さん)やらが
歴史に名を刻んだとかよくやりきったとか言ってて
本当に腹立たしい思いでいっぱいだった。

いや、まず病院連れてけよ。

もうそれしか出なかった。

病院連れてかなくていい、ってなら
車という鉄の枠で囲まれた状態で追突されたり
衝突したときには救急車呼ぶのはなんでよ。と。

生身の人間がお互い滑ってきてガツーンとぶつかってるのに
倒れた選手を救助に出るのも全然遅すぎて、
本当にビックリしたにもほどがあった。

そのまま担架で運びなさいよーと思ったけど
立たせてリンクの外に出す、っていうのも
どんだけ素人のメディカルスタッフなんだか
本当に素人でそんなスタッフ揃えてないのか、
なんだかいろいろつじつま合ってなくて
こんだけ発展した現代の医療と、発展してる競技と、
全く通じてない感じが丸出しすぎて残念極まりなかった。

多分、救急隊の人が観てたら同じことを言うだろう。
「いやバックボードもってこいよ」って。
(そんだけアタマ打ってるなら、首の損傷も疑うべきだ)

そしてアドレナリン出てる選手が「競技に出る」と言っても
出さないだろう。

そんなの正常な判断ができる状態ではない人の
言うことをそのまま受け入れていいわけがない。
「歩けます」って言うのと「歩かせていい」のは違う。

よくあるのは、交通事故で病院に来たけど
レントゲン撮って何もないですね、って返されて
家に帰ってお風呂に入ろうとして鏡で別の場所にアザを見つけて
ようやく「ここもぶつけてた」って初めて痛みを自覚した。

っていうのがある。

それぐらい、事故の直後は「これからどうしよう」っていうのとか
「やられた」っていうのとか、当時のことを詳細に覚えていないとか、
いろいろ興奮していて「どこか痛いところないですか」って聞かれたって
自覚していないから「ない」って言っちゃうわけです。

(だからちゃんと外傷を分かってる病院では
全身服を脱がせて外観のチェックするし
痛いところあったら言って下さいね、って
本人が「そこは打ってないと思う」ってとこまで
全部触って、レントゲン撮影をする必要がある場所を特定する。
もっと言えば、腹腔内出血をエコーで確認して
「検査に出かけてOKな状態かどうか」までチェックする。)

今回のアクシデントの場合、「本人が出るって言ったから」
って出してしまったら、それはその後容体が急変して死亡しても良い。
って言ってしまってることと変わりがない。と私は思うわけです。

頭を強打し、立ち上がれなかった人間が、
勝負に出たいと言ったから出した。

あほかと。

本当に、これで死んでもいいと周りが思うほどの
決断だったらいい(かもしれない)けど、彼まだ19歳ですよ。

これからの選手生命もそうだし、そもそも打ち所が悪ければ、
最悪の事態を考えないといけないような事故だったのに
現場のスタッフが誰もそれをわかっていない、
(分かっていたら続行は許可しなかったはず)と思うのです。

なんでそこを、選手が正常な判断が出来てると思うのか、
その周りのスタッフの判断基準が全く理解できない。
「一応止めたけど」でも結局出場を許可してるなら
それは責任を放棄してるとしか思えない。

そしてそれを美談として煽るような解説たち。
「感動しました!!」「歴史に名を刻みました!!」 
そうだ。歴史に残る放送事故だ、と私は思う。

メンタルの強さ云々じゃない。
興奮してるだけなのに、その讃え方。
今後も同じようなことが起きた場合、
棄権したらチキン野郎、みたいな風潮ができそうな勢いだ。

そもそも、これまでも同じようなアクシデントは前例があるのに
改善しようとしない。

アクシデントが起きた時の対応の遅さと判断の悪さに
気づいていない。

事故のエネルギーの大きさを理解していない。

その後緊急でCTぐらい撮ってるのかと思いきや
そのまま宿舎に帰った。って。

殺される。こんなことさせられてたら、選手がいつか死ぬ。

連盟のエライ人たちは、自分たちが若かりしころに
やってきたスピードに伴うエネルギーと
今の4回転をポンポンと飛ぶスピードに伴うエネルギーが
全く違うことが、わかってない。


もはや意味が分からなすぎて、
マスコミの報道もびっくりするほど賞賛しかしてなくて
まるで戦時中の「お国のために」状態で、
気持ちの悪さしか感じない。

耳の上をホチキスで止めて、って
そんなのどうでもいいわ、スキンステープラーっていう
皮膚用のホチキスがあるんだから。

縫ってもホチキスでもどっちでもいいけど
とりあえず、緊急CT撮って1泊検査入院は必要。

それはなぜなら、
歩いてたらトラックが突っ込んできた、ってのと
同じ位の高エネルギー事故だからだっ


nice!(30)  コメント(20)  トラックバック(0) 

nice! 30

コメント 20

yes_hama

あちらの国は、ねぇ。。。
事故が起きて倒れていても助けると加害者にされるから、躊躇したのかなあ?
by yes_hama (2014-11-09 21:46) 

Chobi.H.YAOITA

いや、ほんと、スポーツ選手って気持ち悪いです
こんどみたいな単純な事故だけじゃなくて
ピッチャーは頑張った次の年は肩壊れてるし
お相撲さんは重すぎて膝壊して引退するし
「自分に克つ」とか言ってる人って
結局どこか壊して引退すると思う

人間、好きなことで身を滅ぼすというから
その道を極めたい人は滅んで当然かも
と思う今日この頃です
by Chobi.H.YAOITA (2014-11-10 02:44) 

さる1号

ニュースを見て頭を強打し、立ち上がれなかったのにあんなに激しい運動していいのかなって不思議に思いましたが・・・
スポーツ界は精神論とか多いですからねぇ
それにポイントを稼がないとシートを奪われるという現実もあって頑張ってしまうのかな
by さる1号 (2014-11-10 06:50) 

cassis

怒ってたら周囲のお母さんファンから異物扱いされましたけど
実際あんな非常識無いと思います。
指導者や観衆の対応やコメントも
日本人の嫌ぁな美意識が露骨に出ているような気がする。
「本人の意思を尊重」 って
ホント、責任投げているとしか思えない。
感動? 無かったです。まともな感性だったらマズない。
(と、こんなところで毒づいてしまいました。スマソです)
スポーツはこういう場合のルールを明文化して欲しいですね。命を粗末にしないのもキチンとしたルールなハズ。

by cassis (2014-11-10 18:32) 

kou

どこの報道でも美談で放映してますが、明らかに放送事故ですね!

職業柄、転倒事故には敏感ですがあれは即病院搬送のレベルです。
スポーツ界というのは昭和から進歩がないですね・・・。

by kou (2014-11-10 21:14) 

獏

本人の意志と選択だったかも知れませんが
周囲が強烈に進言して
棄権して精密検査すべきだったと思います。。。


by (2014-11-11 07:34) 

ryang

yes_hamaさん
あぁ、ありましたね先月だかそんな事例が。
だがしかし、救護者がいない、というならわかりますが
あの白十字の服を着たスタッフは、何のために
存在したのか? と思います。過去の衝突事故事例は
いくつも存在しますが、やっていることが変わらない。
というのは、リスク管理ができていないことになります。
恐ろしい世界です…
by ryang (2014-11-11 19:34) 

ryang

Chobi.H.YAOITAさん
アスリートとしての技術はどんどん進むのに
それを取り巻く環境が全然変わっていなくて
相変わらずの根性論とか精神論が登場するところに
呆れます。

好きなことで身を滅ぼす…
私はなんでしょう。海に落ちるか布に埋もれるか(笑。
by ryang (2014-11-11 19:37) 

ryang

cassisさん
本当にそう思います。
ルールが決まっていないのか?!というところにも
驚きです。頭を打った場合の対応とか、サッカーや
ボクシングで明確なルールがあるように、スケートにも
ルールが必要だと思います。それも決められないとか
医師の同行が無いとか、連盟は何をしてるのだ。
と思いました(怒。

by ryang (2014-11-11 19:42) 

ryang

kouさん
>職業柄、転倒事故には
私もです(笑。そして、頭を打った人の言うことは
アテにしません。正常な判断ができる状態かどうか
その判定基準がないまま、本人の意思だけで
競技に戻したというのは、あまりに情けないです。
by ryang (2014-11-11 19:48) 

ryang

獏さん
本人の意思は尊重されるべきではありますが
この場合は頭を打っていない場合、だと思います。
頭を打っているのに、本人に判断を任せる、というのは
あまりに「周りが」頭が悪いです。客観的な観察と
介入が必要なわけで、それを「しない」と言うなら
周りのスタッフやコーチなんか必要ないことになります。
「悪くなる可能性」を考えずに「本人が出たいと
言ったから結局出場させた」なんて、涙が出ます。
信じられません。
by ryang (2014-11-11 19:57) 

ryang

さる1号さん
そうですね、これまでどれだけ努力をしてきたか、を
考えると、選手本人は「死んでもいいから出たい」
となる気持ちもわかります。でも、本当に死んでしまったり
重篤な後遺症を残しては、それこそこれまでの努力が
無駄になるわけで、彼を財産として大切にするのであれば
そこは棄権するべきだ、と私は思います。
精神論、根性論、脳みそが筋肉みたいな輩がうさぎ跳びを
しながら過大解釈をして拡散してきた悪しき習慣は
エビデンスに基づいた明確なルールで断ち切らなければ
選手が潰されてしまいますよね。
by ryang (2014-11-11 21:03) 

のらん

ようやく翌日ぐらいから、ドクターの「危険ですよ」みたいなコメントを出しはじめてたわね、各局。ああいう報道の仕方って、戦争のときの特攻隊とかに通じる感じもある。ryangさんが言う「棄権したらチキン野郎、みたいな風潮ができそうな勢い」だわよ。
by のらん (2014-11-15 13:22) 

ryang

のらんさん
本当に、どこも賞賛していてゾッとしました。
なんというか、「生きていて当然」なんですね。
生きてるということは死ぬということなのに、
それがわかっていない。だから生きている前提で
感動したとか男だとか、おかしい発言が出てくるのだと
思います。
あげくにあれだけの衝突事故を起こして転びながら
滑り切って2位!って、マンガだけで十分な世界ですよ…
by ryang (2014-11-15 18:14) 

たぬぽ

ケガをしても頑張るのがえらいみたいな考え方は、私も全然共感できません。
下手をしたら取り返しのつかないことになっていたかもしれないのに、無理をして、リスクを犯してやったことを、周りが美化して褒め称えるのはどうかと思います。(-д-;)

by たぬぽ (2014-11-16 14:08) 

よいこ

私も同じように思いました。
やっぱりそうですよね。
医学には素人ですが、感動ではなく、ぞっとしました。
一応他国のドクターが診たそうですが、いくら彼が出るといっても、止めるべきですよね。
コーチは止めたそうですが、彼が出るといったら、結局出られるというのはおかしいと思います。
まだ19歳ですが、世界の頂点に立った為に、だれが止めても止められないような えらい人になってしまったのでしょぅか?
東北地震でも彼は大きな役割を果たし、若いながら大変なカリスマ性を持った人だと思います。
彼のように才能のある人が、尾崎豊のように輝いて、短時間に燃え尽きるのは悲しいです。
私はずっと彼の演技を見続けてゆきたいのに、あんな無茶で彼の選手生命が短くなるのではと心配しています。

by よいこ (2014-11-16 17:46) 

ryang

たぬぽさん
そうですね、手足のケガなら本人の判断で
力を入れ切りたいところで入れ切れば良いですが
頭となると話が違いますよねぇ。
by ryang (2014-11-16 20:11) 

ryang

よいこさん
そうなんですよ、正常な判断ができているかどうか、
あれだけの衝突エネルギーが生じたのに、それを
どうやってその場で判断できるのか、ということです。
当日のためにどれだけのトレーニングをしてきたか、
を考えると、本人の悔しい気持ちはわからないでもないです。
でも、その後死んでしまうかもしれないような
大きな事故であるということをどうして周りが
認識しないのか、ということです。
本人ができないのは「頭を打ってるから」ですが、
周りができないのは「なぜ?」と。それどころか
褒め称えるのは、生きてて当たり前の前提だから
でしょうね。無責任な世の中です…。
by ryang (2014-11-16 20:18) 

ねこじたん

おいらも
今後の競技者意識が 心配です
by ねこじたん (2014-11-29 08:24) 

ryang

ねこじたんさん
やっぱりアスリートは「悪いイメージ」が
付いてしまうと、そこから崩されてしまいますし
「出たい」気持ちと「出していい」のはイコールでは
ないわけで、そのために指南するコーチがいるので
そこを自主性に任せてたらダメだよなぁと思いますねえ。
by ryang (2014-11-29 22:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。